0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2011年度合格
佐竹 隆史さんの合格体験記

合格者
一発合格

短期合格のための勉強法

佐竹 隆史さん

年齢 22歳
受験回数 1回
出身校 上智大学法学部在学中
受講講座 2011年度合格目標1年合格ベーシックコース(アウトプット完成付)
(新宿エルタワー本校/宮口クラス)

入門講座のカリキュラム・テキスト・講師について

入門講座では宮口先生が産業財産権制度の概要を初学者にもわかりやすいよう丁寧に教えてくださったおかげで、本格的な勉強に入る前に全体構造を鳥瞰的につかむことができました。先生の授業はとてもレベルが高く、論文基礎講座および短答基礎講座のクラスでは、過去問が中心で、ウェブで基本的な知識を学び、クラスで実践するという形式でした。今思い返してみると、この形式はすごくよかったです。先生は授業中受講生に対して指名して答えさせるため、できないと恥をかきます。これに答えられないと自分も悔しいため、勉強します。結果的に実力がぐんぐん伸びていきました。

また、LECのテキストはすごくよく作られていて、とても使いやすかったです。特に短答アドヴァンステキスト※と論文基礎テキストはとても役立ちました。短アドは2周まわしたのですが、それだけで短答試験の模試の点数が数段上がりました。また、論文基礎講座のテキストは論文試験前に繰り返し読むことで、条文にでていない定義などをインプットするのに役立ちました。

※短答アドヴァンステキストは現在の短答実戦力完成講座の使用テキストとなっております。

合格して思うこと

私は、一定の勉強量が確保できて、正しい勉強の仕方さえ見誤らなければ誰でも短期合格することができると思っています。ここで1番重要なのは優先順位の高いものから勉強するということです。勉強しているうちにどんどん深いところまでつっこんでいってしまうのはわかります。それが悪いことだとはいいません。しかし、使える時間が限られている状況で、そのようなマニアックな知識を得ることより、繰り返し出題される基本的な条文や定義を頭に叩き込むほうがはるかに効率的です。学者になるために勉強するのではなく、試験に受かるための勉強をするということを心がけるといいと思います。

自分で自分の勉強を振り返ってみて一番ためになったと思うことは、短答試験前に条文をそのまま読んだことです。私は周りの人よりも知識の絶対量は劣っていましたが、これのおかげで条文の正確さは身に付きました。

これから弁理士を目指す方へ一言

この試験は努力し続ければ必ず報われる試験です。信頼できる先生と励ましあえる仲間たちを見つけて、これから長い受験生活頑張ってください。

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP