0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

納冨式 一気合格コースの特徴

断片的な知識を短答&論文の並行学習で効率的に合格レベルに仕上げる!

講師プロフィール

納冨 美和 LEC専任講師

[論文実戦力完成講座]
水道橋本校 生講義/通信用講義担当

同志社大学経済学部卒。
国内ゲームメーカー知的財産部にて国内外の知財実務に従事。
現在、都内特許事務所にて弁理士実務に従事。企業向けの実務セミナー講師も務める。
著書として「短答式攻略法」「論文式攻略法」「条約攻略法」。監修として「弁理士合格者に学ぶ勉強法」(法学書院出版)。「月刊誌弁理士受験新報」にて連載。
LECでは初学者向け講座の他に、学習経験者向け講座、「論文実戦答練」「論文直前答練」など多数の講座を担当。

[短答知識完成講座][論文合格答案完成講座]

講座スタイルと目標

短答・論文・口述までの一気合格を意識した講義進行
短答&論文並行学習

短答論文

受験生の皆さんが目指すところは、弁理士試験の最終合格です。その目的を確実に、かつ早期に達成するために、本コースでは短答と論文の一気合格を目標に指導していきます。
そのため、短答対策を行いながら論文対策を行い、論文対策をしながら短答試験の確認もできる講座編成になっています。

短答・論文・口述までの一気合格を意識した講義進行

関連条文を紐付けながら知識を広げ深めることで、「書ける」実戦力を養成
学習経験者ならではの実戦的講義

短答論文

講座を一通り終えた学習経験者の方が、思うように点数が取れないという場合、条文の理解域が狭い可能性があります。得点に繋げるには、条文を関連して理解し、知識の点と点を線に、そして面へと広げていくことが効果的です。

点在する条文知識→面へ。拡大する理解域

また、論文試験の対策としては、「知っている」ことから「書ける」知識を増やしていくのが効果的です。このコースでは、インプットテキストである『Nフィリングシート』を使って、それを行っていきます。さらに、別冊のアウトプットテキストでシステマティックな答案構成を徹底的に指導し、答案への知識の適用の仕方を伝授していきます。

知っていること→書ける知識

プラチナスケジュール

短答論文

納冨講師が今までの経験から編み出した、短答と論文を並行して効率よく学習できる工夫満載のオリジナルスケジュール表。このスケジュール表に「いつ、何を、どれくらいの量で進めるべきか」を見える化することで、不安なく学習を進めていただけます。

プラチナスケジュール(中上級編)

Nプロジェクトシート

短答論文

四法の全条文について『押さえるべき点』を一覧表にした、納冨クラス出身合格者の誰もが絶賛するオリジナルチェックシートを、短論版と論文版、それぞれ別バージョンで配布。条文知識の定着を確認するツールとして活用いただけます。

Nプロジェクトシート(条文の読み込みシート)

講師に訊く

どんな受験生が対象か?
短答試験の基準でいえば、30点付近からボーダーラインあたりまでの受験生を対象にしています。ベースの知識はあるが、思うように点数が取れない方は是非受講してください。
論文試験の基準でいえば、「 書くべきことがわからない方」「項目落ち、言及漏れが気になる方」「問題文を読むスピードが遅い方」「答案構成に時間がかかる方」です。
受験生へのメッセージ
これまで講座を担当してきて、やはり30点未満のベースを必要とする方と、30点以上の実戦力を必要とする方との指導は分けて行いたいと考えてきました。また、論文まで一気に合格するためには、短答と論文の並行法が何よりも大事で、両方を担当させて頂くことによって相乗効果を生み出したいと考えています。共に、最終合格を目指しましょう!

合格者オススメ!コメント

T・Uさん
T・Uさん
当初は、「自己流の勉強法でも合格できる」と、正直、弁理士試験を甘く見ていました。しかし、実際にはなかなか結果が伴わなかったため、納冨講師の教えに従うことにしました。特に、「頻出度の高いものから学習する」「理解を必要とする条文から学習する」「木を見て森を見ずにならないよう、概論→各論の順に学習する」という教えをひたすら守って勉強したところ、すぐに結果に結びつきました。講師を信じて勉強することの大切さを痛感しました。
T・Kさん
Y・Oさん
過去問やオリジナル問題を基に、点数の取れる答案の作成技術を教えて頂けました。さらに、学習スケジュールで自学の方向性を定めて頂いたので、学習のリズムを作りやすかったです。基本のレジュメに加えて、問題集、さらに深掘りした内容が記載された補助レジュメなど、種類ごとにレジュメが細分化されていたのも、学習がしやすかったと思います。講義のペースも早すぎることがなく、かつ、分かりやすく丁寧なので、私のように論文の経験が浅い方にもおすすめです。

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP