0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

【Web限定】すぐに受講できる!
行政書士実務講座シリーズ

【Web限定】すぐに受講できる!行政書士実務講座シリーズ

行政書士事務所を経営していくにあたり、知っておきたい知識や考え方を、実例を交えながら通してお話していきます。担当するのは、株式会社ジーネット代表の黒沢レオ先生です。行政書士試験に合格しこれから実務をスタートする方にも、既に合格されて開業されている方にも、役立つ情報を提供していきます。

こんな方にオススメ

  • これから開業を考えている方
  • 行政書士の事務所経営を知りたい方
  • これからの行政書士業務を学びたい方

講座ラインナップ(各1回/60分)

・行政書士の職域理解、行政書士法の解説

行政書士という国家資格で何をすることができるのか?実は正確に把握しないまま開業される方が非常に多くいらっしゃいます。行政書士の職域を活かしたサービスも多様化していきますが、新たな商品設計をするためにも行政書士法、そして弁護士法や司法書士法といった他士業の職域法の理解、考え方を知っておかなければなりません。
ただ逐条解説をするのではなく、「行政書士事務所の経営」という観点から具体的に事務所運営にどう反映させていくのかお話しをさせていただきます。

《講師のひとことコメント》
職域理解は開業する上でマストです。特にデジタル化に合わせたサービスを考えている方は私の説明聞いていただいた上で商品開発されると何に気を付ければいいのかがよく理解できると思います。
・許認可の仕組みと稼ぐ行政書士の業務フロー

開業して、1つの許認可業務を例えば20万円で受注して、手引きを読んで根拠法令調べて、担当行政職員に聞きながら進めていきますと、最終的に作業時間考えると時給1000円を切るようなことが多いのが現実です。ですから、一度受けた案件をどのようにマニュアル化し、そして同様の案件を多く受注できるようにするのか、許認可の仕組みを理解し、稼げる業務フローを構築することで事務所経営が安定してきます。

《講師のひとことコメント》
稼げる業務フローは最初から意識してください。リピーターをしっかり獲得していく方法もお話します。
・行政書士事務所の経営の仕方、集客の考え方

事務所の経営の仕方もそれぞれですが、ここでは大きく2つに分けて考えていきます。1つはスタッフ数、支店数を増やして大量案件を捌く事務所経営タイプと、専門性を高めて業務単価を上げて顧問案件を増やしていき、少人数でパフォーマンスを最大化していくタイプです。
どちらのタイプについても触れますが、私自身が後者のタイプなので後者を目指す方に具体的にイメージができるように実例にも触れながら話しています。
「行政書士の職域理解、行政書士法の解説」「許認可の仕組みと稼ぐ行政書士の業務フロー」とセットで受講していただくとより理解が深まります。

《講師のひとことコメント》
自分の経営方針を決めると集客方法についてもブレなくなります。

担当

黒沢 怜央 先生株式会社ジーネット代表取締役
黒沢 怜央 先生

株式会社ジーネット 代表取締役
株式会社ジーテック 代表取締役
academic works行政書士事務所 代表行政書士
東京都行政書士会 特定行政書士特別委員会副委員長
一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)参与

配信スケジュール

講座名 配信開始日 受講期限
(配信終了日)
行政書士の職域理解、行政書士法の解説 2010年
11月13日(金)
2022年
1月31日(月)
2020年
11月27日(金)
許認可の仕組みと稼ぐ行政書士の業務フロー
行政書士事務所の経営の仕方、集客の考え方

※「許認可の仕組みと稼ぐ行政書士の業務フロー」、「行政書士事務所の経営の仕方、集客の考え方」の2講座については2020年11月13日(金)に配信を予定しておりましたが、諸事情により上記日程に配信開始日が変更となります。受講生の皆様にはご不便をお掛けしますが、配信開始まで今しばらくお待ちください。

受講料(10%税込)

受講形態 講座名 受講料 講座コード
通信Web※ 行政書士の職域理解、行政書士法の解説
5,500円
GC21721
許認可の仕組みと稼ぐ行政書士の業務フロー GC21722
行政書士事務所の経営の仕方、集客の考え方 GC21723

※教材発送なし

戦略的行政法務アカデミー2021 黒沢レオ先生担当

もっと深く、ハイレベルな講義を受講したい方はこちらもおすすめ

デジタル庁の創設、行政改革大臣の就任等、許認可業務はこれから一気に形を変えていきます。当然、行政書士のサービスの在り方も以前とは全く異なる形になっていきます。
戦略的行政法務アカデミーでは、これから新たな事業にチャレンジするイノベーション企業が必要とする専門家の育成を目指し、3つのワークを実施いたします。

PAGE TOP