0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
柳 至朗さんの合格体験記

合格者

柳 至朗 さん(24)一発合格

ウェイウェイ大学生活から一転、LECで始めて新しい人生が始まりました!!

受験回数 1回
出身大学・学部 岡山大学法学部
主な受講講座 2018年新全日制本科コース[通学]

LECを選んだ理由

誘惑に弱い自分は、とにかく勉強だけに打ち込める環境をと思い、スケジュールが過密で一発合格を目指せる全日制本科コースのあるLECを選びました。
LECの合格者のポスターやパンフレットを見かけることもあり、自分もできるはずだと若気の至りで自信を持ち、まだなにも勉強してないのに、一発合格しますと公言して入会しました。
思えば恥ずかしい話ですが大口を叩いて自ら後には引けない状況を作ったことで覚悟ができました。

仕事との両立

勉強と実務とで通ずるものは多く、双方が刺激になりました。
現場で知識が直に活きること、法律家としてのやりがいを体感できることで、明確な目的意識を持って勉強に向き合えました。
現場で活躍するために早く試験に合格したいという気持ちがより一層強くなり、高いモチベーションを維持することができたので、いいバランスで双方取り組めたのだと思います。
受け入れてくれた先生方に恩返しできるようこれからがんばりたいです。

司法書士を目指した理由

勉強は二の次で、イベントやサークル活動、飲んで騒いでの学生生活に明け暮れていた自分でしたが、法律家への憧れと、学生活動の経験から地域を盛り立てる仕事がしたいとの思いはありました。
漠然とした思いはありながらもズルズルと踏ん切りがつかない中でどこかで変わらなければと思っていた時に、たまたまその時の巡りあわせやタイミングで、司法書士という資格に行きつき、これになろうと決めました。

新全日制本科講座の感想

月水金の講義日程に合わせて火木に司法書士補助者としてのアルバイトを入れていたので、講義と実務とを交互にこなすスケジュールで一年間学習しました。
生活のリズムも環境も大きく変わりましたが、同時中継の講義スケジュールに合わせて通学することで自然とすぐにサイクルが確立できました。
また、学習のペースが掴めてきてからは、同時中継ではなく自由に停止再生できる欠席Webフォロー制度を使って、受講する時間帯や休憩のタイミングなどその日その日のコンディションやモチベーション、科目によっての理解度に合わせて調整しながら受講しました。
手探りでありながらも、根本先生や岡山校のスタッフの皆さんに随時相談に乗ってもらいながらの毎日でしたので過度な焦りや不安を持つことなく、取り組めました。
とにかく気になることは何でもすぐ聞けるというのがありがたかったです。
演習に入ってからは毎週答練の後に担当スタッフの杉浦さんに一週間の総括やその科目の感覚、取り組む中で思うことなど話を聞いていただき、根本先生にも同様のお話を聞いていただいていました。
ひとつひとつの結果について、向き合い、整理し、発信することで力がついたと思います。
全日制本科コースは、わかりやすいリードと手厚いフォローで、一年間で本当に合格レベルまで力がつく充実したカリキュラムでした。

フォローアップ制度の良かった点

講義を繰り返し視聴できたので、知識の抜けが早く感じた科目は時期を開けて2倍速で視聴し直していました。
科目によっても自分に合った学習方法は違ったので、インターネットフォロー制度があることで、時間や場所を問わず学習方法の選択肢が増え、色々試すことができたので良かったです。
振り返ってみるとフォローアップ制度にはとても助けられたなと感じます。

通学することのメリット

決まった時間に通学することで学習のリズムが掴めること、気になることは先生やスタッフの方にすぐ聞けることが良かったです。
話すことで気づく勘違いや覚え間違いもあり、特に学習初期は通学にして本当に良かったです。
ただ、隙間時間や通学時間を有効活用できず持て余すことがあり、その点は通学の難しいところだと感じました。
バスや電車との兼ね合いもあり、主要科目のインプットが終わったタイミングで自宅中心の学習に切り替えましたが、アルバイトの帰りや週末などにも気軽に質問や気分転換に立ち寄れる環境で整っていることはとても心強かったです。

答練の良かった点や学習への役立て方

精撰答練[実力養成編]は、該当範囲を一週間で仕上げる感覚が自然と身に付き、科目ごとの自分自身の仕上げ方を意識するようになりました。
勉強時間ではなく、取り組む内容でスケジュールを組み立てるようになり、勉強の質が上がってきたと感じたのも答練をこなす中でのことでした。
また、毎週答練の結果を根本先生に報告するとともに、他の全日制クラスの受講生の方の点数や、以前一発合格した人の点数の推移などの情報をもらい、明確な比較対象がある中で、負けたくないと競争意識で熱くなる部分と、この時点での各科目の仕上がりが合格ラインに対してどうなのか今後どう仕上げていくかという冷静になる部分と、思えばその繰り返しを本試験の半年前から当然の習慣になっていたなと思います。
今思えばよくモチベーションが続いたなと思いますが、毎週毎週の答練があったからこそのものだったと思います。

模試の良かった点や学習への役立て方

直前期の模試を受けて一番感じたのは、少しの出来栄えの違いで大きく順位や判定が変わるということでした。
実力があるのは当然で、いかに仕上げてその日を迎えているかで合否が分かれるということを感じさせられました。
どうしても模試の結果に一喜一憂してしまうし、模試より過去問優先との思いもありこれまでのリズムを崩さず自分なりにしっかり仕上げれば大丈夫だと、直前期の模試はほとんど受けていませんでした。
結果的に合格できましたが、初受験だったこともあり本番は過去問以上に難しく感じ、過去問の傾向にない応用論点も当然出題されたので、本番に即した時間割での過ごし方など慣れることも含め、もっと模試にぶつかっていくことは必要だったなと試験後に思いました。
ただそこまでの余裕がなかったので、模試にも十分臨めるだけのレベルに達するまでは当時まだ仕上げれてなかったんだなと思い、模試を活用しきれなかったことを後悔しました。

根本講師のここが良かった

根本先生の講義は実体法の感覚が掴みやすく、導入部分から発展論点まで広くカバーできる一貫性のある表現で伝えてくださるので、講義のイメージがそのまま最後まで活きていました。
自分で学習の幅をおもむろに広げていくよりも、講義での根幹の論点を繰り返し上塗りすることで徐々に新しい気付きも増え、自然と幅のある学習になっていました。
根本先生の言うことをきっちりとしていたら合格するという合格者の方々のお話の通りだったと改めて思います。
岡山校の荒川先生はとにかく色んなお話に付き合ってくださいました。
実務と勉強とを上手く相乗できたのは、その間に感じる些細な疑問をすぐ荒川先生に相談でき、消化できていたからです。
勉強のことはもちろん、実務の話や、一発合格した先生ご自身の経験談など、親身になって話してくれる先生の存在はとても大きかったです。

これから司法書士試験合格を目指す方へのアドバイス

司法書士試験に限ったことではないかもしれませんが、大きな目標に向かってひたすらに打ち込む経験は自分を大きく変えてくれました。
受験勉強中の、自分自身と向き合う時間の中で気付かされることは多く、支えてくれる周囲の環境へのありがたみを強く感じる日々でした。
人それぞれ感じるものは違いますが、今だからこそ気付くことや今だからこそ感じられるものを大切にしてください。

私の合格Getアイテム

色紙
色紙
祖母が勉強部屋に飾ってくれていたものです。合格の報告を聞いて心から喜んでくれた祖母の顔とともに、心に残る景色です。
合格者体験記・合格座談会
2018年度 合格体験記 2017年度 合格体験記 2016年度 合格体験記 2015年度 合格体験記 2014年度 合格体験記
一発合格者がLECを選んだ理由とは
2019年合格者に聞く 2018年合格者に聞く 2017年以前の合格者に聞く
合格者からのメッセージ
2019年度 合格者からのメッセージ 2018年度 合格者からのメッセージ
関連コンテンツ
LECで学んで1位合格 2019年度 最年少合格者インタビュー 2016年度 最年少合格者インタビュー

PAGE TOP