0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

ゴールドWeb

ゴールドWeb

LEC精鋭一流講師陣によるオリジナル講座

未知なるコンセプト講座が、純度の高い実力をもたらす。LEC精鋭講師陣によるWebオリジナル講座!

宮口聡の短答REVOLUTION2018

短答試験対策

講座詳細

「体系別」でもなければ、「年度別」でもない。従来の過去問対策の非合理から解放する3ステップ&マトリクス学習法!

過去問対策だけなら問題集でも足りますが、短REVOなら、新作問題への対応も可能です。未出題の条文についての新作問題(上四法100枝、下三法100枝の合計200枝)を載録したオリジナルアイテム「一問一答集」を駆使し、トータルでの基準点及び科目ごとの基準点の突破を目指します。本講座を通じて、短答試験合格への足がかりとしてください!

POINT 01
宮口講師が編み出した必殺アイテム 「短答Spread Sheet」(過去問の枝を3段階にレベル分けし、条文ごとにマトリクス化した一覧表)に基づき、過去問に取り組むことで、着実に実力を向上させることができる!
POINT 02
過去問の量が凄い!過去問13年分以上を扱うほか、平成29年幻の追試問題も載録。特に、平成29年追試問題に関しては、その解説は大変貴重です。
POINT 03
過去13年以上に亘り、全く出題されていない条文または、殆ど出題されていない条文の新作問題(上四法100枝、下三法100枝)を載録した2冊の「一問一答集」で、知識の穴をなくす!

回数

一括 全24回(1コマ2時間)
主要四法編 全15回
下三法編 全9回

スケジュール

Web動画配信開始日・教材発送日:2017年9月21日(木)〜

  • ※Web動画の配信期限は、2018年7月31日(火)までとなります。
  • ※本講座はWeb講座のみの販売となります。DVD講座はございません。

使用教材(受講料込)

  • 宮口講師オリジナルレジュメ
  • 問題冊子・解説冊子
  • 短答Spread Sheet
  • 上四法一問一答集(主要四法編のみ)
  • 下三法一問一答集(下三法編のみ)
  • ※使用教材は、スケジュールの通り発送いたします。Web上ではご覧いただけませんので予めご了承ください。また、講義内で発生した「板書」に関しましては発送はございませんので、PDF化したデータをOnlineStudy SP上でご覧ください。

担当講師

教材サンプル

※講義で配布されるものとは体裁が多少異なることがあります。

関連する条文ごとに重要な直近13年分の短答本試験過去問をマトリクスで総括把握!
これが「短答Spread Sheet」だ!

教材サンプル

短答Spread Sheet(サンプル)のPDFを開く

豊富な教材で着実なレベルアップを!
難易度順に掲載された過去問に取り組むことで着実に実力を向上させ、時系列を取りいれた宮口レジュメ(通称:宮レジ)で理解を深める!

教材サンプル

さらに!
短レボは過去問対策に留まりません!
知識の穴をなくすべく、過去13年以上に亘り、全く出題されていない条文または、殆ど出題されていない条文の新作問題(上四法100枝、下三法100枝)を載録した2冊の「一問一答集」をご提供!

教材サンプル

初回のおためし版はこちら

宮口聡の短答REVOLUTION2018おためしWeb受講

お申込

お申込はLECオンラインショップが便利です!

LECのオンラインショップでは、講座のお申込はもちろん、受講料表やスケジュールの確認もできます。

※一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできませんので、あらかじめご了承ください。

納冨美和の短答55プラチナネットワーク

短答試験対策

講座詳細

〜1日1時間で短答試験を攻略しよう!〜

POINT 01
視覚的効果で条文の文言と+α知識のネットワークを構築!

受験生を悩ませる条文には、①要件の多い条文、②文章の長い条文、③準用の多い条文、これが最たるものとして挙げられます。 このような条文に対しては、条文の読み込みという作業が十分に行えず、往々にして過去問に出題されたポイントのみを覚えて急場を凌いでいる、という方も多いと思います。 しかし、そのような学習では、本試験で過去問と同じポイントについて出題された場合にしか対応できず、また、「条文」自体の理解が掘り込まれていないため、過去問を解いてきた感覚や雰囲気で解き失点してしまいます。

また、過去問の活用については、しばしば「過去問を条文理解のツールとして使う」という言い方がされます。しかし日々過去問を使う際に、解答をして解説を読みはするものの、テキストを参照し条文まで読み込む、という学習法を進めていくことは時間的にも労力的にも困難とも思われます。

そこで、本講義ではテキストにおいて条文+αの知識をしっかり有限にした上で、条文の文言の読み込みポイントとなる箇所を指摘し、条文のどの要件を本試験では問題としているのかを重要視し、雰囲気で短答過去問を解いてくことで誤って身についてしまった癖を払拭してもらいます。単純に主体や要件、効果を入れ換えただけの問題として対応する思考パターンを修正し、多彩な出題パターンの問題にも対応が可能となります。

POINT 02
実際の大問1問内で問われる可能性のある複数条文を紐づけて1回分に収録!

実際の大問1問内では、1条文しか問われないでしょうか?多くの問題では、複数条文が絡む問題となっています。よって、関連する条文はまとめて攻略することで、条文同士の関連性も明確になり、知識の定着にも効果を発揮します。また、1日分の勉強で、大問1問攻略できるということで、効率的なインプットも可能となります。

POINT 03
各講義1回60分!朝でも勉強できる!

本講座のもう1つのメリットは受講生の都合に合わせて学習をしっかりと進められる点にあります。本講義はWEB講座のメリットを最大限活用するために各講義を60分にまとめ、例えば朝の出社前の時間を活用して講義を受講できるような構成になっています。その為、移動中や昼休みなどにも復習が出来、しっかりと確実に成長できる編成となっています。

POINT 04
「そのような規定はない」「準用・不準用」問題対策も実施!

最後の仕上げとして、受験生泣かせの「準用・不準用」対策と、新たな弱点テーマを攻略する回を設けております。その名も「そのような規定はない」問題です。あまりに虚ろな知識をもっている方に多いのが、「そのような規定はない」問題にいとも簡単に騙されてしまう傾向にあり、そのようなタイプの問題にはいかなる対策が必要なのかを講義していきます。

納冨講師からのメッセージ

短答55プラチナネットワークは1日1時間で短答対策が出来る効能に加え、過去問は解けるのに本試験での類似問題には弱い、という方に特にお勧めの講座です。 弱点となる理由を辿ってみると、それは条文の「異なる問われ方」に反応できないことと、条文をどうやって未知の問題に対応させて考えてゆくのかの思考パターンの確立が出来ていないことに起因します。 それら弱点を抜本的に解決する為、視覚的に捉えるテキストを使用しながら、「条文の読み込み」を一緒に行っていきましょう。

回数

一括 全55回(1コマ1時間)
四法編 全40回
条約編 全15回

スケジュール

Web動画配信開始日・教材発送日:2017年9月21日(木)〜

  • ※Web動画の配信期限は、2018年7月31日(火)までとなります。
  • ※本講座はWeb講座のみの販売となります。DVD講座はございません。

使用教材(受講料込)

納冨講師オリジナルレジュメ

  • 「オリジナルレジュメ」は、スケジュールの通り発送いたします。Web上ではご覧いただけませんので予めご了承ください。 また、講義内で発生した「板書」に関しましては発送はございませんので、PDF化したデータをOnlineStudy SP上でご覧ください。

担当講師

教材サンプル

※講義で配布されるものとは体裁が多少異なることがあります。

納冨講師オリジナルレジュメ

初回のおためし版はこちら

納冨美和の短答55プラチナネットワークおためしWeb受講

お申込

お申込はLECオンラインショップが便利です!

LECのオンラインショップでは、講座のお申込はもちろん、受講料表やスケジュールの確認もできます。

※一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできませんので、あらかじめご了承ください。

宮口聡の『理想と現実』答案 論文過去問15年分+α5年分

論文試験対策

講座詳細

アプローチの異なる2つの答案で、深化する論文過去問分析!

1.「現実答案」の必要性
最近の論文試験の問題は長文化傾向にあります。特に、特許・実用新案法では、問題文が長い上、設問数や訊かれている論点も多いです。考える時間を減らしては、積極ミスや題意把握ミスが生じ易くなりますが、考える時間が長かったとしても余計なことを書かなければ、最低限の合格答案は書けます。要は、「潔さ」です。その極意を伝授すべく、端的な表現を駆使して仕上げたのが「現実答案」です。この「現実答案」を通じて、少なく書いて合格点(本試験で54点以上)を取るためのコツを掴んでください。
2.「理想答案」の必要性
確かに、論文答案は少なく書いて合格点を取れるに越したことはありませんが、それは真の理解がなされているからこそ端的に書けるのです。真の理解のためには、基本書の表現を出来るだけ忠実に覚え、理解することが大切です。
また、120分で2通の答案を書く特・実に比して、意匠・商標は90分で1通の答案なので、比較的余裕があります。このような問題では、流れ・バランスの良さは勿論のこと、充実した分量と内容の深さも要求されます。さらには、現場思考力を駆使しつつ深く論述しなければならない場面もあります。
そこで、流れ・バランスを意識しつつ、然るべきところで大技を繰り出し、深みを出しているのが「理想答案」です。この「理想答案」を通じて、答案を膨らますテクニックを学び、ブッチギリの合格点(本試験で70点以上)を取るためのコツを掴んでください。
3.な、なんと論文過去問20年分を扱う!
ここまで気合の入った論文過去問対策講座は、他にないでしょう!
過去15年分(平成15年度〜平成29年度の「現実答案」「理想答案」)を講義で取扱い、平成10年度〜平成14年度の5年分は、オプション扱いとして「現実答案」のみ添付します。
ちなみに、平成29年度商標法の問題は、平成12年度の問題の再来といえます。古い過去問も軽視できません!

回数

全15回(1コマ2時間)

スケジュール

Web動画配信開始日・教材発送日:2017年7月27日(木)

  • ※Web動画の配信期限は、2018年7月31日(火)までとなります。
  • ※本講座はWeb講座のみの販売となります。DVD講座はございません。

使用教材(受講料込)

  • 宮口講師オリジナルレジュメ
  • ※「オリジナルレジュメ」は、発送いたします。Web上ではご覧いただけませんので予めご了承ください。また、講義内で発生した「板書」に関しましては発送はございませんので、PDF化したデータをOnlineStudy SP上でご覧ください。

担当講師

お申込

お申込はLECオンラインショップが便利です!

LECのオンラインショップでは、講座のお申込はもちろん、受講料表やスケジュールの確認もできます。

※一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできませんので、あらかじめご了承ください。

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP