0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

論文上級答練ベースアップPLUS

論文上級答練ベースアップPLUS
秋から、やっぱりLEC
新登場!現場思考力を磨き上げる第3のコースを加えて、合格へ盤石の体制です!
受験生の置かれている状況は様々です。特に学習経験者は知識や解答を導き出すテクニックの習得レベルがそれぞれ異なります。 そこでLECでは、受講生が各自の学習段階及び、学習スタイルに合わせ、最適な講義を選択できる様々なコースをご用意しています。 この秋、現状の2コースに加え、新たな第3のコースとして『論文上級答練ベースアップPLUS』が登場!ご自身の今の状況を正しく判断し、最適で安全な合格ルートを進んでください。

論文上級答練ベースアップPLUS

「本番に弱い」を解消!
現場思考力を徹底的に鍛え上げ、想定外にも柔軟に対応しうる真の論文思考力を確立!
本コースは、いわゆる「本番に強い人」を目指し、初めて目にする問題であっても動じることなく、自分の知識の中から解答を導き出せる「現場思考力」の養成を第1の目的としています。 本コースの主軸である『論文上級答練』で年内の早い段階から、検討・整理に時間が掛かり、かつ、知識だけでは解けない「場合分け、時系列、抽象的な設問の題意把握」など、「想定外」を含む問題に取り組むことで、初めて見るパターンの問題にも柔軟に対応するための「現場思考力」ひいては、「真の論文思考力」を養成します。

カリキュラム

全30回(全24回)

更なる実力積上げのキーワードは「切れ目のない演習」!

最も本番に近い難易度のハイレベル論文答練群をパッケージ化!

知識というのは使わないとどんどん劣化していきます。特に論文対策では、複雑に入り組んだ因果関係を背景とする知識のつながりが重要であるため、問題を解かない期間が長くなればなるほど、どんどん力が落ちていきます。

そこで、本コースに含まれる3つの答練は、10月から本試験直前の4月中旬まで、ほぼ切れ目なく問題演習の機会を得ることができるよう、デザインされています。

この間に解くこととなる問題数は、全34問。本試験の問題数が4問であることを考えると、実に8年半分もの分量に相当します。

更に、これら3つの答練は、いずれも本試験の出題レベルを想定したレベルの高い内容です。質・量共に兼ね備えた答練の問題演習で、論文本試験まで、実力を更に高めていきましょう!

論文上級答練
実施期間
10月〜年内
最速で本試験レベルの問題にチャレンジできる特別な答練
高精度の予想問題と本試験未出論点へのチャレンジで、年内から総合的な論文思考力を磨き上げる!
論文実戦答練
実施期間
年明け〜3月
より実践的な問題に、本試験と同じ時間配分で挑める答練
学習経験者向けコース受講生も参加する大規模答練で、その時点の力を客観的に把握し、更に実力を向上!
論文完成答練
実施期間
4月上旬〜中旬
本試験同様、一日で4枚の答案を書き上げる答練
時間配分を把握し、連続して脳をフル回転させ続ける訓練を積み上げ、本番をベストコンディションで乗り切る体力を練成!

論文得点力ベースアップ 組み込みオプショナル講座

論文得点力ベースアップ講座[審査基準編][上級論点編]

論文の必須知識のうち、特に手のかかる2つをピックアップ!
分析やまとめる手間はLECに任せて、論文得点力をベースアップ!

論点得点力ベースアップ講座[審査基準編]

つい手を拡げてしまいがちな審査基準のガイドラインを示す!

条文だけではカバーできない部分を審査基準という形で補っている産業財産権法において、審査基準の学習は今や必須です。ですが、論文試験対策として、どこまで知っておくべきなのか、自身ではっきりと線を引くのは難しいところです。また、知らないうちに改正されているといったことも多々あります。

そこで本講座では、独学では勉強しにくい審査基準について、「ここまでやれば大丈夫!」というラインを提示しつつ、効率の良い修得方法についてレクチャーします。

※講座は、昨年実施したMA/B17233 論文得点力ベースアップ講座[審査基準編]の教材を一部使用いたします。

論点得点力ベースアップ講座[審査基準編]MA/B18233
生講義実施本校 新宿エルタワー本校
使用教材 オリジナルレジュメ(受講料込み)
  • 本講座は、昨年実施したMA/B17233 論文得点力ベースアップ講座[審査基準編]の教材を一部使用いたします。
  • ※通学クラスのほうへの「オリジナルレジュメ」のお渡しは、初回実施時となります。
  • ※講義内で発生する「板書」について
    「板書」の発送はございません。なお「板書」はPDF化したデータをonlinestudySP上にアップいたします。
担当講師 宮口 聡 LEC専任講師
タイムスケジュール 前半講義:85分/休憩:10分/後半講義:85分
実施スケジュール(全3回)
Web動画配信期限:2018年7月31日(火)
通学 通信
回数 実施日 時間 Web配信日・DVD発送日
オリジナルレジュメ発送日
1 2017年10月18日(水) 19:00〜22:00 2017年11月16日(木)
2 2017年10月25日(水)
3 2017年11月1日(水)

論点得点力ベースアップ講座[上級論点編]

本試験での迷いを断ち切る厳選論点を伝授します!

論文本試験で出題される論点は、出典が明確なものばかりではありません。現場思考型のもの、解釈そのものが難しいもの、解釈が複数あるもの、受験生の間で誤解の多いものも、少なからず存在します。

そこで本講座では、そのような難解な論点の中から、宮口講師が厳選した高難度かつ必須の100 論点をピックアップして解説!権利者側と侵害者側で書き方が異なる場合や、判例と事案が微妙に異なって出題がなされた場合でも迷いが生じないよう、万全のレクチャーを行います。

※本講座は、昨年実施したMA/B17236 論文得点力ベースアップ講座[高難度論点編]の教材を一部使用いたします。

論点得点力ベースアップ講座[上級論点編]MA/B17236
生講義実施本校 新宿エルタワー本校
使用教材 オリジナルレジュメ(受講料込み)
  • ※本講座は、昨年実施したMA/B17236 論文得点力ベースアップ講座[高難度論点編]の教材を一部使用いたします。
  • ※通学クラスのほうへの「オリジナルレジュメ」のお渡しは、初回実施時となります。
  • ※講義内で発生する「板書」について
    「板書」の発送はございません。なお「板書」はPDF化したデータをonlinestudySP上にアップいたします。
担当講師 宮口 聡 LEC専任講師
タイムスケジュール 前半講義:85分/休憩:10分/後半講義:85分
実施スケジュール(全3回)
Web動画配信期限:2018年7月31日(火)
通学 通信
回数 実施日 時間 Web配信日・DVD発送日
オリジナルレジュメ発送日
1 2017年11月22日(水) 19:00〜22:00 2017年12月21日(木)
2 2017年11月29日(水)
3 2017年12月6日(水)

論文上級答練 テキスト

テキストサンプルのPDFを開く

論文上級答練 担当講師

LEC専任講師
宮口 聡 LEC専任講師

慶應義塾大学理工学部応用化学科卒業。
大手防犯機器メーカー技術開発部門および知財部勤務を経て、現在、宮口特許事務所所長。
LECでの講師歴は年。入門講座、論文基礎力完成講座、短答基礎力完成講座をはじめとする初学者向け講座から、「論文解法修得講座」「論文上級答練」「LゼミSpecial」などの学習経験者向け講座を歴任。

宮口 聡 LEC専任講師 プロフィール詳細

特別価格

学習経験者向けコース受講生特別価格:3万円OFF!

割引についての詳細はこちら

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP