0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

高田 珠美 LEC専任講師

LEC専任講師

重要度を明確化。ムダを省いた効率学習で受験生のモチベーションをコントロール!

Takada Tamami 高田 珠美 LEC専任講師

名古屋工業大学工学部応用化学科卒業後、眼鏡レンズメーカーの研究開発部に所属し、合成樹脂の表面処理に関する開発業務に従事。その後、名古屋工業大学大学院工学研究科博士前期課程に進学。修了後は遊技機メーカーの開発技術部に所属し、遊技機の型式試験申請に係る業務に従事。
2011年に弁理士試験に合格。合格を機に名古屋市内の特許事務所に転職し、弁理士登録。以降は弁理士実務に従事。2015年に特定侵害訴訟代理業務の付記。現在はユニタス特許事務所共同代表。
日本弁理士会東海会教育機関支援機構の活動において、東海地方の小中学校、高校、高専、大学において多数の知財授業を行っている。

高田珠美講師

受験勉強には、地道な努力が必要です。孤独を感じることもあるでしょう。私自身も受験生時代、仕事が忙しく、両立に非常に苦労しました。勉強を中断していた時期も何度もありました。

せっかく多くの時間を費やして勉強したにもかかわらず、途中で受験を断念する受験生も多かったことを覚えています。それは能力の問題ではなく、多くの場合が「モチベーションの維持」に理由があると感じました。モチベーションが維持できなくなる理由は、何をどれだけ勉強すればよいかの把握ができず、途方もなくなってしまうためだとも感じました。

私の講義では、受験生の資源を集中できるよう、合格するために重要度の高い事項とそうでない事項を明示します。また、条文の趣旨の理解を大切にし、暗記に頼る量を減らします。私と一緒に弁理士試験合格を目指しましょう!

初学者向け講座案内

担当講座

生講義実施校

生講義開講日

※当日は無料にて講義を体験いただけます!

2022年5月21日(日)10:00

高田珠美講師をもっと知る

高田珠美のここがポイント

  1. 講義日が待ち遠しくなるような講義を皆さんと作り上げます。初学者が戸惑いがちな条文の読み方や法律用語なども、誰一人挫折させないという気持ちで、丁寧に説明していきます。
  2. 重要度の高い事項を明確にします。また、入門講座では復習が予習の10倍重要です。テキスト類をカラーマーカーで色分けするなど、復習しやすい工夫をとり入れていきます。
  3. 受講生同士の交流が活発に行われ、楽しみながら勉強できる環境づくりをします。一緒に勉強し、合格した仲間は一生ものです。受講生と講師との総力戦で、最終合格を勝ち取りましょう!

Special Interview 高田先生ってこんな人

Q.弁理士の仕事の魅力は?
A.技術に長く携わっていける仕事をしたいと思い、弁理士資格を取得しました。弁理士の仕事の、アイデアに顕在する特徴に加えて、潜在する特徴にも価値を見出し、それらの価値を権利化に結び付けるところに、非常に魅力を感じています。権利を作り出すという仕事は、他の士業にはない、弁理士ならではの特徴的なものだと思います。
Q.受験生時代のエピソードを教えてください
A.仕事が忙しくてなかなか勉強時間が取れず、受験勉強には非常に苦労しました。朝もニガテなので、平日の受験勉強はもっぱら夜にしていました。お風呂にゆっくり浸かるのが大好きなのですが、夜に勉強をするとその時間があまり取れないのが悩みでしたが、あるとき、「お風呂に浸かりながら勉強すればいい!」とひらめいてからは、半身浴をしながらお風呂の中で勉強するようになりました。
Q.自分の性格を一言で表すなら?
A.陽気
Q.リフレッシュ方法を教えてください
A.ジョギングをすることです。超鈍足ですが、気持ちがよいと思える距離を自分のペースで走ります。走ることで、心も体もすっきりします。若いころは全く走っていませんでしたが、弁理士の友人に走っている方が多く、仲間に恵まれてよく走るようになりました。徐々に距離を延ばし、近年では年に1回フルマラソンの大会に、その他にも数回ハーフマラソンの大会に出られるほどになりました。
Q.好きな言葉や座右の銘は?
A.「人生は舞台、人は役者」です。受験勉強の場も皆さんの舞台です。皆さん一人ひとりが主役として、試験合格の感動のフィナーレを飾れるよう、私も講師の大役を務めます。

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP