0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

佐藤 卓也 LEC専任講師

LEC専任講師

弁理士試験受験界の生きる伝説。多数の合格者を輩出してきたスキルを惜しみなく伝授!

Satou Takuya 佐藤 卓也 LEC専任講師

1988年中央大学法学部法律学科卒業。
同大学大学院法学研究科 民事法博士課程前期修了。
大日本印刷株式会社の知的財産権本部に勤務。
1997年弁理士試験合格。
第一東京国際特許事務所にて実務に従事、日本弁理士会委員会委員長・副委員長を経験する側ら、LECで初学者向け講座を担当し、現在もメイン講師として活躍中(講師歴年)。
その抜群の法的センスと情熱で多くの受講生を短期合格へ導いている。「短答アドヴァンステキスト」の生みの親でもある。

著書
ケータイ弁理士Ⅰ 特許法・実用新案法 三省堂
ケータイ弁理士Ⅱ 意匠法・商標法 三省堂
ケータイ弁理士Ⅲ 不正競争防止法・著作権法・条約 三省堂
著書
体験動画はこちら
佐藤卓也講師

弁理士試験の難化傾向がますます顕著になってきました。このような試験動向の中では、特に時間のない社会人受験生の場合、まずは短答試験を突破し免除を勝ち取るというのも、一つの試験戦略と言えるでしょう。

本コースは、通学クラスの実施に先立ち受講することのできる入門エッセンシャル講座で、まず知識のコアを構築し、その上で、通学で単元別さらに逐条別に重要な部分を2回転分重ねて肉付けすることで、正確で忘れにくい知識体系を短期間で構築することが可能なカリキュラムとなっています。

私が講座の中で特に力を入れて指導をしている『解答を導き出す力』の養成は、必ずや、短答試験の短期突破、ひいては論文合格の足がかりとなることでしょう。

確実に、そして着実に短答試験に合格したいという方は、是非、本コースをご検討ください。

初学者向け講座案内

担当講座

  • 1年合格ベーシックコース WIDE
  • 短答速習コース

生講義実施校

入門エッセンシャル講座
配信開始日

お申込後随時

生講義開講日

※当日は無料にて講義を体験いただけます!

2018年9月29日(土)14:00

学習経験者向け講座案内

担当講座

  • 青本解釈指南

配信開始日

2018年5月18日(金)〜

佐藤卓也講師をもっと知る

佐藤卓也のここがポイント

  1. 表面的な知識やテクニックではなく条文のコアを教えるので、どのような問われ方をしても正解に到達できます。
  2. 高度な内容も早い段階から講義内容に盛り込みますので、上位合格を狙った試験勉強が可能です。
  3. 基礎知識の確認から更に掘り下げた内容や発展知識まで説明する弁理士受験界の最高レベル「プレミアム生講義」を展開します。

佐藤クラス出身合格者の声

合格者
北岡 瞬 さん
2017年一発合格
理系の私には文系の佐藤先生の講義は難しいのではないかとの不安はありましたが、全体像の基本的な解説から徐々に各論に入っていくスタイルで、問題なく講義についていくことができました。もちろん、予習・復習は不可欠ですが、これについていくことができれば上位合格間違いなしの非常に高いレベルの講義でした。
合格者
T・S さん
2016年一発合格
佐藤先生は「法律は暗記ではなく理解である」点を強調され、「なぜこのような規定があるのか」「この条文はどのような場面で適用されるか」を丁寧に説明してくださいました。このような説明は脳に定着しやすく、理屈で物事を理解したい私にはぴったりでした。短答基礎力コンプリート講座は特に素晴らしかったです。
短答アドヴァンステキスト&その生みの親である佐藤先生の講義により、近年難化している短答試験を突破することができました。これが無ければ私の短期合格は無かったと言っても過言ではありません。
合格者
廣瀬 郁夫 さん
2015年一発合格
佐藤先生の講義は知的財産権法の面白さを味わいつつ、弁理士試験に必要な知識や考え方を余すことなく得ることが出来るものでした。私は特に入門講座を折に触れて何度も何度も聴き直しましたが、コースが進んで法律相互間の関係性が分かり比較が出来るようになった上で聴くと、最初の頃はそんなものかな、と思って聞き流していた話に深く納得をすることができ、感動すら覚えるほどでした。

Special Interview —佐藤卓也講師ってこんなヒト—

受験生時代のエピソードを教えてください。

弁理士講座とその教材をつくるアルバイトをしていて、それがプロの意識を涵養するのにつながった。

受験生時代からアルバイトでLECで弁理士講座の教材に携わっていてね。その頃は、弁理士試験の対策講座(以下、弁理士講座)の教材は今ほど充実したものはなかったから、「自分が作っていくんだ!」という自負をもって取り組んでた。だから、弁理士試験に合格してからも続けていたね。講師になろうって思ったのも、この経験があればこそで、弁理士講師のプロたるものを確立しようと思ったきっかけにもなった。

弁理士資格を取得しようと思ったきっかけは?

