0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

これから行政書士を目指す50歳以上のキャリア世代の方へ

年々増加する50代以上の行政書士試験合格者。その魅力はどこにあるのでしょか。

50代60代の合格者が年々増加しています

年代別の合格者数

50代の合格者数は、平成23年で384名、平成24年で511名、平成25年で601名。60代の合格者数は、平成23年で126名、平成24年で214名、平成25年で216名と年々増加しています。
また平成25年度試験における最高年齢合格者は73歳で4名が合格されています。

※一般財団法人 行政書士試験研究センター「試験結果分析資料」より

50歳以上の合格者が多い理由

Point 01シニアライフの充実を図る

行政書士資格には定年はありません。会社を定年後も、行政書士として法律知識を活用して、社会貢献活動をしていくことができます。

Point 02あなたにしかできない仕事がある

行政書士の業務は、数千〜数万種類あるといわれています。
許認可申請業務や契約書作成業務といった伝統的な業務だけでなく、まだまだ開拓されていない分野も多数存在しますから、業務の可能性は無限です!

行政書士の仕事は、扱うことのできる業務範囲が非常に広いため、努力と才覚によって実績を伸ばしていくことが可能です。その広範な業務範囲の中から自身の専門分野を深め、また他の行政書士と連携を図っていくことで、可能性はいくらでも広げていくことができます。

Point 03全国どこでも独立開業が容易

行政書士は、他の資格と比較しても独立開業が比較的容易な職種です。それは、行政書士試験で学習する内容がそのまま実務に直結していること、また、独立開業にあたり高価な機材等をそろえる必要がなく、パソコン、ファックス、電話、コピー機といった程度の設備で開業できるためです。自宅での開業も可能です。

PAGE TOP