0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

Web奨学生試験キャンペーン

Web奨学生応援キャンペーン

期間限定:2017年9月8日(金)2017年9月27日(水)23:59

−夢の実現は書くことから始まります!−

「私が○○を目指す理由」をテーマにした作文投稿で、
「最大30%割引eクーポン」をプレゼント!

さらに、期間中に応募&10万円以上のオンライン支払で、 「LECオンライン書籍券5,000円分」をもれなく進呈します。

書くことは、合格後のイメージをつくり、強い合格への決意と変わります。
この機会にまずは書いてみませんか。

作文テーマ(250〜800文字程度)

「私が○○を目指す理由」

250字から投稿可!テーマに沿っていれば、文体・内容・構成など、自由に書いて頂いてOKです!

これまでにご応募いただいた作文の中から一部を本ページ下部にて紹介中!
どんな風にどれくらい書けばいいのかわからない・・・という方や、他の人がどんな夢に向かってLECで頑張っているのか気になる!という方は、ぜひチェックしてみてください!

応募特典について

  • 【特典1】応募内容に応じて、5〜30%割引eクーポン(早得利用可)
  • 【特典2】LECオンライン書籍券5,000円分獲得権

応募内容審査後、希望資格の講座のオンラインショップでのお申込時にご利用いただける「5〜30%割引eクーポン」を発行します。
さらに、期間中に応募後、9月中に10万円以上のオンライン支払をされた場合には、「LECオンライン書籍券5,000円分(クーポンコード)」をもれなく無料進呈いたします。

  • ※司法試験「入門講座」「入門講座を含むコース・パック」は最大15%割引となります。
  • ※司法書士「新15ヵ月合格コース」「新全日制本科コース」「9ヵ月合格速修コース」は最大2万円割引となります。
  • ※早得(早期割引価格)の対象講座の場合には、早得+Web奨学生割引の適用となります(早得割引を考慮した割引率の算出となります。予めご了承ください)。
  • ※その他、特典の進呈条件詳細は本ページ下部の注意事項をご参照ください。

対象資格試験

全資格

  • 宅建講座や一部の講座など、一部割引対象外商品がございます。 詳細は、当ページ下部記載の「割引eクーポンご利用に際しての注意事項」をご確認ください。

応募方法

  • 応募するボタンをクリック
  • 必要事項を入力
  • 審査後、メールにてクーポン発行のご連絡
  • Myページにログインで会員限定eクーポンをGET
  • ※ご応募には事前のMyページ会員登録が必要になります。登録(無料)ページへ
  • ※割引額・クーポンのご連絡は、応募より2〜3営業日(土曜・日曜・祝日を除く)でご連絡となります。
  • ※当割引eクーポンのご利用期限は、発行月の末日23:59までとなります。
  • ※応募内容をWEBサイト、チラシ等でご紹介させていただく場合がございますが、本名での公開はいたしませんのでご安心ください。
  • ※応募は希望資格ごとに1回のみとなります。
  • ※一部当割引の対象外講座がございます。各詳細は「応募の際の注意事項」「割引eクーポンに際しての注意事項」をご確認ください。

作文紹介

これまでに応募いただいた作文の中から、一部をご紹介しています!

労働者の権利を守るために/20代前半/男性/公務員

司法試験を目指す20代前半/男性/公務員

作文テーマ:私が○○を目指す理由

労働者の権利を守るために

私が弁護士を目指す理由は、労働者の権利を守るためである。
私は新卒時に、とあるメーカーに営業職として就職した。そこでは研修として、工場に現場として半年間働くことが定められていた。配属された工場の部署は、とても労働者としての人権が守られている場所ではなかった。配属初日、挨拶のために責任者を訪れたところ、怒鳴り声が聞こえてきた。中間管理職を怒鳴りつけていたのである。それは1時間以上も続いていた。さらに労働時間は慢性的に長く、土日返上、お盆休みさえ無くなるほどである。直属の上司の言葉がとても印象に残っている。「もう無理だよ…休ませてくれ」。ちなみにその上司は、サービス残業を行っていたが、その責任を取らされ降格処分となった。会社が事実上サービス残業を強いていたのにもかかわらず、勤務時間の虚偽申請として本人の責任にしたのである。
以上の経験をしたことから、自分を含めた労働者の権利を守るためにどうすればよいのか考え、弁護士を目指すことに決めたのである。

