0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

矢島の論文完成講座

矢島の論文完成講座

講座の概要

本講座(略称:矢島の【論完】)は、論文試験に合格するための事例分析能力、法的思考力、本番の試験で合格点を採る答案作成のコツを、短期間で修得するための講座です。講義で使用する教材は解答例を含め全て矢島講師が責任を持って作成しており、問題文中の事実に対してどのように評価をすれば試験考査委員に高評価を受けられるかなど、合格するためには是非とも修得しておきたいことを分かりやすく講義していきます。論文試験の答案の書き方が分からないという受験生はもちろん、答案の書き方はある程度修得しているのに本試験で良い評価を受けることができないという受験生が、確実に合格答案を作成する能力を修得できるように矢島講師が分かりやすい講義をします。なお、教材及び講義の内容は、2021年度の試験の出題範囲とされている法改正や最新の判例に全て対応しているので、情報収集の時間を省略して、全ての時間をこの講座の受講と復習にかけて効率よく受験対策をすることができます。

講座の特長

1.論文対策はこの講座だけで完璧にできる

限られた時間で論文対策をするには検討すべき問題を次年度の試験の合格に必要なものに限定する必要があります。そこで、本講座は、次年度の論文試験の合格に必要な知識や法的思考能力を効率よく修得するのに必須の司法試験の過去問、近年の試験の形式に合わせた司法試験の改問やオリジナル問題、知識の隙間を埋めることができる予備試験の過去問を、試験対策上必要な数に絞り込んで取り扱っていきます。取り扱う問題を合格に真に必要な数に絞り込んでいるので、途中で挫折せずに合格に必要な論文作成能力を確実に修得できます

2.矢島講師が責任をもって作成した解答例

合格者の再現答案には不正確な部分があり、こうした解答例を元に学習をすると、悪いところを良いところだと勘違いして、誤った思考方法を身につけてしまうおそれがあります。本講座で使用する解答例は、出題趣旨や採点実感を踏まえて試験考査委員が要求する合格答案となるよう、矢島講師が責任をもって作成しています。矢島講師作成の解答例は法的な正確性が高く、解答例中の法的な規範のところは、そのまま論証例として使うことができ、あてはめのところは、規範に事実を当てはめる際の事実の評価の仕方を学ぶ教材として用いることができるため、論文試験用の最強のインプット教材になること間違いなしです。矢島講師の解答例なら繰り返し復習して正しい法的思考能力を修得することができるので、余計なことを考えずに安心して受験勉強に専念できます。

3.予備試験合格後の司法試験の合格を意識した論文対策

予備試験の合格直後に司法試験に短期間で合格するには予備試験の論文対策と司法試験の論文対策を同時にしていくのが効果的です。予備試験の受験対策をする段階から司法試験の問題に慣れておけば,予備試験の合格後に司法試験の論文対策に苦労しないで済みます。ところでここ2、3 年のうちに司法試験の論文試験の出題傾向が大きく変化した科目があります。出題傾向の変化は、出題の形式を見ただけで分かるものもあれば、出題の形式にはそれほどの変化がなくとも、問題文、出題趣旨、採点実感を併せて読むと質に変化のみられるものがあります。本講座では、日ごろから論文過去問をしっかりと分析している矢島講師が、科目によっては過去問を改問したり、傾向にあったオリジナル問題を作成したりして、近年の試験の傾向に合わせた試験対策ができようにしています。

オリジナルテキスト

矢島の論文メイン問題集2021・矢島の論文補強問題集2021

答案例は矢島講師自ら全て作成!

論文試験を通年研究している矢島講師がオリジナル答案を自ら作成!

矢島講師の答案サンプルのPDFを開く

矢島の論文メイン問題集2019・矢島の論文補強問題集2019

オリジナルテキストのPDFを開く

実施内容・取り扱い問題

実施内容・取り扱い問題

実施内容のPDFを開く

担当講師

LEC専任講師

受験指導を生きがいとする熱血漢

Yajima Junichi 矢島 純一 LEC専任講師

最終学歴 明治大学法科大学院
保有資格 司法試験合格(2010年)
担当
  • 矢島の速修インプット講座
  • 矢島の論文完成講座
  • 矢島のスピードチェック講座
  • 矢島の短答対策シリーズ
  • 矢島の法律実務基礎科目[民事・刑事]
  • 矢島の最新過去問&ヤマ当て講座 他

矢島のオリジナル講座シリーズページへ

講師メッセージ

予備試験に最終合格するには、短答試験後の論文試験対策をいかに効率よくできるかが重要です。短答試験の終了後に慌てて論文対策をする受験生も多いかと思いますが、合格を確実にするためには、なるべく早く論文試験対策に着手するのが一番です。予備試験はもちろん、予備試験合格後の司法試験にも合格しうる真の論文力を修得することができるように、全力でこの講座を制作していますので、大船に乗ったつもりでこの講座で論文対策をしてください。

矢島講師ページへ

矢島の論文完成講座受講!2019年司法試験合格者の声

樋田 早紀さん(27歳)

2018年予備試験合格者

答案例の質の良さと解説の丁寧さが抜群の講座でした。私は、予備試験の受験生の頃からこの講座をとっていましたが、この頃は、1年目の学習で論文の勉強方法がよくわからなかったこともあり、また短答の学習にも不安があったこともあり、論文を中心に据えた学習をすることができませんでした。しかし、論文を書けなくても最低限この講座だけは受講しきろうと決め、自分だったらどのようなことを答案に書くかということを箇条書きにまとめて簡単に予習をした上で、ひと通り解説を聞き、矢島先生の作成した答案例をじっくりと読みました。その後、予備試験の試験日までに、答案構成をするのみで論文をフルで作成することがほとんどできなかった科目もあります。しかし、そのような科目であってもなんとか答案を一応の形にすることはでき、結果合格をすることができました。試験中、頭に浮かんだのは、矢島先生はどのように答案を作成していたか、ということです。矢島先生の答案は、論証を切り貼りしたようなものではなく、よく考えて作成されているため、とても記憶に残りやすく、かつ良い意味で真似しやすいものでした。そこで試験当日はこれを一生懸命真似して論文を完成させました。
合格体験記の詳細ページへ

K・Rさん(34歳)

2018年予備試験合格者

論文完成講座は、矢島講師自身が毎年改定作成の答案とその分析解説テキストを用いて行う論文講座です。その最大の売りは、やはり矢島講師自身が時間を図り時間を意識した上で作成した現実的な司法試験の合格答案を読むことだけでも現実的に自分でも書けそうな合格答案について具体的にイメージができることです。それに加えて、矢島講師の「ここの論述は問題文にこういう記述あるから、こういう意図でこういう論述をしている」「ここは短くまとめて書ききる」といった具体的な論文試験についてのアドバイスも得られる点が非常に参考なりとてもよかったです。
合格体験記の詳細ページへ

S・Sさん(43歳)

2018年予備試験合格者

矢島先生のオリジナルの解答例がキーワードを重視した構成となっており、自分が答案に書く頻出論点の書き方の参考になりました。条文の引用が正確かつ丁寧になされており、高い評価を得られるための要件を意識することができました。補強問題集もあることで知識の穴がなくなり、出題予想をしながら学習することが可能になるため、学習効果が高かったです。
合格体験記の詳細ページへ

※掲載年齢について
本合格者メッセージに記載されている年齢は出願時を基準としています。

講座スケジュール

講座スケジュール(PDF)

お申込

PAGE TOP