0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2014年度合格
大石 有里子さんの合格体験記

合格者

目標を近くに設定することで、モチベーションの維持を図りやすく、とても良かったと思います

大石 有里子 さん

公認会計士を目指した理由と時期

司法書士有資格者として商業登記に携わる仕事をしていた時に、会社の数字をきちんと読むことのできる力を身に着けたいと思いました。最初は簿記、税理士、会計士のどの勉強をはじめようか迷ったのですが、せっかく勉強をするのなら会計のスペシャリストになりたいし、法律と経済の両方が分かるようになれば、より将来の仕事の選択肢を増やすことにつながって面白いのではないかと考えました。今振り返ると、本当に漠然とした動機と勢いで勉強を始めたなと思います。

LECを選んだ理由

私がLECを選んだ理由は、「まず短答式試験の合格を目指そう」という、短答式試験と論文式試験のカリキュラムが別々に組まれている点が非常に合理的で、効率的なものだと思ったからです。短答式試験は、科目数こそ少ないですが、一つ一つの科目に非常にボリュームがあります。公認会計士試験の勉強を始めようとした際、私は色々な予備校のパンフレットに目を通しましたが、短答式試験の合格を目指しながら租税法や選択科目の勉強もするというカリキュラムについてはこなせる自信がなく、とても迷いました。私はそれほど数字に強くないし、多くのことを同時にできるほど器用な人間でもないからです。そのような時にLECの短答式と論文式を分けて学習を進めるというカリキュラムを見つけ、まずは早く短答式試験を突破し、論文式試験に必要な知識については、短答式試験合格後に身に付けようというLECのカリキュラムには無駄がないと思い、LECで講座を受講することを決めました。今振り返ってみると、このカリキュラムは合理的であることはさることながら、「まずは短答式試験に合格する」と目標を近くに設定することで、モチベーションの維持を図りやすく、とても良かったと思います。

LECの教材(テキスト、問題集、レジュメ、模試など)について

LECの教材は図表やチャートが豊富です。そのため、難しい論点であってもまず視覚的に大まかなイメージをつかむことができるので取っ付きやすいですし、記憶にとてもよく残ります。私は重要な図表やチャートは縮小コピーをしてノートにまとめて、通勤や移動の時間帯に見返すようにしていました。暗記が重要な科目では、LECの教材にとても助けられたと思います。

LECの講師について

LECの講師の方は気さくな方が多く、気軽に相談に乗って下さいます。勉強方法についても相談できますし、分からない点についても根気強く教えていただけるので、問題点をその都度消化することができて楽しく勉強を進めることができました。また、オリジナルの解法テクニックを教えて頂けるのも、とても良かった点です。限られた時間内で効率的に点数をとっていくためには、このような解法テクニックを活用していくことが不可欠であると思います。

LECのフォロー制度について

LECの担任制度は非常によかったです。担任の講師の方とは顔を合わせる機会も多くなりますので、自然と距離も近くなり、色々な勉強の悩みを相談することができます。講師の方が実際の実務の様子や経験を話してくださるので、会計士の仕事のイメージがわき、勉強に対するモチベーションも上がりました。また、LECは欠席フォローもとても充実しています。仕事で講義に出ることができないときにも、すぐに欠席した講義をWebで見ることができるので、受講していない講義を溜め込んでしまうこともなく、しっかりと講義についていくことができました。まずは講義を消化してしっかりとついていくことが大事ですから、この点はとても良かったと思います。

今後の目標や、これから始める方へメッセージ

今後は、監査法人への就職を希望しており、まずは監査業務に従事したいと思っています。実務に出てしっかりと経験を積み、将来的にはアドバイザリー業務などにも携わりたいと考えています。人に頼りにされ、社会に貢献することができるような会計士に成長していきたいと思っています。公認会計士試験は、大変です。しかし、しっかりと対策を立てて正しい方法で臨めば、必ず乗り超えることができる試験であると思います。もし公認会計士の仕事に少しでも興味があるのであれば、LECの体験講座に出席してみたり、受講相談を受けてみることをお勧めします。一度きりの人生ですので、興味があることを始める前から諦めるのは勿体ないです。自分の可能性を信じて挑戦してみて下さい。

合格体験記
2019年5月 短答式試験 合格体験記
(令和元年度第Ⅱ回)
2018年12月 短答式試験 合格体験記
(平成31年第Ⅰ回)
2018年度 最終合格者 合格体験記 2018年5月 短答式試験 合格体験記
(平成30年第Ⅱ回)
2017年度 最終合格者 合格体験記 2017年度 上位合格者対談 2017年以前 短答式試験 合格体験記 2016年度 最終合格者 合格体験記 2015年度 最終合格者 合格体験記 2014年度 最終合格者 合格体験記 2013年度 最終合格者 合格体験記

PAGE TOP