司法書士の仕事が好き/40代後半/男性/士業

司法書士を目指す40代後半/男性/士業

作文テーマ:私が○○を目指す理由

あ、俺、司法書士の仕事が好きなんだ

「俺はあと5年頑張るからお前もそれまでに資格を取れ」 2011年の仕事始めの日、30年以上事務所を経営してきた70歳の司法書士に言われた。言われたのはもちろん補助者である私だ。私は「わかりました」と答えはしたが、今思えば覚悟は出来ていなかったように思う。
それから一ヶ月も経たないうちにその先生があの世に行ってしまうとは思っても見なかった。
その頃の私は、事務所で働きながら宅建、行政書士試験に合格し、先輩の独立や転職する者がいたりで、気がついたら押し出されるように番頭になっていた。収入もあったので、私が受験勉強に専念できるようにと妻も長年勤めていた仕事を辞め、まだ小さかった子供の子育てや家事は妻を中心にした体制に整えたところだった。そんな矢先、突然「あの日」は訪れた。
事務所は、急遽その時登録していた後輩が引き継ぎ、これを機に離れた顧客もいなかったので継続はできたが、私の給料は大幅に下がり、妻も仕事を辞めたばかりで収入がなく、一家の主としては、将来に対する不安と恐怖に襲われた。そして私は事務所を離れ、好条件を提示してくれた取引先の不動産会社に転職した。何とか危機を凌いだと思ったのだが、世の中そんなに甘くはなかった。長年の司法書士業務が染みついた私に不動産業はただただつらいだけで、しだいに体調も悪くなっていった。しかし、この時一度離れたことで気付いたのだ。「あ、俺、司法書士の仕事が好きなんだ」
今まで「仕事は収入を得るための手段だから、特に司法書士になりたいわけでもないけど、収入があって家族も養えるならそれでもいいかな」と漫然と働いていた私にとって、とても新鮮な発見だった。
ほどなく元の事務所に無理を言って戻らせてもらった。給料は一度辞めたときより更に安く、家計は苦しいままだが、働きながら勉強する環境を再び得ることができた。
司法書士の魅力は身をもってわかっている。家族、同僚、友人、そしてお客さんまでもが私に期待してくれているのもわかっている。そこに「自分はこの仕事が好きで司法書士になりたい、いや、ならなければならない。」という欠けていた一番大事なピースが揃った。2016年、あれから5年目の試験がやってくる。

司書を目指す理由/20代前半/女性/無職

司法試験を目指す20代前半/女性/無職

作文テーマ:私が○○を目指す理由

「私が司書を目指す理由」

私は、一橋大学の図書館で司書として働くことが夢です。日本では司書という仕事は認識されにくく、私自身、「司書を目指している」と申しますと、どういう仕事なのかよく問われますが、本来、海外では学部を卒業し、さらに大学院に進み専門的な知識を得た人間でないとなれない程、とてもステータスの高い職業であります。
なぜなら大学図書館という研究機関は、その大学の最重要情報機関であり、そこで働く人間は学生に、どんな質問をされようとすぐさま対応しなければなりません。ですので、私は、一橋大学法科大学院に進学し、弁護士資格をもった司書になるのが最終目標です。またそれだけでは、司書としての限界がいずれ訪れると思うので、司法試験を目指す学生の立場から、在籍していらっしゃる先生の授業や性格の特徴、本の蔵書具合など知った上で、司書として勤務したいと考えております。法曹を目指す学生や院生にとって最高の研究機関であり続けられるように、私は法科大学院への進学と司法試験の合格を目指しております。

  • ※応募は希望資格ごとに1回のみとなります。
  • ※一部当割引の対象外講座がございます。各詳細は「応募の際の注意事項」「割引eクーポンに際しての注意事項」をご確認ください。

応募の際の注意事項

応募について
※弊社が発行する割引eクーポンの割引率に関するお問い合わせには一切応じることはできません。予めご了承の上ご応募ください。
※オンライン応募のみとなります。他の窓口での応募は承れません。
※作文は未発表のオリジナルものに限らせていただきます。また、明らかに文字数が少ないなどの信義則に反する場合には、弊社の判断により、応募を無効とさせていただく場合がございます。
※作文は250文字以上でご応募ください。
※応募には、事前にMyページへの登録(無料)が必要となります。
※応募は希望資格ごとに1回のみとなります。複数ご投稿いただいても、希望資格につきお一人様1回とし、最初の投稿を採用させていただきます。
※応募作文は返却できません。今回ご応募いただきました作文・アンケートの著作権はLEC東京リーガルマインドに帰属されますので、あらかじめご了承ください。
※応募作品は、後日弊社サイトで公開させていただく場合がございますがその場合でも匿名での公開となりますのでご安心ください。
※Web奨学生試験 最大30%割引は、2017/9/28(木)以降も継続して実施いたします。
割引eクーポンに際しての注意事項
※当割引eクーポンのご連絡は、応募より2〜3営業日(土曜・日曜・祝日を除く)でご連絡となります。
※当割引eクーポンのご利用期限は、発行月の末日23:59までとなります。
※応募フォームにて申請いただきますご希望資格以外のお申込み時にはご利用できませんので、ご注意ください。
※当割引eクーポンはご応募いただいたお客様以外の方は、ご利用いただけません。
※当割引eクーポンは、オンラインショップ・LEC各本校オンライン端末にてお申込の場合に限り、ご利用可能です。他の窓口(LEC各本校、提携校、郵送、お電話、大学生協、代理店)は対象外となります。LEC各本校オンライン端末の設置箇所等については、LEC各本校にお問合せください。
※当割引eクーポンは、原則として早期割引以外の割引・割引eクーポン及びWEB代理店クーポンとの同時利用は出来ません(GO!GO!ポイントは割引eクーポンと併用してご利用頂けます)。割引は、オンライン販売価格からの割引となります。
※司法試験入門講座、入門講座を含むコース・パックについては最大15%割引となります。
※司法書士「新15ヵ月合格コース」「新全日制本科コース」「9ヵ月合格速修コース」は最大2万円割引となります。
※当割引eクーポンは、以下の商品にはご利用いただけません。
  • ・宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)の講座・商品
  • ・社会保険労務士のコース以外の講座・商品
  • ・年金アドバイザーの講座・商品
  • ・賃貸不動産経営管理士の講座・商品
  • ・書籍、レジュメ、書籍セット
  • ・ゴールドWEB講座
  • ・HR道場、宅建登録実務講習・宅建登録講習・第一種電気工事士定期講習など講習の商品、代理販売・委託販売商品
  • ・CFP資格審査試験問題集シリーズ・平成26年 公認会計士試験用参考法令基準集・本気(マジ)で学ぶLECで合格(うか)るシリーズ・誰でもわかるシリーズ等のクーポン対象外に指定されている商品
LECオンライン書籍券5,000円分(クーポンコード)について
※キャンペーン期間中にご応募いただき、2017/9/30(土)23:59までに、オンラインショップ1回のご注文で10万円以上のお支払いをされた方で、かつ2017年10月10日(月)23:59時点でお支払手続きを完了された方に、書籍・レジュメに利用できる5,000円分のeクーポンコードを10/19(木)18:00以降にMyページ内で発行いたします(※割引eクーポンの使用有無は問いません)。
※割引eクーポン使用不可の設定がされている書籍・レジュメには使用できません。予めご了承ください。
※おつりはでません。また不足分や発送手数料・代引手数料は別途お支払いただくことが必要です。予めご了承ください。
※LECオンライン書籍券はLECオンラインショップでのみ利用することができます。他の窓口での利用はできません。
※LECオンライン書籍券は対象者の方が1回のみ利用することができます。他の割引eクーポンとの併用はできません。
また、他の割引eクーポンを使用しての同時注文はできませんので、別々に注文ください。
※LECオンライン書籍券は2017/12/31(日)23:59までご利用いただくことが可能です。
※Web奨学生試験の応募時と同じMyページID(会員番号)で購入された注文のみ特典進呈となります。
※教育クレジットローンでお申込の場合には、2017年10月10日(月)までに審査承認が下りていることが条件となります。
※提出必要書類が2017年10月10日(月)までに弊社まで届いておらず受付が完了できない場合や、ご注文内容に不備があり、2017年10月10日(月)までに確定できない場合には特典対象外となる場合がございます。
※教育訓練給付制度をご利用の方が、教育訓練講座にかかる割引・特典を受け取られた場合、受講生ご本人が支払った教育訓練給付経費から控除されます。今回の「LECオンライン書籍券5,000円分」につきましても「講座の申込特典」にあたります。 教育訓練給付制度をご利用の方で、「LECオンライン書籍券5,000円分」が不要な方は、お申込画面にて「特典付与希望しない」をご選択ください。

PAGE TOP