0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

実務家講演会

実務家講演会

行政書士summit 2020 @福岡
「変化する行政書士のフィールド」

参加無料・予約不要

日時 2020年329日(日) 14:00〜16:00
※本講演会は予定通り実施いたします
生講義実施校

福岡本校

概要 ニーズの生成と変化、これらに伴う法制度の変容がスピードを増す現代において、存在感のある行政書士となるにはどうすればよいのでしょうか。
今回の講演会には、行政や企業・団体に有識者として参画され、海外での活動も展開されている徳永浩先生と黒沢怜央先生に登壇頂き、アンテナの貼り方、情報の精査法、その活かし方についてお話し頂きます。
各先生の講演の後は、皆さまから事前に頂いたご質問にお答え頂きながら、行政書士として楽しく自由に活躍するお二方のトークセッションをお送りします。
行政書士の強みと可能性を知る2時間!必聴です!
講演者

徳永 浩 先生徳永 浩 先生

特定行政書士・法学修士
佐賀県行政書士会副会長
日本行政書士会連合会制度調査室委員

老舗企業・大学・団体等の顧問業務をメインに活躍。
国・県・市の審議会委員等を数多く歴任し、行政書士としての公益活動に力を入れている。近著に『リサイクルの法と実例』『条解 行政書士法』(ともに共著)など、著作多数。

黒沢 怜央 先生黒沢 怜央 先生

  • 株式会社ジーネット 代表取締役
  • 株式会社ジーテック 代表取締役
  • Academic works 代表行政書士
  • 東京都行政書士会 特定行政書士特別委員会副委員長
  • 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)参与

2008年、行政書士事務所を開業して以来、多数の許認可業務、企業法務を執り行いつつも、「行政書士ネットワーク」の主宰や、大学、独立行政法人、大手資格学校講師としてのべ5000人以上に教鞭を取ってきた。
その後、ドローンや民泊といった先端領域のパイオニアとして活躍。2018年1月、行政領域におけるITソリューションを軸とした(株)ジーテックを設立、代表取締役に就任。
民泊許可・届出手続のクラウドサービス「MIRANOVA(ミラノバ)」やドローン飛行申請・実績報告自動作成サービス「DIPSコネクト」等を展開。海外企業の日本進出の際の行政との折衝やロビー活動も評価され、現在多数の海外企業の顧問として活躍中。

日本行政書士会連合会会長 特別講演
トップが語る!現在・未来の行政書士に求められる資質とは
〜必要とされる行政書士・勝ち残る行政書士になるために〜

日時 本講演会は延期とさせていただきます。今後の実施につきましては、あらためてLEC行政書士HPにてお知らせいたします。
概要 数々の要職を歴任されてきた常住先生は令和元年度に日本行政書士会連合会会長に就任されました。
まさに令和時代の行政書士のトップにおられる方です。今回のご講演ではトップだからこそ語ることのできる「今後の行政書士業界のビジョン」と、「そこで求められる行政書士像」をメインテーマとしておおいにお話していただきます。
講演者
常住 豊 先生

日本行政書士連合会会長/東京都行政書士会会長
常住 豊 先生

1961年生まれ。明治大学商学部卒業。東洋大学大学院法学研究科私法学専攻博士前期課程修了。
日本大学大学院法務研究科法務専攻専門職学位課程(法科大学院)修了。法務博士(専門職)取得。
埼玉県信用保証協会を経て、行政書士登録・開業、その後税理士登録・開業。事務所創立25周年を機に、行政書士法人・税理士法人を設立。
また、千葉商科大学簿記講座、亜細亜大学簿記講座、日本大学販売士講座、西武文理大学販売士講座をはじめとする各大学講座、各種専門学校、企業研修の担当講師を歴任。主に簿記・会計学、商法、著作権法の講義を担当。
日本行政書士会連合会知的財産推進本部委員、同会副会長、同会理事を歴任し、現在同会会長。東京都行政書士会知的財産・経営会計部部員、同会理事・経理部部長、同会副会長、同会北支部副支部長、同支部支部長を歴任し、現在、同会会長。
東京税理士会王子支部税務経営指導部委員・研修部委員を歴任。
公益社団法人成年後見支援センターヒルフェ監事、副理事長、理事長を歴任し、現在、理事。
一般財団法人行政書士試験研究センター理事を経て、現在、副理事長。
一般社団法人日本販売士協会登録講師・論文審査委員。
日本私法学会会員、法と教育学会会員。
総務大臣委嘱行政相談委員。総務省行政管理局長委嘱電子政府推進員。

講演者からの
メッセージ
行政書士は、一般市民や中小企業者のリーガルサービスの町医者となり、総合医となって、彼らの負託に応えていかなければなりません。そして、課題解決にあたっては、専門医として能力を発揮しなければなりません。すなわち、行政書士は、依頼者の人生や事業を成功に導く使命があると言えます。
私は、行政書士の業務に誇りとやりがいを感じています。貴方も行政書士となって、自己実現をしてみませんか。大勢の皆様のご参加をお待ち申し上げます。

PAGE TOP