0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

行政書士とは

「頼られる」のには理由がある。

法律のマルチプレーヤー・行政書士とは?

よく「頼れる街の法律家」と呼ばれる行政書士。ただ、行政書士という資格名は知っているけど、「実際に、何をする資格?」「メリットは?」「受験資格や試験の難易度は?」など、様々な疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。事実、行政書士の業務は、いわゆる「書類作成」の代行だけではなく、相談業務や申請業務も含まれるだけに、はっきりしたイメージが掴みにくいともいわれています。
しかしこの資格は、その業務領域の広さ、知識面での汎用性の高さから、
行政書士=法律のマルチプレーヤー
ということが言えます。

幅広い業務に対応した、幅広い試験科目

実際、行政書士は開業後の業務領域をどう考えるかによって、遺産相続協議書の作成といった個人向けから、許認可申請、会社設立などの法人向けまで、多様な業務スキルが求められます。当然専門性は求められますが、そのベースになるのが幅広い法律の知識。試験科目である「憲法・基礎法学」「民法」「行政法」「商法」「会社法」、さらに教養としての「一般知識」です。
このことは、行政書士が法律に関するオールラウンドな知識も備える専門家であることを示しており、「頼れる街の法律家」として、そして法律のマルチプレーヤーとして活躍できる所以でもあります。

すべての法律系資格のベースに

行政書士が持つ幅広い知識はすべての法律系資格のベースとなるもの。行政書士の合格を目指すことは「その後」の可能性も拡げてくれます。

行政書士の知識・スキル
訴訟に特化 弁護士
知財分野に特化 弁理士
公示制度に特化 司法書士
不動産分野に特化 宅建士・土地家屋調査士・マンション管理士
労働・保険分野に特化 社会保険労務士

他の士業にも人気!ステップアップにも最適!

そのため、取得すれば行政書士資格が得られる資格(弁護士/弁理士/公認会計士/税理士)を除けば、業務上のかかわりの深い宅建士、司法書士などの有資格者が行政書士資格をめざすケースは決して少なくありません。
他の士業が開業し、ビジネスを広げる上で有用性に気づく資格が行政書士といえるでしょう。逆に言えば、行政書士は他資格へのステップアップに最適といえるのです。

民法改正情報

120年ぶりに民法が大改正

2017年5月26日、民法(債権法)改正案が参議院本会議で可決され、6月中旬頃に公布される見通しです。
そして、公布の日から起算して3年以内の政令で定める日に施行されます。

民法改正の行政書士試験への影響についてのPDFを開く

行政書士試験の概要

試験日程、科目、配点といった行政書士試験の概要や、出願・合格発表についてお知らせします。

行政書士試験の難易度

難関国家試験の1つに数えられる行政書士試験の難易度を、過去の合格率、受験者数の推移といったデータを交えてご紹介します。

本試験科目分析

合格のためのポイントは①民法と行政法の理解に重点を置くこと、②一般知識で基準点である40%以上を確保すること。ここでは、科目ごとの特性について分析します。

合格するための学習法 3つのポイント

単に講義を聴いただけでは合格することは困難です。むしろ、講義以外での自主学習が合否を決めるといっても過言ではありません。当然、具体的な学習方法にも戦略が求められます。
学習法は十人十色、合格者の数だけ学習法があります。しかし、その中に実は共通する重要な3つのポイントがあります。

行政書士試験の願書配布・出願

全国のLEC各本校でも、行政書士の願書を配布いたします。

行政書士の仕事

数千〜数万種類あるともいわれる行政書士の業務とは?開業への道、他資格へのステップアップなど行政書士の魅力が満載です。

行政書士の現場

LECの実務家講師を訪ね、行政書士の業務とその魅力を紹介する「フォーカス!行政書士の現場」。第1回は入管業務。日本に来る外国人の在留資格申請の書類作成だけでなく、入国後のフォローまで行っているLEC専任講師・二藤部渉講師の現場を訪問しました。

士業最前線レポート

「士業最前線レポート」は、多くの現役行政書士の方々の講演、インタビューなどを参考に、業界の現状と将来に向けての展望をまとめたものです。行政書士の受験勉強中の方、国家試験に合格され希望に燃えている方、また、これから行政書士をめざそうとお考えの方、そんなすべての方に役立つ内容になるようにとの願いを込めて執筆いたしました。

行政書士という生き方

合格後、それぞれの最前線で活躍するプロが語る十人十色の行政書士スタイルをご紹介!

他資格へのステップアップ

行政書士プラスαで、実務がスムーズに行えたり、業務の幅が拡がる資格をご紹介します。

PAGE TOP