0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2018年度合格
大石 翔子さんの合格体験記

合格者

大石 翔子 さん(26)短期合格

海野先生を信じて

受験回数 3回 ※お試し受験含む
出身大学・学部 関西大学法学部
主な受講講座
  • 2018年精撰答練レギュラー記述強化パック
  • 2017年実践力PowerUpオールインワンパック
  • 2016年精撰答練秋レギュラーパック

司法書士を目指した理由・きっかけ

元々法学部に入学したきっかけが、文系の学部の中で「一番潰しが効きそうだから」だった私は、夢や希望や将来の展望も見つけらないまま漫然と学部の4 年間を過ごし、いつの間にか就活シーズンに突入してしまいました。とりあえず周りに合わせて企業研究を始めてみたはいいものの、当時、就活市場でも名高い大企業の相次ぐ倒産を目の当たりにし、このまま何のスキルや強みを持たずに就職し、ただ会社に寄りかかるような生き方を選んでいいのだろうか、そのうち簡単に会社に切り捨てられてしまうのではないか、と不安になったのがきっかけです。

LECを選んだ理由

何よりもまずはその母数の大きさです。司法書士試験合格者の多くがLEC出身者だと知り、加えて模試の受験者数も業界最大規模であったため、本試験の出題や他の受験生の傾向などについてのより正確なデータを得ることができるだろうと考えたからです。また、受講相談に対応してくださったスタッフの方々も私の当時の状況を踏まえ、懇切丁寧に私に合ったコースを提案してくださったこともLECを選んだ理由の一つです。

中上級講座についての感想や良かった点

海野講師のハキハキした小気味よい喋り方と、多彩な表現、豊富な語彙力に惹かれて実践力PowerUp講座を受講することに決めたのですが実際に受講して何度も何度も先生の講義を聞いているうちに、徐々に先生の言葉が頭に焼き付いて、先生の表現、解釈、言葉の端々まで自分の中に浸透していくのが分かりました。また、なかなか暗記しにくい判例や条文の帰結などもわかりやすく一言のフレーズのようにまとめて何度も耳に残してくださるので、短期間ですんなりと定着しました。海野クラス生の中には「本試験で解答に迷ったとき、心の中の海野先生と対話して答えが出せるようになる」という言説がまことしやかに囁かれていたのですが、あながち嘘ではないと思います。

答練についての感想や良かった点や学習への役立て方

答練も時期に合わせて難易度が変動すると思いますが、すべての答練を通して言えることは復習に力を入れることです。年明けまではとにかく基本的な重要論点を落とさないように知識の定着を第一に、ある程度の基礎力がついた後は総ざらいを並行させつつ未出論点への対処法を身につけていく気持ちで受講すると良いと思います。復習についてですが、択一に関しては答練で間違えた個所は必ずテキストにマークしたり、載っていなければ書き足して情報の一元化を常に意識していました。

公開模試についての感想や良かった点や学習への役立て方

LECの模試はとにかく受験人数が多いため、全国のライバルたちの習熟度を把握するには一番だと思います。記述の問題もとてもよく作りこまれていて、本試験での難問の出題に心を折られないようにするための良いトレーニングになりました。直前期になればなるほど模試の成績に一喜一憂しがちだと思います。成績が思わしくなく、不安になった時もありましたが、解説講義で先生方がフォローをまめに入れて下さるので点数を悲観しすぎることなく客観視しながら、弱点部分の対策を立てることができました。

海野講師のここが良かった。

海野先生はとにかく面倒見のよい先生です。面倒見がよすぎて先生の体調が心配になるくらい、私たち受験生の勉強だけでなくメンタルにも寄り添って最後まで全力で応援してくださいました。どんなに全力で勉強しても試験勉強には完璧や終わりというものはありません。私も同じでした。直前期、合格に近ければ近いほど不安になってきます。何の根拠もなく落ちるような気がしたり、点数が急に下がって絶望したり、眠れなくなって勉強が手につかなくなったり…。そんなときも何度も相談に乗っていただいていました。本試験の最中に最後の最後で答えに迷うとき、そんなときは心に一人、信じている講師の先生がいれば、あと一押し戦える勇気が湧いてきます。先生はその勇気をくださいました。

これから司法書士試験合格を目指す方(学習を始める方)へのアドバイス

早くよく伸びる人ほど素直な人が多いです。プロである先生のアドバイスを忠実に守り、カリキュラムをこなすことが合格への一番の近道だと私は思います。まずは先生を信じ切って取り組まれてみてください。自分流はそれから作るものです。あなたの師を信じて、合格へ突き進んでください。

合格者体験記・合格座談会
2018年度 合格体験記 2017年度 合格体験記 2016年度 合格体験記 2015年度 合格体験記 2014年度 合格体験記
一発合格者がLECを選んだ理由とは
2019年合格者に聞く 2018年合格者に聞く 2017年以前の合格者に聞く
合格者からのメッセージ
2019年度 合格者からのメッセージ 2018年度 合格者からのメッセージ
関連コンテンツ
LECで学んで1位合格 2019年度 最年少合格者インタビュー 2016年度 最年少合格者インタビュー

PAGE TOP