仕事に忙殺される中、知財を極めたかった。

当時務めていた会社で、私は新卒採用第1期生で、知財部に配属されたんだけど、夕方4時から本格的に仕事が始まり、夜中0時に帰宅となかなかハードだった。そんな中で、しっかり知財の仕事を極めたかったのがきっかけ。

講師になったきっかけは何ですか?
佐藤卓也講師インタビュー画像1

弁理士講座の講師のプロたるものを示し、正規の職業として確立したかった。

合格してからも、よりいい講座、教材を作りたいと、実務をやりながら続けていたら「講師をやらないか?」と声がかかった。当時、私が知る限り、弁理士講座の講師を本業としてやっている人はいなくて、一時的なアルバイトとしてやるのがほとんどでね。だから、これまで弁理士講座や教材を制作してきた自分は向いていると思ったし、自分が弁理士講座の講師の地位を確立するんだ!と講師になる決意をしたんだよね。

講師をやりはじめてからは、弁理士の講師を正規の職業として認知してほしい、弁理士講座の講師のプロたるものを示したい、という思いが日に日に募って、自分の講義をテープで何度も聞きなおして、講義内容はもちろん、話し方、スピードとか細かくチェックして、どうしたら一番いいのか、試行錯誤を重ねてきた。

今でこそ弁理士が弁理士講座の講師を本業にするのは「普通」になっているけど、自分がその道筋をつけられたっていうか、弁理士講師の地位の確立に少なから貢献できたんじゃないかと思ってる。地位というと大げさに聞こえるかもしれないけど。

講師業でやりがいを感じるのはどのようなときですか?

多くの教え子が弁理士として活躍しているのが何よりもうれしい。

かれこれ10年以上講師をやってきて、多くの教え子が弁理士になって活躍している。最近は、公職に付いたりしてきているんだよね。それに伴って、弁理士講座の講師が正規の職業として認められてきていて、嬉しいよね。

休日はどのように過ごしてリフレッシュしていますか?

子どもの野球している姿見たり、家族で何でも話したりしているのがいいね。

子どもが野球、サッカーなどスポーツが好きでやっているんだけど、そういうの見るのは楽しい。あと、普段から、家族で食事の時とか、みんな話したい事をずっと話したりしているんだけど、何でも話してるから、そういうのがくつろげる。あとは、毎年、春に家族と海外旅行に行くのも楽しみのひとつ。

講師をやっていなかったら、何をしていたと思いますか?
佐藤卓也講師インタビュー画像2

歴史の研究者。今でも、いつかは本格的に勉強したい。

自分の家系が織田信長に関係していることもあって、昔から歴史、日本史には関心を深めていった。大学は法学部だったけど、法制史を専攻にしていて、大学院まで行ってその道の研究者になろうと大学院への進学を考えたんだけど、付いていた教授が留学してしまうことになり、研究室に残ることを断念。ただ、今でもいつかは大学院で歴史を学びたいと思ってる。

自分の性格を一言で表すなら?

アバウト

よく細かい、神経質のように思われるんだけど、家族などからは大らかというようなこと言われてる。

好きな言葉や座右の銘は?

勉強、スポーツは裏切らない

勉強もスポーツも結果はすべて自己責任。これは受講生にもよく言っていることなんだけどね。だから、いい。

おすすめの本は?

日本近世史関係の本。

先に述べたとおり、歴史学者になりたかったくらいなので。日本の近世史、江戸初期あたりが好きで、その関係の本をよく読んでるね。大河ドラマも欠かさず見てる。

お仕事必須アイテム

万年筆

試験で使用することがきっかけで、講師になってからも使用する機会が多かったことから、コレクションはなんと数十本!とか。よく使うのはこの2本。手が疲れたとき用のものと分けているんですって。

お仕事必須アイテムiPhone・スマートフォン お仕事必須アイテムiPhone・スマートフォン

弁理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitter
  • youtube
  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP