行政書士

独学 vs LEC 行政書士の資格を独学で学ぶメリット/デメリット

資格のLECが「独学」を語るのには理由があります。独学とスクール通学(通信)のメリット・デメリットを知っていただき、あなたに合った最短ルートで行政書士試験合格への道のりを歩んで欲しいからです。
「通学(通信)はお金と時間がかかる」という思い込みで、合格のチャンスを逃していませんか?なぜ、世の中に存在する様々な学習ツールの中で、LECが選ばれるのか。あなたの疑問にお応えします!

行政書士を独学で学ぶ理由とそのメリット

試験合格を目指すために、行政書士を「独学」で学習することを選択する理由として、大きく2つのポイントがあげられます。具体的には…

  • 1.経済的理由 受講料が高い
  • 2.時間的制約 通学しているヒマがない学校自体が近くにない

確かに独学のメリットといえば、スクール通学(通信)に比べ安価である事は誰もが思いつく点だと思われます。 しかし、この点においても、場合によっては学習ポイントが絞れず教材の数が膨大になったり、試験傾向が掴めず受験直前にスクールに通う事になったりと、結局割高になるケースも考えられます。
また独学は時間的制約が無い為、学習が長期化すればモチベーションの維持も難しくなり、学習初心者には特に厳しいといえるでしょう。

試験傾向から見る!LECのススメ

以前の行政書士試験は、純粋に法律の知識を問うような出題が大半を占めており、市販の基本書や問題集の購入等、行政書士を独学で学んだ場合の合格も近年ほど困難を極めるものではありませんでした。 しかし、2006年度からの新試験制度への移行に伴い、法的思考型(理解型)問題への質的変化も現れ、確実に難易度は上昇傾向にあります。 知識的な部分では決して難解なことが問われているわけではありませんが、出題の方法によっては難易度が大幅に上がってしまう問題も多々あり、法理論に対する本質的な理解を深めていくことや、それを基にした出題に対して独学で対応していくことには限界があるといえます。また、独学では「勉強量」を増やすことは出来ても、「勉強の質」を高めていくことは容易なことではないでしょう。 25年以上にわたって行政書士試験の合格者を輩出してきたLECには、その限界を超えるための実績とノウハウがあるのです。

だからLECが選ばれる

時間・場所を選ばない受講スタイル!

LECの講座は、インターネット環境さえあればどこでも学習可能な講義動画のWeb視聴、期間制限も無く継続的に学習できるDVD視聴といった、1人1人学習環境にあった形態で受講いただけます。勿論、オプションとして通学による生講義もお選びいただけます。
LECの行政書士講座なら、独学では難しい学習プランをご提案します。

きっと見つかる最適なプラン!

LECの講座は、学習を開始する方のレベルに合わせた様々な講座ををお選びいただけます。また、初学者向けに教育訓練交付制度を利用してのお申込も受け付けております。
学習・受験経験者の方にも最適なプランをご用意。時期に応じた、限定割引キャンペーンを実施しており、お得な価格で受講可能です。

おためしWeb受講制度

ページTOPへ