0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

宮口流 トータルサポートコースの特徴

学習経験者目線の弱点強化学習 弱点になりがちな論点を重点講義

講師プロフィール

宮口 聡 LEC専任講師

[論文思考力修得講座]
新宿エルタワー本校 生講義/通信用講義担当

慶應義塾大学理工学部応用化学科卒業。大手防犯機器メーカー技術開発部門および知財部勤務を経て、現在、宮口特許事務所所長。
LECでの講師歴は年。 入門講座、論文基礎力完成講座、短答基礎力完成講座をはじめとする初学者向け講座から、学習経験者向け講座まで、また、「論文上級答練」「LゼミSpecial」などを歴任。

[短答エミネント講座][論文トリニティ講座]

  • 学習経験者を意識した重点講義 → 知識の凸凹を埋める
  • 3つの段階を踏んだ論文学習 → 短く書いて高得点を目指す
  • 圧倒的回数の講義 → 死角を作らず確実な合格を目指す

学習経験者がはまりやすい(エミネントな)分野を重点学習
弱点・重要論点網羅学習

短答

学習を続けてきた方であれば、すでに多くの知識を身につけていることと思います。ですが、その知識は好き嫌い、得手不得手によって、意外なほど凹凸しているものです。
本講座では、多くの受験生が特に苦手とする分野、理解が足りないと感じる分野はもちろん、試験に出やすい項目を重要度にあわせて濃淡をつけて学習していきます。

弱点・重要論点網羅学習

3つの編を通して、型、流れ、バランスの取り方、文章表現を指導
三位一体(トリニティ)学習

論文

1.趣旨対策編
短答・論文結果待ちでも、次の対策に繋がる一行問題での講義展開
小事例を中心に扱います。テーマが短いので短期間で一通りの確認ができますので、ウォーミングアップとして受講してください。短答結果待ちでも、論文結果待ちでも、本編は決して無駄にはなりません。
2.事例対策編
本試験に直結する、本格的な事例問題での講義展開
最近出題頻度が高まっている事例問題での対策を中心に講義します。本試験レベルの本格的な事例問題に触れることで、合格に直結する力を解放を修得します。
3.答案構成編
本試験を意識した問題演習を実施。短く書いて高得点を取るための講義を展開
宮口オリジナル問題で、本試験と同じ構成で問題演習を実施。講義では、短く書くための答案構成を伝授していきます。
三位一体学習

圧倒的な講座回数

短答論文

短答、論文共に、昨年のカリキュラムから大幅増。圧倒的な回数で、死角のない知識を身につける。

圧倒的な講座回数

一問一答集

短答

復習用教材の『一問一答集』。オリジナル問題集を講義と並行して活用していくことで、知識の定着へと導きます。

一問一答集

講師に訊く

どんな受験生が対象か?
ずばり、実力が伸び悩んでいる方です。ひととおり初級講座を終えたが、知識があいまいな方、学習を続けていて、いい結果を出せていない方など、はまっている負のスパイラルから、脱出して最終合格を勝ち取りたい方は是非受講をおすすめします。今年から、私が短答から論文まで担当しますので、ブレのない一貫した指導を提供していきます。
受験生へのメッセージ
昨年までは、論文講座のみ担当してきましたが、今年から短答と論文の両方を担当します。短答講座では、圧倒的回数で、合格に必要な知識を逐条的に網羅していき、論文講座については、今までどおり『短く書いて高得点を取る』ことを目指す、ブレのない指導方針です。私が短答対策と論文対策の両方をトータルサポートし、皆さんを最終合格まで導きます。

合格者からのメッセージ

「この先生、おすすめです!」

萩原 剛志さん
萩原 剛志さん 受験回数:3回
宮口先生は講義中に答案作成を実演されるなど、論文を書いたことがない人でも書き方がよくわかる指導をされます。宮口先生の一発書きの技術を身につければ、論文試験で時間内に書き終わらないことはなくなると思います。
山本 哲朗さん
山本 哲朗さん 受験回数:3回
宮口先生の講義を受講することで、独学で進めていたときにはわからなかった重要なポイントを効果的に理解することができました。また、蛍光ペンを多用するスタイルは、テキストが視覚的に一目瞭然に色分けされ、短時間で復習を行うことができました。
M・Kさん
M・Kさん 受験回数:3回
宮口先生は講義が分かりやすいだけでなく、受講生が座っている位置や、出席しているかについてまで把握されていました。自らの講義を通してたくさんの受講生を合格させたい、という揺るぎない信念を持っておられる先生なのだと思います。

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP