0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

論文直前道場

論文直前道場

本試験まであとわずか。実力を飛躍的にアップさせる絶好の機会!最後の巻き返しで逆転を狙おう!

宮口聡の論文最後の悪あがき道場(超最新情報分析スペシャル)[H30改正・TPP改正・審査基準改訂]対応
〜「今年5月の短答本試験」と「新司法試験(知財)」と「改正ネタ」から、論文本試験を大予測!〜

2019年6月15日(土)〜

道場の詳細をみる

ずばり、論文試験の読みは、短答本試験と新司法試験(知財)にあります。
かつて(H17)短答本試験で最新の最高裁判決「フレッドペリー事件」が出たと思ったら、論文本試験でも出題されました。また、短答で特184シリーズが「条約」で出題されるなど、特許法と条約とのボーダレス化が見られますが、論文特実でPCT11条やPLT13条が、商標でマドプロ9条の2(iii)が出題されるなど、論文本試験でも条約とのボーダレス化が顕著になってきました。さらに、新司法試験ネタがそのまま弁理士論文試験でも出題される例が散見され、この相関関係を受験対策に活かさない手はありません。更に、改正ネタについても、不安を払拭できる程度に、最低限のまとめをします。

『これで突破!講師の3つの予想』
1)今年5月の短答本試験から、論文本試験の形式面・内容面を予想する。
最近の弁理士試験では、その年の短答合格者がその勢いで論文、口述を突破し、最終合格する可能性が高まっています。逆に、昨年又は一昨年に短答に受かった人は要注意です。そこで、今年の短答本試験の問題のうち、論文で狙われそうなものに着目し、取り組むことで、網の目から細かい知識が抜け落ちていくのを防止します。
2)今年の司法試験(知財)から、主題テーマを予想する。
新司法試験と弁理士試験で同じテーマが出題された例が多々見受けられます(H24「製パン器事件」、H25「インクタンク事件」、H28「ボールスプライン軸受事件」)。したがって、最新の司法試験(知財)の問題に取り組むことは、絶好の予想問題対策になります。
3)多角的分析により、狙われそうな特許・実用・意匠・商標・条約の論点及び改正ネタを予想する。
青本や改正本等の基本書、判例、審査基準、論文過去問等から、出題周期等を分析した上で本年度の出題が予想される論点をピックアップし、一行問題型と小事例型の問題を通じて、知識の確認と論証チェックを行います。なお、必要に応じて、改正ネタにも言及し、不安を払拭します。

回数

全2回

実施スケジュール

回数 実施日
第1回 6月15日(土)18:00〜21:00
第2回 6月22日(土)18:00〜21:00

各回講義180分(休憩含む)

実施本校

新宿エルタワー本校

担当講師

定員

生クラス 100名

※生クラスが定員になり次第、講義を中継する「準生クラス」でのご案内となりますので、予めご了承ください。

使用教材

  • 宮口講師オリジナルレジュメ(受講料込)

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学(復習webフォロー付) 全2回 15,000円 MA19730
  • ※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

新宿エルタワー本校

宮口聡の論文サルベージファイナル道場
〜最後の一週間、1分たりとも時間を無駄にできない人のためのデイタイム型道場 答練→解説→添削の高密度・短期集中で勝負をかけろ!〜

2019年6月24日(月)〜

道場の詳細をみる

『これで突破!講師の5つの作戦』
1.本試験と同じような時間帯の答練で、本番に順応!
本試験はデイタイム(日中)に行われます。本道場では(日中に2コマ)で答練を実施。 午前は特実、午後は意匠又は商標で、月、火、木、金すべてこのスケジュールで実施します。本番に近い環境下に身を置くことで、本番に順応し易くなります。
2.書いた答案は超スピード返却だから、記憶が新しいうちに宮口講師の指導が次の答練に直結=本番に直結!
本道場では、答練の効果を最大限活かすべく、現場で書いた答案を即座に採点し、次回までに返却します! 午前の答案は、その日の午後に返却!記憶が新しいからこそ、宮口講師の言葉が成功体験となり失敗回避となり、本試験突破の最後の1歩につながります。
3.自習室に講師が常駐!参加者専用のスペシャル自習室提供。疑問も即座に解決!
一般の自習室だと、他資格の受験生も利用するので席が取れない等のリスクがあります。 しかし、サルベファイナルを受講すればその心配はありません!参加者専用の自習室を確保!さらに講師が常駐して、質問に迅速かつ的確に対応します。
*6/27(木)の自習時間帯は、別の講義のため、常駐できません。
4.的中実績あり!特製サルベファイナルテキストで演習量増量!
特実30問、意15問、商15問の計60問が掲載された特製サルベファイナルテキストを進呈。
本道場の答練では、合計12問こなしますが、本番での的中率を更に高めるのが「サルベファイナルテキスト」です。本試験に出題されそうなテーマや一行問題をバランスよく配合しています。答練の12問とテキストの60問の合計72問をこなすことで、知識の穴をなくすことができます。
*テキストは、本年度実施のサルベージゼミテキストと同様です。
5.最大10通の添削オプション制度で、ぶれない自身の型を確立して論文試験突破!
サルベファイナルでの答練のほかに、『答案を書いて見てもらいたい』というニーズに応えるべく、最大10通の添削オプションを付けます。演習量を増やしてぶれない自身の型を固めてください。

おすすめ
添削オプション制度は、申込後すぐに利用可能です。早く申し込んで本制度を利用されることをお勧めします。
*本試験間際は、添削が混み合って採点が間に合わなくなる場合があります。
*答案作成はLEC印の付いた専用答案用紙のみとさせていただきます(答案用紙は新宿エルタワー本校でお受取りください)。
*採点効率の観点から、添削する問題は、過去問題かサルベテキストの問題に限らせて頂きます。

回数

全8回

実施スケジュール

回数 実施日
第1回 【特実①】6月24日(月)10:00〜13:00
第2回 【意匠①】6月24日(月)14:00〜17:00
第3回 【特実②】6月25日(火)10:00〜13:00
第4回 【商標①】6月25日(火)14:00〜17:00
第5回 【特実③】6月27日(木)10:00〜13:00
第6回 【意匠②】6月27日(木)14:00〜17:00
第7回 【特実④】6月28日(金)10:00〜13:00
第8回 【商標②】6月28日(金)14:00〜17:00

実施本校

新宿エルタワー本校

担当講師

講義進行予定

  • 特実:答練2時間→解説50分
  • 意匠・商標:答練1.5時間→解説80分

使用教材

  • 問題冊子・解説冊子・宮口講師オリジナルテキスト(受講料込)

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学(復習webフォロー付) 全8回 60,000円 MA19728
  • ※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。
  • ※【ご注意】問題・解説は全て新宿エルタワー本校での直接受取となります。論文答案の添削・返却があるため、全て復習用Webフォローでご覧になり新宿エルタワー本校に通学されない方はご受講いただけません。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

新宿エルタワー本校

納冨美和の論文最終ヤマ当て道場2019

2019年6月23日(日)

※「生クラス」は定員となりました。今後は「準生クラス」での受付となります。

道場の詳細をみる

論文本試験まで残り1週間!そこで、今年もやります!納冨美和の論文最終ヤマ当て道場! 納冨美和講師が、論文合格に必要な情報・論点の解説とともに、様々な角度から予想する「ヤマ当て」を行います。 本道場で、論文試験への最終メンテナンスを行い、万全の体制を整えましょう!

『これで突破!講師の3つの予想』
1.直前期だからこそ当たる定評の『ヤマ』が必要!今年の「ヤマ」はここだ!
様々な角度からの綿密分析に基づく『論文のズバリ!ヤマ当て』を行います。短答の傾向、近年の論点サイクル、口述の出題実績等からわかること、見えることを余すことなくお伝えします。 残り1週間だからこそ言えること、全てお話しします!
2.直前期だからこそ外せない「コア論点」を漏れなくチェック!
一行問題、判例、審査基準etc…インプット事項は多岐に渡ります。けれども、結局本試験で差がつくのは、当たり前のことを当たり前に書ける力です。 本道場では、完成度を求められる「コア」な論点について、ヤマを絡めて絞り、「書ける」しっかりとした知識に仕上げていきます。
3.直前期だからこその「応用」できる現場対応力を伝授!
毎年毎年、論文試験はマイナーチェンジを繰り返しています。過去問が解けるだけでは、対応できません。 ヤマ当て分野の基礎的な知識を「応用」するコツ、ポイントを伝授します。

回数

全2回

実施スケジュール

回数 実施日
第1回 6月23日(日)10:00〜13:00
第2回 6月23日(日)14:00〜17:00

各回講義180分(休憩含む)

定員

生クラス100名

※「生クラス」は定員となりました。今後は「準生クラス」での受付となります。

実施本校

水道橋本校

担当講師

使用教材

  • 問題冊子・解説冊子・納冨講師オリジナルレジュメ(受講料込)

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学(復習webフォロー付) 全2回 15,000円 MA19727
  • ※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

水道橋本校

佐藤卓也の試験委員の癖などからみる直前大予想道場
〜実務の目線から、出題の真意を探る〜

2019年6月8日(土)

道場の詳細をみる

『これで突破!講師の予想3つの視点』
1)弁理士会や業界で問題視されてきた箇所から予想する!
最近の試験は、旧試験のように漠とした問題、あるいは現在、弁理士会や業界で問題視されてきた箇所を深堀りした箇所が問われています。この傾向は3年位前から顕著になり、単に暗記偏重の受験生を排除することを念頭においていると思われます。特に試験委員の癖、また最近の傾向から見た癖を十分に検討することで対策が可能です。
2)産業構造審議会の審議の経緯から予想する!
産業構造審議会の公開資料として挙がっている事項、審査基準が現在に至るようになった経緯を理解している受験生は少ないかと思います。実際の議論(来年度の改正を念頭に、現在出題出来る範囲内で問うとしたのならば『何をどう書くのか』など)の経緯を負いながら説明していきます。これは従来の講座では全くされなかった事項です。
3)商標法の審査基準の改正も予測!
商標法の審査基準の改正は判例の変遷をみていくことである程度の出題の予測が可能です。商標法は私が担当した別講座で2年とも通説、反対説、共に当たりました。

回数

全1回

実施スケジュール

2019年6月8日(土)18:00〜21:00
講義180分(休憩含む)

実施本校

渋谷駅前本校

担当講師

定員

生クラス70名

※生クラスが定員になり次第、受付を終了いたますので、予めご了承ください。

使用教材

  • 佐藤講師オリジナルレジュメ(受講料込)

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学(復習webフォロー付) 全1回 7,500円 MA19742
  • ※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

渋谷駅前本校

安西悠の論文184道場

2019年6月1日(土)

道場の詳細をみる

油断したころに襲ってくるのが184シリーズであることは周知の事実でしょう。最近は過去問で扱われなかった条文を問う設問が出ています。184シリーズのどこが問われても答えられるようにしておかなければなりません。本道場では、184シリーズが実務化した外内案件も多数扱っている安西講師が、特184シリーズに絞るからこその着目点にフォーカスして知識を整理していきます。

『これで突破!講師の3つの技』
1)レジュメでは「図表」を取り込んで視覚的に総整理する!
長い条文が多い184シリーズですが、その内容は実はシンプルなものが多いです。長い条文についても「図表」を用いてさくっと総整理しましょう。
2)論文用「型」を定着させる!
後編では特に論文で狙われる条文にフォーカスし、「こう問われたらこう書く」、「これを書くときにはこのように書く」といった、論文ならではの「型」を重視した実戦的な理解をしていきます。
3)論文用「型」に従って、過去問を解く!
数ある過去問も、論文用「型」が身についてしまえば、実は同じところが何度も問われていることに気づくでしょう。本試験では定番問題の出来が合否を決します。定番問題を確実に解き、非定番問題にも対応できる力を身につけます。

回数

全1回

実施スケジュール

2019年6月1日(土)18:00〜21:00
講義180分(休憩含む)

実施本校

新宿エルタワー本校

担当講師

定員

生クラス100名

※生クラスが定員になり次第、受付を終了いたますので、予めご了承ください。

使用教材

  • 安西講師オリジナルレジュメ(受講料込)

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学(復習Webフォロー付) 1回 6,000円 MA19739
  • ※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

新宿エルタワー本校

安西悠の論文意匠法「出願態様」総整理道場

2019年6月2日(日)

道場の詳細をみる

最近の意匠法は自分で出願態様を考えさせる設問が多い時代になっています。整理できていない受験生が現場で出願態様を考えるのは容易ではありません。しかし、意匠法ほど答案に記載すべき要領のいい「型」が決まっている法域はありません。本道場では、受験意匠法の代名詞とも言われる安西講師が、限られた時間と限られた答案用紙において余裕をもって解答できる模範を示していきます。

『これで突破!講師の3つの技』
1)改正にも対応したレジュメで意匠法を総整理!
改正に不安を抱いている受験生は多いことでしょう。今年の論文試験に必要な改正も盛り込んだレジュメで総整理していきます。
2)意匠法に特有の制度を論文用に総整理!
各制度について必要な「型」を瞬時に導けるようにし、加えて知っておくべき審査基準を総整理して、どんな出題態様にも対応できるようにします。
3)意匠法に特有の制度の趣旨を論文用に総整理!
論文用に各制度の趣旨をまとめられている受験生は意外に少ないものです。制度の総整理とともに、本道場で配布されるレジュメを「御守り」として本試験に臨んでください。

回数

全1回

実施スケジュール

2019年6月2日(日)18:00〜21:00
講義180分(休憩含む)

実施本校

新宿エルタワー本校

担当講師

定員

生クラス40名

※生クラスが定員になり次第、講義を中継する「準生クラス」でのご案内となりますので、予めご了承ください。

使用教材

  • 安西講師オリジナルレジュメ(受講料込)

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学(復習Webフォロー付) 1回 6,000円 MA19738
  • ※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

新宿エルタワー本校

芦田圭司の論文100のポイント直前総括道場
〜直前最後の付け焼刃で論文突破〜

2019年6月22日(土)

道場の詳細をみる

『これで突破!講師の5つの付け焼刃』
1.四法の必須論点を一括習得!
論文の出題範囲は広範ですが過去問で繰り返し出題される論点は限定されています。本道場では本試で複数回出題された受験生必須の論点を厳選し4時間で通観します。
2.四法の必須テンプレートを一括習得!
項目落ちを減らし効果的な答案構成を作るには構成のテンプレートを身に付けるのが近道です。本道場では演習においてほぼ全ての必須テンプレートを用いています。
3.四法の必須条文要件を一括整理!
論文試験は条文の要件に事案をあてはめ結論を導く作業ですので、あらかじめ条文の要件を整理しておく必要があります。本道場では出題頻度が高く、要件が複雑な条文について要件整理を徹底します。
4.題意把握力の即席向上!
本道場では4時間で論文形式の小問100題にあたります。短い問題から答案構成を展開する練習を繰り返すので、ブースト的に題意把握力・読解速度の向上を図ることができます。
5.知識の穴を突貫補強!
論文試験は相対評価なので大半の受験生が書ける事項を落すのは即命取りです。本講義は四法の必須事項を総覧することで盲点になっている知識の穴を発見し補強することができます。

回数

全1回

実施スケジュール

2019年6月22日(土)11:00〜16:00
講義240分(実施時間には休憩60分を含みます。)

実施本校

渋谷駅前本校

担当講師

定員

生クラス50名

※生クラスが定員になり次第、受付を終了いたますので、予めご了承ください。

使用教材

  • 芦田講師オリジナルレジュメ(受講料込)

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学(復習webフォロー付) 全1回 6,000円 MA19732
  • ※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

渋谷駅前本校

西田憲孝の戦略的論文本試験エッセンス活用道場

2019年5月25日(土)〜

道場の詳細をみる

本道場では、論文式試験の過去問を活用して以下の3つのポイントを学ぶことにより、受験生の方々に論文式試験に合格する可能性をさらに高める力を身に付けてもらうことを狙いとしています。
また、本道場では受講生の皆さんの答案を私が直接添削します。答案添削では、特に書き方に注目して添削を行います。書き方とは、答案用紙の使い方、項目の立て方、条文の書き方、文章の構成、及び用語の使い方など、答案の完成度を高めるための要素を身につけて答案を書く手法のことです。書き方を特に重要視する理由は、これらの要素を身につけると、豊富な知識を持つよりも合格答案を作成できる可能性が高くなるからです。
それでは、3つのポイントを身に付けて論文式試験を突破し、その勢いで最終合格も勝ち取りましょう!

『これで突破!講師の3つのポイント』
1)「試験の本質を捉えること」が学べます!
試験に合格する可能性を高めるには、「試験の本質を捉えること」が重要です。そのために、過去問を用いて講義を進めていきます。本道場では、合格する可能性をさらに高めるための有効な過去問活用法をお伝えします。
2)「出題者の意図のくみ取り方」が学べます!
設問に解答するためには、適切な題意把握が大切になってきます。そこで、設問の文章をわかりやすい日本語に変換する「和文和訳」という手法を用いて、出題者の意図のくみ取り方について解説します。
3)「合格する答案の書き方」が学べます!
論文式試験では、限られた時間と答案用紙のスペース内で合格する答案を書かなければなりません。そのために、完璧な模範答案ではなく、合格するための必須事項を実際に本試験で書ける程度の分量で記載した「参考答案」を配布して、論文式試験突破に必要な要素を、書き方と知識の両側面から解説します。

回数

全6回

実施スケジュール

回数 実施日
第1回 【特実①】5月25日(土)10:00〜13:00
第2回 【意匠①】6月1日(土)10:00〜13:00
第3回 【商標①】6月5日(水)19:00〜22:00
第4回 【意匠②】6月8日(土)10:00〜13:00
第5回 【特実②】6月15日(土)10:00〜13:00
第6回 【商標②】6月22日(土)10:00〜13:00

各回講義180分(休憩含む)

実施本校

水道橋本校

担当講師

定員

生クラス20名

※生クラスが定員になり次第、受付を終了いたますので、予めご了承ください。

使用教材

  • 西田講師オリジナルレジュメ(受講料込)

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学 全1回 35,000円 MA19741
  • ※復習用webフォローはございません。
  • ※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

水道橋本校

江口裕之の2019論文百戦錬磨ゼミ

2019年5月12日(日)〜

道場の詳細をみる

論文本試験合格には、直前期の重要テーマを見据えた学習に加え、本試験に打ち勝てる直前の勢いが必須となります。本ゼミでは、本試験の出題範囲を捉えた答案練習と精度の高い採点により、最終的な論文基盤の構築と総仕上げを行います。また、各回ピンポイントで本試験の出題論点を予想し、合格可能性を引き上げます。その上で、本試験当日に最大限の実力が出せるよう、各回の気合注入を通して勢いを増幅し、一気に最終合格に導きます。Lゼミ江口クラス生はもとより、新規参加者の方もウエルカムです。本ゼミにより論文の最終仕上げとモチベーションの両輪をドライブし最終合格を勝ち取ってください。

回数

全7回

※短答試験後から合流できる後半回(4〜7回のみ)の申込も可能です。

実施スケジュール

回数 科目 実施日 時間
1 特許法・実用新案法 1 5月12日(日) 16:30〜20:00
(答練2時間→解説80分)
2 意匠法 1 5月19日(日) 16:30〜19:30
(答練1.5時間→解説80分)
3 商標法 1 5月26日(日) 17:00〜20:00
(答練1.5時間→解説80分)
4 特許法・実用新案法 2 6月2日(日) 18:00〜21:30
(答練2時間→解説80分)
5 意匠法 2 6月9日(日) 18:30〜21:30
(答練1.5時間→解説80分)
6 商標法 2 6月16日(日) 18:30〜21:30
(答練1.5時間→解説80分)
7 講師オリジナル講義 6月22日(土) 9:30〜12:30
(講義180分 休憩含む)

実施本校

梅田駅前本校

担当講師

定員

先着30名

※定員に達し次第受付を終了させていただきます。

使用教材(受講料込)

  • 1〜3回:2019論文上級答練より抜粋
  • 4〜6回:江口講師・阿久津講師による<本試験予想問題>
  • 7回:江口講師オリジナルレジュメ

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しいたします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学一括 全7回 58,000円 MA19495
通学後半 4〜7回のみ 31,000円

※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

梅田駅前本校

阿久津好二の2019論文二人三脚ゼミ

2019年5月12日(日)〜

道場の詳細をみる

論文本試験直前期に、全6回答練+講師オリジナル講義による総仕上げを行います。試験直前に書いた論点は、記憶に残りやすく、点数を取りやすくなります。全6回の答練は、上級者用から厳選した問題による前半クールと、今年の出題予想新作問題による後半クールとにより構成されます。いずれも過去の傾向から、出題可能性の高い論点で構成します。講師オリジナル講義では、出題可能性の高い論点・判例・趣旨を問題形式で多数出題し、答案構成演習→ショート解説を繰り返します。
当ゼミは、講師と生徒の皆さんが二人三脚で合格を目指します。短答試験受験者の方も、今までゼミに来られたことない方も、最後のゼミにご参加ください。最終合格を勝ち取りましょう。

回数

全7回

※短答試験後から合流できる後半回(4〜7回のみ)の申込も可能です。

実施スケジュール

回数 科目 実施日 時間
1 特許法・実用新案法 1 5月12日(日) 17:30〜21:00
(答練2時間→解説80分)
2 意匠法 1 5月19日(日) 17:30〜20:30
(答練1.5時間→解説80分)
3 商標法 1 5月26日(日) 17:30〜20:30
(答練1.5時間→解説80分)
4 特許法・実用新案法 2 6月2日(日) 17:30〜21:00
(答練2時間→解説80分)
5 意匠法 2 6月9日(日) 17:30〜20:30
(答練1.5時間→解説80分)
6 商標法 2 6月16日(日) 17:30〜20:30
(答練1.5時間→解説80分)
7 講師オリジナル講義 6月23日(日) 17:30〜20:30
(講義180分 休憩含む)

実施本校

梅田駅前本校

担当講師

定員

先着30名

※定員に達し次第受付を終了させていただきます。

使用教材(受講料込)

  • 1〜3回:2019論文上級答練より抜粋
  • 4〜6回:江口講師・阿久津講師による<本試験予想問題>
  • 7回:阿久津講師オリジナルレジュメ

※配布物は、通学実施校の教室内で講義実施時にお渡しいたします。

受講料金

受講形態 回数 受講料(8%税込) 講座コード
通学一括 全7回 58,000円 MA19497
通学後半 4〜7回のみ 31,000円

※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

梅田駅前本校

2019高橋寛明の一問一答道場
〜これで論文試験の一行問題対策もその後の口述試験対策もバッチリ〜

2019年5月26日(日)

道場の詳細をみる

短答試験の後にはいよいよ論文試験がやってきます。
近年の論文試験においては、事例問題と一行問題が出題され、その中でも各規定や制度の趣旨等を出題する一行問題を苦手とされる方が非常に多いと感じています。
また、具体的に何をやっていけばいいのかという、対策方法についても納得のいく形で決まっていない方がほとんどだと思います。
そこで、私の方でみなさまのその問題を解決すべく「一問一答集」を作成しました。
本来、こちらの「一問一答集」は、口述試験対策用の想定問題集として作成されたものですが、上記論文試験対策における一行問題対策としても非常に強力な武器となります。
一行問題対策についての不安を取り除き、論文試験が終わってからも、引き続き口述試験対策としても活用していただける、この「一問一答集」をぜひこちらの道場で手にしてください。

講師の自信!受講すべき3つのポイント
1)「出題というトリガー」を提供する
受験生はみな努力して勉強していますが、その勉強の効果が著しく現れるのは、「出題」されることによりその対象に対して真の意味で「問題意識を持ったとき」です。こちらの道場で提供する「一問一答集」には幅広い対象に関する様々な種類の問題が準備されていますので、これらを使ってみなさまの勉強効果を飛躍的に高めてください。
2)「答える」という本試験の際に最も求められる行動を強化する
勉強して「わかっても」、問題が出た時に「できなければ」意味がありません。多くの受験生がテキストを読んだり講義を受けたりと、ただ「わかる」ためだけの勉強をしがちですが、一問一答形式で、常に「答える」ことを意識することで、最も大切な実際に「できる」という状態を構築することができます。
3)論文試験における一行問題対策から口述試験対策までを強力にサポートする
こちらの道場で提供する「一問一答集」は、本来、口述試験対策用の想定問題として準備されたもので、こちらを使って口頭練習するだけで口述試験対策が万全にできるようになっています。また、近年の論文試験においては、事例問題のみならず、各規定や制度などの趣旨等に関する一行問題も出題されますが、「一問一答集」にはそういった趣旨等もたくさん盛り込まれているので、論文試験における一行問題対策としても「これだけやれば大丈夫」という安心感を得られる、論文受験生にとって非常に強力な武器となります。

回数

全1回

実施スケジュール

5月26日(日)18:00〜21:00
講義85分−休憩10分−講義85分

実施本校

名古屋駅前本校

担当講師

定員

35名程

使用教材

  • 高橋講師オリジナルレジュメ(受講料込)
  • (第23版)産業財産権四法対照(PATECH企画)(別売り)

受講料金

受講形態 受講料(8%税込) 講座コード
通学 8,000円 MA19916

※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

持ち物

(第23版)産業財産権四法対照(PATECH企画)、6色マーカー

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

名古屋駅前本校

2019論文直前!高橋寛明の重要判例対策道場
〜これで判例に対する恐怖感が綺麗に取り除かれる〜

2019年6月16日(日)

道場の詳細をみる

令和元年の論文本試験において、受験生がたった一発で一気に危険な状態に引きずりこまれる事態が起こるとしたら、やはりそれは判例に関する出題があったときでしょう。
そこで、せっかくこれまでに多くの努力を積み重ねて勉強してきたあなたが、判例によって足をすくわれないようにするため、そして、しっかりとその努力を結実させて合格を掴み取るため、論文直前「重要判例対策道場」を行います。

講師の自信!受講すべき3つのポイント
1)重要判例を網羅できる
まず最初に、重要判例の内容を知らなければ、その内容について記載できないのはもちろんのこと、そもそも、題意把握すらままならず、何を書いていいのかが全く分からない状態となってしまいます。
また、苦し紛れに変なことを書いてしまったことにより、採点者の心証を悪くしてしまい、最悪のケースでは、その積極ミスにより一発不合格となるリスクさえあります。
したがって、ここでは、論文本試験に臨まれる受験生においては、最低限これぐらいは知っておかなければならない、逆に、多すぎてもその対策や実際の運用に困ってしまうので、バランスを崩さない範囲で大胆に絞り込みも行った、各種重要判例をご紹介します。
2)「抽象的対策」から「具体的対策」に昇華できる
多くの受験生は、講義の中で講師から話を聞いたり、書籍やレジュメを読んだり等して、判例の内容を勉強し、一定の理解をします。しかし、その状態と、論文本試験でスラスラと書けるようになるという状態には大きな隔たりがあります。
したがって、あなたの重要判例対策を、前者の「抽象的対策」から、「どういう項目を、どういう順番で、どういうキーワード等を使って記載するか」というところまで落とし込んだ、後者の「具体的対策」に昇華させます。
直前期ということもありますし、本試験では本当に何が起こるかわかりませんので、危急の場合には、「これだけでもいいよ」というレベルまで絞り込みを行った文章例もご紹介します。
3)論文本試験における抜群の安心感を獲得できる
一年に一度の試験ということもあり、とかく不安になることが山積みです。
そんな中、論文本試験中に参照可能な条文を見たところでどうにもならないタイプの問題となる判例の内容について、一覧性のあるレジュメにより、「一通りやりきった」とか、「しっかりと網羅した」という手応えが、グラグラしそうになる自分の心に抜群の安心感を与え、精神衛生上も非常に良好な状態を保つことができます。
この道場を通して、論文本試験までの時間や、実際の論文本試験中の時間においても圧倒的威力を発揮する、そういった心の平安を手にしてください。

回数

全1回

実施スケジュール

6月16日(日)17:30〜20:30
講義85分−休憩10分−講義85分

実施本校

名古屋駅前本校

担当講師

定員

35名程

使用教材

  • 高橋講師オリジナルレジュメ(受講料込)
  • (第23版)産業財産権四法対照(PATECH企画)(別売り)

受講料金

受講形態 受講料(8%税込) 講座コード
通学 8,000円 MA19914

※一切の割引制度・各種eクーポン・GO!GO!ポイントの使用はできませんので、予めご了承ください。

持ち物

(第23版)産業財産権四法対照(PATECH企画)、6色マーカー

お申込み

お申込みについては実施本校までお問合せください。

名古屋駅前本校

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP