0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

理系公務員(技術職)地方上級・国家一般職の仕事とは

理系 公務員(技術職)はどんな仕事をするんだろう?

理系公務員(技術職)地方上級・国家一般職の仕事とは

技術系公務員と一言で言っても、土木職、化学職、農学職など、その種類は様々です。自分は農学を勉強していたけれども、農学職 はどんな仕事をするんだろうか。
専門は複数領域にまたがるものであったが、どの職種の受験をすればいいのか、どの職種に自分のやりたい仕事があるのか、仕事内容がある程度具体的に分からなければ自分の進路の決めようがありません。

どの職種がどの ような仕事をしているかを概観していきましょう。

土木職

土木職

安全で安心の国土づくりの中心となる公務員

各地方におかれた国土交通省・地方整備局では、河川、道路、港湾、空港、公園などの社会資本の整備と管理を行います。

広域的な視野で事業の役割をとらえ、企画調整、調査計画、設計・清算、施工管理、管理保全などが業務になります。

会計監査院では、技術系行政官として公共事業費などの検査において中心的な役割を果たすことが求められています。

一方、自治体では、道路や公園などの設計・施工において、コンサルタントから上がってきた図面を整えて、見積もりを算出し、民間の業者に委託するという一連の調整業務や、道路や公園などの維持・管理、再開発の指導など、まちづくりに関するさまざまな業務を行います。

土木職相当目指すならこのコース!

合格者に学ぶ
こんな公務員になりたい!こんな仕事がしてみたい!

田中 綾香さん
合格先:
  • 特別区Ⅰ類(造園土木(土木))1位合格
  • さいたま市役所(土木)
  • 国家一般職(大卒程度・土木)
受講した講座:
2019年合格目標 地方上級・国家一般職 土木職合格コース

住民のために働ける魅力的な仕事

まず、福利厚生が整っていて安定しているという点から、昔から公務員を目指そうかなと思っていました。その中でも自分が大学で土木の勉強をし、様々な職種を見てた時に、設計段階から維持管理まで長期にわたって携われる技術系公務員に魅力を感じました。加えて、元々人と話すことが好きで、将来は人と関わることの多い仕事を選びたいと思っていたため、住民の皆さんのために働ける公務員は、自分の理想の職だと思い、志望しました。

技術系[地方上級・国家一般職]

建築職

建築職

建築物の安全を守り、まちづくりの中心となる公務員

国土交通省では、耐震性能、環境対策、ユニバーサルデザインなどの技術基準類を策定したり、こうした基準を地方へ普及させる業務を行います。

また、文部科学省では、科学技術に関する業務の中でより現場に近く、かつ技術的な知識を多く必要とする業務に配属されます。

自治体では公共の建築物から都市という集合体までトータルでチェック、整備を行います。

コミュニティー館などを新築する際には、基本計画から見積り、設計、工事監理等までトータルで携わります。まちづくりのマスタープランや条例づくりなども自治体職員でしかできない仕事です。

建築職を目指すならこのコース!

合格者に学ぶ
こんな公務員になりたい!こんな仕事がしてみたい!

高木 麻衣さん
合格先:
  • 国家一般職(大卒程度・建築)3位合格
  • 名古屋市役所(建築)
受講した講座:
2019年合格目標 地方上級・国家一般職 建築職合格コース

名古屋のまちづくりに携わる仕事がしたい

私は父が公務員である影響で、昔から自然と公務員を将来の仕事として意識していました。そして大学で建築を学び、様々な業界を知り、就職先を考えた時、やはり公務員になりたいと思いました。今まで自分が暮らしてきた名古屋で、まちづくりや公共建築に携わる仕事がしたいという気持ちが自分の中で特に大きかったからです。しかし、これからずっと働き続ける上で福利厚生なども考えた時に、安定という点でやはり公務員がいいかなと思ったことも決め手の一つではあると思います。

電気・電子・情報職

電気・電子・情報職

これからの情報通信社会を構築し、それを支える公務員

国土交通省では、交通機関の安全性を守るために、自動車、鉄道、航空機、船舶などの技術基準を作成するとともに、基準適合性の確認などを行っています。 経済産業省では、論理的な問題解決能力と専門知識をバックグラウンドに国際交渉や法律の改正、技術支援など、多様な仕事に携わることができます。

総務省では情報通信社会の構築に向けて制度の構築や技術開発などの施策に取り組みます。

電気・電子・情報職を目指すならこのコース!

合格者に学ぶ
こんな公務員になりたい!こんな仕事がしてみたい!

S・Kさん
合格先:
  • 東京都Ⅰ類B(一般方式・電気)
  • 国家一般職(大卒程度・電気・電子・情報)
  • 川崎市役所(電気)
受講した講座:
2019年合格目標 地方上級・国家一般職 電気・電子・情報職合格コース

東京都の発展に、技術の面から貢献したいと思ったため

もともと、自分が生まれ育った東京都の発展に貢献したいという思いがありました。もともと公務員というと法律を勉強した行政職の人を思い浮かべていたので、自分自身インフラ系あるいは専門を生かしてメーカーに就職するものと考えていました。しかし、東京都の交通局で実際に働いていらっしゃるOBの話を聞き、自分が学んだ電子技術や情報通信技術を生かすことで、東京都の発展に貢献できるのではないかと考えました。また、様々な仕事を行いながら地元の発展に貢献できることも魅力であると思いました。

機械職

機械職

日本のメカニック!

国土交通省の運輸支局や車検場、地方運輸局などで、車検の更新窓口業務や原動機付自動車などの型式認定審査などに携わるほか、これからの自動車の安全・環境基準を検討していく部署などへの移動もあります。

また、警察庁では材料工学や制御工学など、さまざまな知識を大型通信施設の整備や警察情報通信システムの開発に生かすことができます。

自治体では、機械設備の計画・設計・見積・施工・工事管理・維持管理などの業務に携わります。

機械職を目指すならこのコース!

合格者に学ぶ
こんな公務員になりたい!こんな仕事がしてみたい!

O・Rさん
合格先:
  • 国家総合職(大卒程度・工学)10位合格
受講した講座:
2019年合格目標 地方上級・国家一般職 機械職合格コース

多くの人の役に立ちたい

以前は公務員と聞くと行政や法律分野のイメージが強かったのですが、説明会に参加して、理系の専門知識を生かしながら公務員として働くことができると知りました。民間企業とは異なり、すべての人に公平公正な利益を生み出す仕事であるという点に興味を持ちました。実際に働かれている職員の方と話してみると、国や地域のために働く責任感や熱意を感じることができました。私もこのように責任ある業務を担いたい、そして、当たり前に生活を送ることができるという環境を作ることでより多くの人の役に立ちたいと思い、公務員を目指しました。

化学職

化学職

化学物質の安全利用進め、水質や大気環境を守る公務員

全国9ヵ所にある財務省税関では、輸出入貨物の化学的分析や不正薬物の鑑定等を行います。
また、経済産業省の化学物質管理課では新規に開発された化学物質のリスク評価なども行います。
自治体では環境保全関係部署や上下水道関係の部署において、地球温暖化の防止や資源循環型社会の構築をはじめ、環境保全に向けた企画立案や、大気汚染、水質汚濁、廃棄物問題などに対する監視や調査・指導、試験研究など、主に環境問題に関する幅広い業務の最前線で働くことになります。

化学職を目指すならこのコース!

合格者に学ぶ
こんな公務員になりたい!こんな仕事がしてみたい!

K・Kさん
合格先:
  • 国家一般職(大卒程度・化学)
  • 兵庫県庁(環境科学)
受講した講座:
2019年合格目標 地方上級・国家一般職 化学職合格コース

国民ひとりひとりに貢献できる仕事に就きたいと思ったから

私は大学院で大気環境や気象について研究しておりました。その中で、技術系公務員の存在を知り、実際に環境問題、気象問題に取り組み、かつ研究もできる省庁や職種に興味を持ちました。将来は公務員として働き、国民ひとりひとりの、長期にわたり健康的かつ安心・安全な暮らしの実現に向け、当研究で学んだ経験や専門知識を活かし、気象の面から貢献していきたいと思うようになりました。かねてから目指していた省庁に合格でき、本当に嬉しいです。

農学職

日本の食と里山を守る公務員

農林水産省では食の安全の確保、食育の推進や農家の経営サポートなどの業務に従事します。地方農政局では地方への先進性の高い農業を普及させる施策や、農山漁村の活性化の中心的な役割を担います。

自治体では、地元の農作物を全国にアピールする企画等に携わったり、実際にイベントを運営したりします。

また、農業試験場で施肥技術の研究などを行い、農業技術の推進と環境保全の両立を技術面で補佐します。

農学職を目指すならこのコース!

合格者に学ぶ
こんな公務員になりたい!こんな仕事がしてみたい!

小山 ほなみさん
合格先:
  • 千葉県庁(農業)
受講した講座:
2019年合格目標 地方上級・国家一般職 農学職合格コース

大学の専攻を生かしたかったから

私は公務員を目指していたというより、県や国で自分の専攻を生かした仕事がしたいと思ったからでした。大学で農業を学んで、中山間地域の現状を見てきて、地方創生に興味をもちました。学んだ農業を生かした職業につきたいと思い探したところ、県の農業職が良いのではないかと思いました。企業就職も考えましたが、企業だと研究職か事務職かになってしまうので、農業に幅広く関われるということで、公務員を目指そうと思いました。

技術系公務員試験を受験しよう!

試験制度を知っておこう!

公務員試験日程(2019年度実施の例)

公務員試験日程

PAGE TOP