0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

矢島ゼミ

矢島ゼミ

\ 2018年合格目標 矢島ゼミ合格実績 /

  • 2018年合格目標 矢島ゼミ
  • 司法試験受験資格者11名中7
    2018年度司法試験に合格! 【合格率63.6
  • 2018年度司法試験試験合格率 29.1%

効率的&親身な理由とは

  • 1個別指導
  • 2オリジナル問題等による答案作成特訓
  • 3穴埋め形式のオリジナル論証教材で効率的にキーワードを確認
  • 4過去問題による答案添削
  • 5短答試験の過去問小テスト

矢島ゼミ1日のスケジュール

①個別指導
ゼミ開始前の時間帯:1人8分
[12:00〜14:30]

ゼミ生の個性に合わせた適切な受験指導

1回前のゼミの論文過去問答練で作成した答案を素材にして、矢島講師がゼミ生1人につき8分間の個別指導をし、ゼミ生個人の学力や可処分時間などを踏まえて、各人の個性に合った合格に最も効率の良い学習方法の掲示をしていきます。試験を知り尽くしている矢島講師から直接アドバイスを受けることで、効率のよい受験対策を実現することができます。個別指導は、第2回のゼミから個別ブースで実施します。詳細は第1回目のゼミの際に説明します。

②論証修得その他学力補強ゼミ
約90分
[15:00〜16:30]

合格に必要な基礎学力を固める

矢島講師がこのゼミのために作成したオリジナル教材を用いて、重要基本論点の論証を理解した上で、記憶してもらいます。オリジナル教材は、論証例の文章に含まれるキーワードを穴埋めにしているので、キーワードの記憶がきちんとできているかを効率よく確認することができます。これによって何をどのようにすればよいかが明確に分かるようになるので、効率よく合格答案を作成するのに必要な論証能力を身に付けることができます。
また、必要に応じて、試験で出題されそうな最新判例や新しい論点を紹介したり、最重要論点の深い理解をするための知識の補強ゼミを実施したりします。

③過去問答練・ゼミ
答練と解説のゼミ:合計時間 約120分
[16:30〜18:30]

試験考査委員が合格答案に求めるものを把握する

司法試験の論文過去問のうち、2019年度の試験に合格するのに役立つ問題を用いて答案作成練習をします。問題文は、40分から60分程度で解答できるものに改題します。答練の時間終了後は、矢島講師がゼミ生と同じ席で一緒に手書きして作成した答案を配布した上で、問題文の事実の使い方など、独学では身に付けるのが困難な能力を修得できるよう指導していきます。ゼミ生が作成した答案は、矢島講師がリクエスト添削用紙を用いて、AからFまでの評価(本試験同様)コメントを付けて添削し、翌週の個別指導の際に返却します(参考になる優秀答案がある場合のみ追加配布します)。このリクエスト添削用紙には、ゼミ生が特に重点的に添削してほしい部分や、アドバイスがほしい点、質問事項などを書き込めるようになっています。

④答案作成特訓
答練と解説ゼミ:合計時間 約120分
[18:30〜20:30]

初見の問題を一定時間内に処理する訓練

初見の問題一定時間内に処理する能力を鍛えるために、ゼミのオリジナル問題及び過去の答練や司法試験の過去問を改変した問題を用いて答案作成をしていきます。答案作成特訓の際は、矢島講師もゼミ生と同じ席で一緒に答案を手書きで作成した上で、時間終了後に矢島講師の答案のコピーを配布して、時間内に作成可能な現実的な答案を書くためのコツを修得するための解説ゼミを実施します。

⑤短答テスト
短答テストと解説:約30分
[20:30〜21:00]

後回しになりがちな短答試験の学習を継続的に実行

予め出題範囲を指定した上で短答試験の過去問を用いて小テストを行います。小テスト終了後に矢島講師が解答に必要な重要知識や解答をするためのコツを説明します。なお、予習用に平成28年度から平成31年度までの年度別の過去問集を事前に配布します。

  • ※民法は改正法に対応済みです。
  • ※実際に使用する過去問集の表紙とは異なります。

担当講師

LEC専任講師

受験指導を生きがいとする熱血漢

Yajima Junnichi 矢島 純一 LEC専任講師

最終学歴 明治大学法科大学院
保有資格 司法試験合格(2010年)
担当
  • 矢島の速修インプット講座
  • 矢島の論文完成講座
  • 矢島のスピードチェック講座
  • 矢島の最新過去問&ヤマ当て講座
  • 矢島の短答対策シリーズ
  • 矢島の新傾向対策講座 他
矢島講師のオリジナル講座ページへ

講師メッセージ

試験に合格するには答案を書いて添削を受けて、題意に沿った説得力のある答案をかけるようになるまで、徹底的に弱点を修正し、必要に応じて正しい思考方法を修得していく必要があります。矢島ゼミでは、こうしたことを実現してもらうためのプログラムを用意しています。ゼミの中の答練では、私もゼミ生と同じ席に座って一緒に手書きで答案を作成します。1人で受験勉強を続けていると気分が乗らないときもでてくるかもしれませんが、私を良きライバルだと思って、日々刺激を受けながら本試験まで計画的に学習を続けていってもらえればと思います。合格に必要な能力を修得できるように、私が責任を持って最善の指導をしていきますので、大船に乗ったつもりでゼミにきてください。

矢島講師ページへ

矢島ゼミ出身!2018年司法試験合格者

ともに議論できる!現実的な合格答案のイメージができる!

2018年司法試験合格者

野口 大さん

年齢 32歳
大学 慶應義塾大学(法学部)
法科大学院 九州大学法科大学院(既修)
受験資格 法科大学院修了
司法試験受験回数 3回

野口 大さんの合格メッセージ 続きを読む

ともに議論できる!現実的な合格答案のイメージができる!

矢島ゼミの良い点は、何と言っても矢島先生がゼミ生と全くの同一条件で答案を書き、矢島先生の答案とゼミ生の答案をもとに議論できる点です。そのため、本当の現実的な合格答案のイメージが毎回つかめます。私は、毎回手に入る矢島先生の答案やゼミ生の優秀答案を移動時間や隙間時間に何度も読み返し、現実的な合格答案のイメージを頭の中に叩き込んでいました。次に、毎回ゼミが始まる前に、矢島先生に面談で個別指導していただけるのも良い点です。答案の良いところを指摘していただけると自信になりますし、改善点を指摘していただけると次はしっかりやろうと気持ちが入るので毎回の個別指導は楽しみでした。さらに、ゼミでは過去問以外にも毎回2通ほど答案を書いていましたので、初見の問題への対応の仕方も学べますし、勉強体力のようなものもしっかりつきます。本試験では論文最終日、ゼミで徹底的にやった問題とほぼ同じような問題が出ました。自分でも初めて納得のいく答案が作成できて、試験会場で矢島ゼミを受講していて本当に良かったなと思いました。矢島ゼミなくして、私の合格はなかったと思います。

より実践的な答案例を学べる

2018年司法試験合格者

F・Tさん

年齢 30歳
大学 私立大学(法学部)
法科大学院 私立法科大学院(既修)
受験資格 法科大学院修了
司法試験受験回数 2回

F・Tさんの合格メッセージ 続きを読む

より実践的な答案例を学べる

ゼミ内では、矢島先生も受験生と一緒になって制限時間内に答案を書いてくださるので、より実践的な答案例を学べる点が良かったと思います。また、答案作成後、すぐに解説があるので答案作成時の疑問点をすぐに確認できる点も良かったと思います。とくにゼミだとその場で納得いくまで質問ができるので、論文の書き方のみならず、知識面の補完にもなるので良かったと思います。さらに、ゼミは4月中旬まであるので最後までペースメーカーとしても利用できる点も良かったと思います。

合格答案の相場感を養うことが大きく役立った

2018年司法試験合格者

T・Kさん

年齢 24歳
大学 慶應義塾大学(法学部)
法科大学院 東京大学法科大学院(既修)
受験資格 予備試験合格
司法試験受験回数 1回

T・Kさんの合格メッセージ 続きを読む

合格答案の相場感を養うことが大きく役立った

予備試験合格後から司法試験までゼミに参加していました。週に一度6時間というかなりハードなものでしたが、とても力になるゼミでした。先生がその場で一緒に答案を書いてくださるので、それと自分の答案を見比べて、ここは書くべき、ここは書かなくてもよい、といった合格答案の相場観を養うことができました。また、ゼミでは典型問題を何回も行うので、自分がいかに典型問題を何となく理解していただけだったかを痛感させられました。典型問題に深い理解をして、合格答案の相場感を養うことは司法試験に大きく役立ったと思います。

※掲載年齢について
本合格者メッセージに記載されている年齢は出願時を基準としています。

矢島ゼミ 実施スケジュール

  • ※12:00〜14:30の間に個別ブースにて口頭添削を行います(初回は除く)。
  • ※12:00〜15:00は、教室を自習室として開放します。
矢島ゼミ 実施スケジュール

※実施スケジュール・講義内容については、事前の予告無く変更する場合がございます。予めご了承ください。

カリキュラム

矢島のゼミ付スペシャルコース

水道橋本校限定申込 先着定員12名

矢島のゼミ付スペシャルコース カリキュラム図

短答・論文対策のインプット・アウトプット講座全てが揃ったオールインワンの『短答論文フルコース』と効率的&親身な合格法を伝授する『ゼミ』がセットになったコースです。

短答論文フルコース

受講料(8%税込)

一例
ゼミ付スペシャルコース 558,050円(8%税込)

内訳
短答論文フルコース(通学Web受講)[講座コード:LA19701]
9月末までの早期割引価格 268,050円
矢島ゼミ(生クラス:全17回)[講座コード:LA19558]
短答論文フルコース同時申込特別価格 290,000円
  • 短答論文フルコースと矢島ゼミの同時申込みなら、
    『矢島ゼミ』の受講料 一般価格340,000円 → 特別価格290,000円
    50,000円お得にお申込みいただけます!
  • ※上記受講料は、『短答論文フルコース(通学Web受講)』の9月末迄の早期割引価格と矢島ゼミを同時申込みした場合の価格です。受講形態・申込時期によっては価格が異なりますのでご注意ください。受講料の詳細は、LEC水道橋本校までお問い合わせください。
  • ※矢島ゼミのお申込みには、短答論文フルコース同時申込特別価格以外の各種割引制度・GO!GO!ポイントはご利用いただけません。
  • ※矢島ゼミ単独でのお申込みは、受付けておりません。
矢島ゼミ申込条件
●ゼミ付スペシャルコースのお申込みは水道橋本校窓口でのみ受付いたします。(矢島ゼミ単独でのお申込みは、受付けておりません。)
●矢島ゼミの特別価格は、短答論文フルコース(矢島のインプット4講座)通学受講と同時申込みの際に適用されます。
●矢島ゼミ 生クラスの定員は12名です。受付は先着順で定員になり次第、販売を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。

お申込方法

水道橋本校窓口にてお申込下さい。

水道橋本校

特別公開講座 予約不要参加無料

矢島講師による特別公開講座(生講義:水道橋本校)にお越し下さい!

LEC専任講師

担当講師:矢島純一 LEC専任講師
明治大学政治経済学部卒業、裁判所事務官、裁判所書記官として司法行政や裁判実務を経験。その後、明治大学法科大学院既修者コースを修了。弁護士(東京弁護士会)。毎年、論文試験や短答試験の過去問を徹底的に研究し、試験の合格に役立つ講座を自ら企画し、自らの主要講座で使用するテキストも毎年自ら改良し続けている。
ゼミでは自ら受講生と机を並べて答案を手書きし、その場でその答案を用いてフレッシュな思考方法を伝授している。合格を諦めずに頑張りたいという受験生を最後まで支えるためにLECの講師を続けている。

矢島講師ページへ

2019年度司法試験 矢島の刑法・刑事訴訟法の答案分析会

講師
LEC専任講師矢島 純一 LEC専任講師
日時 形態
2019年5月25日(土)17:00〜21:00
概要
答案分析会 17:00〜19:10
直近の合格者が作成した2019年度の刑事系科目の推定上位答案を用いて、矢島講師が、日頃の司法試験の研究分析を活かして、どこが本試験で評価されるのか徹底解説します。本番の試験で求められていることを把握し、今後の受験対策につなげてください。
試験後の過ごし方 19:10〜19:30
これから合格発表までにやっておくべき学習内容について矢島講師がアドバイスをします。その後、スタッフが無料体験講座等のご紹介をいたします。
個別相談会(予約制・1人15分) 19:30〜21:00
矢島講師が、学習方法や受験生活上の悩みなどについて個別相談にのります。事前予約を希望する方は、水道橋本校にご連絡ください。空きがある場合は、当日予約も承ります。待ち時間を利用して、合格者による基本知識の解説も予定しています。
実施本校
水道橋本校
同時中継校

矢島の『基本知識のインプットと短答過去問チェック』シリーズ

講師
LEC専任講師矢島 純一 LEC専任講師
日時 形態
憲法:2019年6月2日(日)14:00〜16:00
刑法:2019年7月7日(日)14:00〜16:00
民法:2019年8月12日(月・祝)14:00〜16:00
概要
【憲法】6月2日(日)14:00〜16:00
憲法の重要テーマについて、まずは、重要基本知識がしっかりと身に付くよう丁寧な講義をします。講義の最後に、講義中に解説した知識を活用して解答することができる短答試験の過去問を用いて、知識の定着度のチェックをします。その際、インプットした基本知識をどのように使えば短答試験で正答できるのかということを丁寧に解説します。この講座で刺激を受けて、早めに受験対策を始めるきっかけにしてもらえればと思っておりますので、 是非ご参加ください。
【刑法】7月7日(日)14:00〜16:00
刑法の重要テーマについて、まずは、重要基本知識がしっかりと身に付くよう丁寧な講義をします。講義の最後に、講義中に解説した知識を活用して解答することができる短答試験の過去問を用いて、知識の定着度のチェックをします。その際、インプットした基本知識をどのように使えば短答試験で正答できるのかということを丁寧に解説します。この講座で刺激を受けて、早めに受験対策を始めるきっかけにしてもらえればと思っておりますので、是非ご参加ください。
【民法】8月12日(月・祝)14:00〜16:00
民法の重要テーマについて、まずは、重要基本知識がしっかりと身に付くよう丁寧な講義をします。講義の最後に、講義中に解説した知識を活用して解答することができる短答試験の過去問を用いて、知識の定着度のチェックをします。2020年度の試験から新しい民法が出題されるため、教材や解説講義は新民法に対応しております。新しい民法で受験対策をしたいという方、是非ご参加ください。
実施本校
水道橋本校
同時中継校
【憲法】
【刑法】
【民法】

論文過去問の答案の書き方講座

講師
LEC専任講師矢島 純一 LEC専任講師
日時 形態
2019年9月15日(日)14:00〜16:00
概要
司法試験の論文過去問を題材に矢島講師作成の解答例を用いて合格答案の作成のコツを解説していきます。この講座を利用して合格答案の書き方を徹底的にマスターしてください。
実施本校
水道橋本校
同時中継校

特待生試験

日時
第1回:2019年6月8日(土)19:00〜19:30
第2回:2019年6月15日(土)17:00〜17:30
第3回:2019年6月16日(日)17:00〜17:30

特待生試験

PAGE TOP