0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

選択科目民法対策講座

選択科目民法対策講座

本講座は、改正民法に対応した2020年合格目標のための講座です。
2019年合格目標の方は、現行民法に準拠したこちらの講座をご受講ください。
※2019年は現行民法に基づいて出題されます。2020年は改正民法に基づいて出題されます。

講座概要

民法改正対応!
基本的な条文知識・論点を押さえながら全体を効率的に学習し、合格レベルまで引き上げる!

○民法を学ぶ意義
民法と知的財産法は一般法と特別法の関係にあります。
そのため、民法を学ぶことによって知的財産法に対するより深い理解が得られるとともに、将来、あなたが弁理士として実務を行う際や、特定侵害訴訟代理業務試験に臨む際に、他の弁理士に対するアドバンテージとなり得ます。
○民法への正しいアプローチ
これから皆さんが対峙するのは、民法全1050条のうち、700以上にわたる条文です。
条文数に比例して学習範囲も広くなり、選択科目試験で問われる論点も広い範囲から出題されています。ただし、その内容は基本的な論点の組み合わせですので、基本的な条文知識・論点を押さえながら全体を効率的に学習していくことが、選択科目である民法の対策として重要です。
LEC選択科目民法対策講座のポイント
本講座では、3つのステップで民法への理解を深めていくことが可能です。また、弁理士試験にも精通した講師が、特許法や商標法との比較の視点を取り入れてわかりやすく講義を行います!
  1. STEP1.【講義編】で民法の基礎を学ぶ!
    民法を体系的・網羅的に、かつメリハリをつけて学習していきます。細かい論点に立ち入ることはあえてせずに、民法の基本知識の習得を行っていきます。
  2. STEP2.【論証編】で「問題の所在」=なぜこの論点を論じるのか?を理解できる!
    試験で出題可能性のある論点について実際の論証例も示しながら解説していきます。これによって【講義編】で身につけた基本知識が答案として表現できるようになります。
  3. STEP3.【過去問編】で本試験への理解を深め、傾向と対策を掴むことができる!
    実際に出題された本試験問題の解説を行います。講師の現場での思考を再現しながら講義をすることで、論点主義に陥らない民法の本質的な思考方法を身につけることができます。

担当講師

LEC専任講師

幸谷 泰造 講師

プロフィール

東京大学大学院情報理工学系研究科修了。
2006年弁理士試験合格。2011年司法試験合格。
大手電機メーカーにおいて研究開発を3年、知財業務を5年半経験した後、弁護士となり、多くの知財関連訴訟、刑事訴訟等に従事。
働きながら弁理士試験・司法試験に合格した自身の経験を活かして、限られた時間で効率よく合格するための講義を行うことを心がけている。
本番での思考方法を意識した本質的な講義、図や表を多数用いたビジュアルに訴えかける講義により支持を得ている。

実施回数および通信スケジュール

Web動画+音声DL配信期間
2019年4月11日(木)〜2020年7月31日(金)
教材発送日
2019年4月11日(木)
実施回数
全15回
第1部 講義編(全9回)
1 全体構造編・総則①
2 総則②
3 物権①
4 物権②
5 債権総論①
6 債権総論②
7 債権総論③/債権各論①
8 債権各論②
9 債権各論③
第2部 論証編(全4回)
1 総則
2 物権
3 債権①
4 債権②
第3部 過去問編(全2回)
1 平成18年度〜平成25年度
2 平成26年度〜平成30年度

使用教材

  • 選択科目民法対策講座 テキスト
  • 選択科目民法対策講座 論証集
  • H18〜H30本試験過去問

※使用教材は、スケジュールの通り発送いたします。Web上ではご覧いただけませんので予めご了承ください。また、講義内で発生した「板書」に関しましては発送はございませんので、PDF化したデータをOnlineStudy SP上でご覧ください。

おためし版はこちら

お申込

お申込はLECオンラインショップが便利です!

LECのオンラインショップでは、講座のお申込はもちろん、受講料表やスケジュールの確認もできます。

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP