0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

ゴールドWeb

ゴールドWeb

LEC精鋭一流講師陣によるオリジナル講座

未知なるコンセプト講座が、純度の高い実力をもたらす。LEC精鋭講師陣によるWebオリジナル講座!

宮口聡の『理想と現実』答案 論文過去問21年分

論文試験対策

講座詳細

宮口講師の論文過去問21年分の分析
『現実』と『理想』のアプローチが異なる2つの宮口答案で過去問対策

1.「現実答案」で少なく書いて、合格点を取る
最近の論文試験の問題は長文化傾向にあります。特に、特許・実用新案法では、問題文が長い上、設問数やきかれている論点も多いです。考える時間を減らしては、積極ミスや題意把握ミスが生じ易くなりますが、考える時間が長かったとしても余計なことを書かなければ、最低限の合格答案は書けます。要は、「潔さ」です。その極意を伝授すべく、端的な表現を駆使して仕上げた「現実答案」を通じて、少なく書いて合格点を取るためのコツを掴んでください。
2.「理想答案」で理想を知り、合格点を取る
論文答案は少なく書いて合格点を取るに越したことはありませんが、それは真の理解がなされているからこそ端的に書けるのです。真の理解のためには、基本書の表現を出来るだけ忠実に覚え、理解することが大切です。
さらには、現場思考力を駆使しつつ深く論述しなければならない場面もあります。そこで、流れ・バランスを意識しつつ、然るべきところで大技を繰り出し、深みを出している「理想答案」を通じて、答案を膨らますテクニックを学び、合格点を取るためのコツを掴んでください。
3.平成13年以前の条約過去問は、「出題予想問題の宝庫!」
ここ近年の出題を分析すると、平成13年以前に出題されていた『条約』の問題と類似しています。本講座では、予想問題の宝庫と呼べる条約問題を、現実答案を元にばっちり解説します。

平成13年以前の条約過去問

回数

全17回(1コマ2時間)

スケジュール

Web動画配信開始日・教材発送日:2018年7月26日(木)

  • ※Web動画の配信期限は、2019年7月31日(水)までとなります。
  • ※本講座はWeb講座のみの販売となります。DVD講座はございません。

使用教材(受講料込)

  • 宮口講師謹製オリジナルレジュメ(『現実答案』と『理想答案』)
  • ※「オリジナルレジュメ」は、発送いたします。Web上ではご覧いただけませんので予めご了承ください。また、講義内で発生した「板書」に関しましては発送はございませんので、PDF化したデータをOnlineStudy SP上でご覧ください。

担当講師

お申込

お申込はLECオンラインショップが便利です!

LECのオンラインショップでは、講座のお申込はもちろん、受講料表やスケジュールの確認もできます。

※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、あらかじめご了承ください。

宮口聡の論文ヤマゴロ講座2018条約過去問特訓PLUS

論文試験対策

講座詳細

「ゴロテク」と「ヤマ当て」を兼ねる、論文対策の最終兵器!!

1.必要最低限の「型」を確立!
宮口メソッドにより必要最低限の「型」を確立し、流れの良くない場当たり的な答案からの脱却を図ります。
2.「2時間×12コマ」で論文のイロハを学ぶ!
短答に力を入れ、論文に力を入れてこられなかった受験生におススメ。短期間で論文の基本知識が学べます。
3.即効性のある語呂合わせとテクニックを伝授(ゴロテク)
論文の型、定義、論証の語呂合わせ、及び長文問題が出た際の解法テクニックを惜しみなく伝授します。
4.過去20年分の本試験の問題を徹底分析(ヤマ当て)
徹底した論文本試験問題の分析のもと、今年のヤマを張り、新作問題に取り組みます。
5.条約問題への不安を払拭すべく、条約専用の2コマをプラス!
最後の2回では、平成13年度以前の『お宝的存在』と言える「条約過去問」に注目し、出題が予想されそうなものを扱い、条約問題への苦手意識を払拭する「条約過去問特訓」を行います。
<宮口講師分析!条約的要素には気をつけろ!>

平成13年度までは、論文試験に「条約」という科目がありました。
平成14年度以降は、「特・実・意・商」で併せて条約も訊くということになりました。

それで最近ではどうかというと、H29特実Ⅰでは国際出願日認定要件(PCT11条)やPCT19条補正等、H29商標Ⅱ(1)ではTRIPS23条2及び24条9、H28特実Ⅰ設問(1)では国際出願制度の趣旨、H28商標Ⅱではマドリッド協定議定書における事後指定、H27特実Ⅰではパリ優先権制度の趣旨、H27商標Ⅱではセントラルアタック後の再出願といったように、条約的要素を含む問題が遠慮なく出題されています。

一方、H29商標Ⅰでは、商標登録異議申立と商標登録無効審判の相違点を訊く問題が出題されましたが、これはH12商標Ⅰの再来と言われています。また、最近の意匠法も、10年以上前の傾向に戻ったのではないかと言われるような問題が出題されています。

というのも、市販の論文過去問集は、原則5〜6年程度、多いもので10年程度しか収録してないことから、試験委員もそこに目をつけ、それよりもっと古い過去問と同様の問題を再度出題する傾向があるのです。

そこで、本講座では、平成13年度以前の「お宝的存在」と言える「条約過去問」に注目し、その中でも出題が予想されそうなものを扱います。これにより、条約問題への苦手意識を払拭することができるでしょう。

回数

全12回(1コマ2時間)

スケジュール

Web動画配信開始日・教材発送日:2018年5月10日(木)〜

  • ※Web動画の配信期限は、2018年7月31日(火)までとなります。
  • ※本講座はWeb講座のみの販売となります。DVD講座はございません。

使用教材(受講料込)

宮口講師オリジナルレジュメ

  • ※「講師オリジナルレジュメ」は、スケジュールの通り発送いたします。Web上ではご覧いただけませんので予めご了承ください。また、講義内で発生した「板書」に関しましては発送はございませんので、PDF化したデータをOnlineStudy SP上でご覧ください。

弁理士試験での的中率が高い司法試験知財の過去問6年分を収録(解説付き)!!

担当講師

ゴロテクちら見せ

ゴロテクちら見せ

ゴロテクちら見せのPDFを開く

お申込

お申込はLECオンラインショップが便利です!

LECのオンラインショップでは、講座のお申込はもちろん、受講料表やスケジュールの確認もできます。

※一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできませんので、あらかじめご了承ください。

納冨美和の論文プラチナ31DAYS【書き方編】

論文試験対策

!ご注意ください!
※本講座は昨年販売していたMB17365「納冨美和の論文プラチナ31DAYS【書き方編】」のリバイバル講座です。2017年向けに収録された動画及び、教材をお届けいたします。

講座詳細

講座ポイント

1日1時間、1ヶ月で論文の合格答案作成能力を完成する!

POINT 01
1日1時間、1ヶ月で受講完了!
POINT 02
脱「思いつき答案」!法律論文の書き方が自然と身につく!
POINT 03
『プラチナフォーム』で先輩合格者たちの力を自分のものに!

陥りがちな罠「思いつき答案」とは

知識でねじ伏せることもできる短答試験とは異なり、知識だけで論文試験を突破することはできません。
問題文から知っていること見つけ、思いついた順に書いていたのでは「論文」にならないからです。この「思いつき答案」を脱却することが、論文合格への第一歩です。

とはいえ、法律初心者が法律論文を自分の言葉で書けるようになるには、多大な労力と時間が必要となります。
そこで登場するのがいわゆる論文の型、『プラチナフォーム』です。

『プラチナフォーム』で先輩たちの力を借り、実力倍増!

『プラチナフォーム』は、これまで納冨講師が最終合格へと送り出してきた数え切れない優秀な受験生たちの合格答案の精髄です。合理的な論述の順番や、何を述べるべきか、あるいは何を述べないべきか、などのノウハウが凝縮されています。
チェックリストや、フローチャートなどの各種図表、論点ごとの必須知識などで構成された、この『プラチナフォーム』が、皆さんの実力を飛躍的に向上させます。

回数

全32回(1コマ1時間、最新本試験傾向解説回のみ1コマ3時間)

スケジュール

Web動画配信開始日・教材発送日:2017年12月28日(木)〜

  • ※第1回目〜第31回目に配信されるWeb動画及び、発送される教材は、2017年向けに販売されたMB17365「納冨美和の論文プラチナ31DAYS【書き方編】」と同じ内容です。そのため、タイトルコールや教材の表紙などに「2017年」という文言が使用されています 。予めご了承下さい。
  • ※第32回目に配信されるWeb動画及び、発送される教材は、2018年向けに新たに収録したものです。
  • ※Web動画の配信期限は、2018年7月31日(火)までとなります。
  • ※本講座はWeb講座のみの販売となります。DVD講座はございません。

使用教材(受講料込)

納冨講師オリジナルレジュメ(受講料込)

  • ※「オリジナルレジュメ」は、スケジュールの通り発送いたします。Web上ではご覧いただけませんので予めご了承ください。また、講義内で発生した「板書」に関しましては発送はございませんので、PDF化したデータをOnlineStudy SP上でご覧ください。

担当講師

教材サンプル

納冨講師オリジナルレジュメ

お申込

お申込はLECオンラインショップが便利です!

LECのオンラインショップでは、講座のお申込はもちろん、受講料表やスケジュールの確認もできます。

※一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできませんので、あらかじめご了承ください。

佐藤卓也の短答条約突破のための過去問厳選講座〜取るべき(正答すべき)過去問題を10年分300枝を厳選〜

短答試験対策

講座詳細

平成28年度の試験から導入された「科目別合格基準」ですが、LECの短答リサーチによれば、足切りにあった人全体の92.3%が、条約あるいは不著法で足切りされていました。本講座では条約にスポットをあて、過去10年分の過去問の中で、Aランク・Bランク問題といわれる『落としてはいけない(正答すべき)問題』から、近時の傾向を踏まえた300枝を厳選。
佐藤講師が、正誤の根拠を明確に示します。

講師の自信!受講すべき3つのポイント

1.佐藤講師厳選の、取るべき(正答すべき)問題を解く
条約問題は闇雲に解いても点数に結びつきません。『取るべき問題・取れる問題』を確実に正答し、確実な点数を積み重ねることが、足切りを回避する突破口です。
2.近時傾向を徹底分析して選んだ、出題の可能性が高い問題を解く
佐藤講師の分析と経験から選び出した過去問題に触れることで、近時の出題傾向を把握。必然的に傾向に沿った『取るべき問題・取れる問題』を重点的に学習できます。
3.正誤の根拠を的確に説明する講義で、本試験に耐えうる知識の蓄積をする
単なる過去問の解説講座ではなく、正誤の根拠を分かりやすく端的に説明する講義を展開していきます。類似問題が出題されても、根拠から導くプロセスは同じですので、本試験問題に対しても解答を瞬時に導きだすことができます。
4.『体系別短答過去問』の一冊で、条約問題対策を行う
教材は『体系別短答過去問』ただ一冊。教材を増やすことなく、条約問題の対策が行えます。

回数

全3回(1コマ3時間)

スケジュール

Web動画配信期間:2018年4月6日(金)〜2019年1月31日(木)

  • ※本講座はWeb講座のみの販売となります。DVD講座はございません。

使用教材(受講料込)

  • 別売教材で実施します。お持ちでない方は、別途ご購入ください。
  • 〔別売教材〕2018年版 弁理士試験 体系別短答過去問(条約・著作権法・不正競争防止法)MD09580 2,600円+税
  • ※別売教材は事前に確保のうえ、講座をお申込みください。在庫が不足している場合は、ご購入できない場合がございます。
  • ※本講座は発送される教材はございません。
  • ※講義内で発生した「板書」はWeb上にアップロードされたPDFデータをご覧いただきます。

担当講師

お申込

お申込はLECオンラインショップが便利です!

LECのオンラインショップでは、講座のお申込はもちろん、受講料表やスケジュールの確認もできます。

※一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできませんので、あらかじめご了承ください。

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP