行政書士

講師からのメッセージ

全国各本校で合格講座を担当する講師から皆さんへ。本試験前の今に読んでほしい激励メッセージを公開中!

新宿エルタワー本校 黒沢 怜央 LEC専任講師

5000人近い人が合格する試験。自分の努力が上位10%に入る自信があるからこそ、今日ここに来ているはず。今までの努力の成果を形にするのは、まぎれもない、あなた自身です。合格してからが真の勝負です!さくっと合格してきてください!

講師写真

水道橋本校 内谷 克章 LEC専任講師

いよいよ取り組んできた学習を成果(合格)に昇華させるときです。皆さんそれぞれが貴重な時間を学習に費やしてきたのですから、その実力をいかんなく発揮して合格をつかんでください。直前期だからこそ、不安を感じることもあると思いますが、そんなときは講義録やノートを見直してみてください。そこには大切なポイントと皆さんの努力の跡があふれています。最後の最後まで各科目の重要論点、条文の確認は怠らないように。とにかく、やるべきことをやりきって本試験当日を迎えてください。最後まで応援しています。

講師写真

新宿エルタワー本校 佐久間 翔一 LEC専任講師

行政書士試験勉強お疲れ様です。長い期間をかけてしっかりと取り組めましたね。しかしながら、本番はこれからです!後悔しないよう、実力をいかんなく発揮していただき、合格という二文字を手に入れてください。今まで使ったテキストやノートを再度見返してみてください。そこには勉強に奮闘した自分の軌跡が確かに存在します。今こそ、この努力を形にするときです。
ご健闘をお祈りいたします!ファイト!!!

講師写真

池袋本校 伊坂 重郎 LEC専任講師

行政書士受験生の皆さん、こんにちは!景気の波はほんの僅かずつですが上向いています。こういう時は大抵、受験者の数は減少します。ですが、合格後の実務は間違いなく盛り上がっていると考えて良いでしょう!今こそ資格を取得し、活用し、人生のキャリアアップを果たす最高のチャンスです。
皆さんにはLEC講師陣がついています。本試験の朝、少しでいいですから講師の顔を思い出してください、力が湧いてくるはずです。我々も一日中、受講してくれた皆さんが、余すところなく実力を発揮できるように祈っていますから!さあ、合格の時は目の前に迫っています。準備はいいですか?

講師写真

横浜本校 加藤 寿隆 LEC専任講師

いよいよ本番のときです。今まで頑張ってきた成果を出すときです。模試等で良い結果が出せなかった方も、モチベーションを下げてはいけません。まだまだ、チャンスは必ずあります。最後の2週間で何をやるかで合否が決まるといっても過言ではないからです。過去問の重要論点や条文の最終確認は必ず行ってください。その際、手を広げず基本に戻り、いままでやってきたことをしっかり定着させてください。さらに、1週間前、1日前、試験当日、確認すべきものをまとめておきましょう。そして最後は、今まで頑張ってきた自分を信じ、自信を持つことです。『己を信じ、LECを信じて、合格まで駆け抜けましょう!』
最後まで、われわれLEC専任講師は皆様を応援しています。

講師写真

千葉本校 二藤部 渉 LEC専任講師

① 体調管理に十分注意しましょう。
手洗い・うがい等徹底しましょう!
試験直前期だけは、生ものを食べるのは極力控えましょう
② あれもこれもと手を広げずに学習しましょう。
やることをしぼって学習しましょう。
条文の確認、テキストの確認や模試の間違えた問題を見返すなど、この時期に新しいことをやっても逆効果です。いままでやってきたことを信じて今までの学習の総復習等に時間をあてましょう。
③ 試験日から逆算してスケジュールをきめましょう。
試験が迫ってくると緊張してソワソワしてきますが、緊張、ソワソワしても何も始まりません。試験日前日にやること 試験日3日前にやるべきこと 1週間までにやるべきことなど逆算してスケジュールをたてましょう。

講師写真

梅田駅前本校 安田 貴行 LEC専任講師

本試験本番までの心構えをお伝えします。
1 仕組みを意識する
マークミスをしないような仕組みを意識するようにしましょう。
具体的な方法は,Twitterで私の名前を検索してください。トップに載せておきます。 また,普段音楽を聴いて勉強している方は,そろそろ音楽無しでの学習に移行しましょう。 普段の学習を,本試験に近づけていくべきです。
2 体調優先の原則を採用する
疲れているときは,無理せず,早めに寝てください。 栄養ドリンクによる疲労の先送りは厳禁です。 カフェインよりも睡眠を!!
3 最後まで粘る
今は分からない論点でも,直前期の追い込みで一気に花開く場合があります。
あきらめずに,粘ってください。ただし,手を広げるのではなく, 「10の不確実な知識より1の確実な知識!!」をテーマにしましょう。 会社法についても,過去問でよく出ている分野を中心に,講義の見直しを簡単に行っておきましょう。

講師写真

神戸本校 山本直紀 LEC専任講師

本試験取扱説明書
①問題をよく読みましょう。
これは無意味な失点を防ぐためです。例えば「妥当でないものの組み合わせを選べ」を「妥当なものの組み合わせを選べ」 と錯誤し、失点してしまう場合です。このようなミスをしないように、しっかり問題を読みましょう。
②時間配分を考えましょう。
全ての問題を解答する必要はありません。合格に必要な得点は6割の180点です。
ですから解けない問題は勇気をもってとばし、解ける問題、解くべき問題に時間を使いましょう。
③マークミスに注意しましょう。
正解を導き出しても、マークができていなければ得点にはなりません。また上記のように問題をとばした場合、マークがズレることも考えられます。マークミスに途中で気づくと焦り、冷静さを欠いてしまいます。マークする時は、問題番号を確認してください。

講師写真

京都駅前本校 連 紗智 LEC専任講師

いよいよ試験の日が近づいてきましたね。ここまで長い道のりでした。もしかしたら、模試の点数がまだ合格点に達していなくて、不安な気持ちでいっぱいになっているかもしれません。直前期だからこそ、手が回っていない部分ばかりに目がいくかもしれません。勉強しないとと思っても、気持ちばかりが焦ってしまうかもしれません。だけど、大丈夫。やるだけのことはやったはずです。100%やった状態で試験に臨める人は一人もいません。最後まで諦めずに頑張って戦い抜けば、きっと結果はついてきます。自分を信じて!応援しています!

講師写真

名古屋駅前本校 野畑 淳史 LEC専任講師

いよいよ、本試験の足音が近づいてきましたね!
不安を抱えている受験生のみなさん、安心してください。
私の元には日々、不安を抱えた受験生が相談に来られます。
つまり、不安なのは自分だけではないということです!
不安を取り除くには、勉強あるのみです。
本試験当日までブログで応援し続けますので、最後まで走り抜けてください!

講師写真

名古屋駅前本校 大橋 睦 LEC専任講師

皆さん、学習を始めて今まで、本当に頑張ってきました。
皆さんもご存じのように、努力は皆さんを裏切りません。
自分を信じて下さい。
本番で大切なことは「いかに自分を信じることができるか」です。
皆さんが迷ってマークした選択肢。それが正解になるのです。
その積み重ねが180点になるのです。
本番自信がなくなることもあるかと思いますが、自分を信じて、しっかり問題を考えてみて下さい。必ず、合格します!

講師写真

札幌本校 長原 誠 LEC専任講師

2016年度行政書士試験まで、あと1か月あまりとなりました。
今年度合格を目指し頑張っている方々。
ここまでの道のりは大変だったと思います。残りの期間を大事に、体調に気を付け、本試験を乗り切ってください。 皆さんの中には、いままさに試験合格へ向け、気力みなぎる方がいらっしゃる一方で、気力が萎え、半ばあきらめたり、モチベーションの下がっている方もいらっしゃると思います。
以下、それぞれに分けてメッセージをお送りいたします。
◆気力十分の方
1 学習に割ける残り時間のチェックを
本試験までにやらなければならないことは数多くありますが、そのすべてに割ける時間などない方がほとんどです。本試験までにどれだけの時間を割けるのか、一日ごとに割り出してみてください。そのうち、ウォームアップの時間や休憩時間を除いた実際学習時間を除いた時間内で、何を優先すべきなのか?日ごとの進捗予定を組み、なすべきことをやりましょう。
2 集中力を持続させるやり方を工夫して
問題確認など、頭をひどく使う学習項目がある一方で、さほど頭を使わない単純作業に近い学習項目があります。それをうまく組み合わせて、疲れたときは、単純作業的な項目をするなどして、集中力を維持できるよう工夫しましょう。
頭を使う作業→問題チェック、論述向け暗記、条文チェックなど
頭をあまり使わない作業→コピー、重要項目のカード化(語句とその定義・趣旨などをカード化する。テキストの重要項目の抜粋ですから、さほど頭をつかいません)、テキスト・六法・問題の各ページの連動、特に行政救済法では、準用条文の一覧作成など
3 協力・サポートしてくれた方を思って
皆さんの学習継続を支えてくれた、サポートしてくれた、我慢してくれた家族や友人、同僚の方々を思い、さらなる奮起の糧にしましょう。
◆気力の萎えている方
1 万全の準備で試験に臨む方はいません
通常の仕事でもプロスポーツでも、万全の準備・体調・気力で、事に挑めることなどほとんどありません。みな、なにがしかの支障や悩み、病や自分ではどうにもならない事情を抱えて日々頑張っています。準備不足を嘆かず、今できることに集中しましょう。過去において慢心、油断したとしても、それは過去にすぎず、未来には成功も失敗もありません。私たちは未来においては完璧になり得ます。
2 試験は必ず受けてください
試験にも挑まず途中であきらめる者を、優しく迎え入れてくれる世界などありません。たとえ迎え入れてくれる世界が、仮にあったとしてしても、自らそれを拒むべきです。拒まなければ、今の自分を超えることはできません。
3 挑むことによって、新たに見えてくるステージがあります。
実力のレベルにかかわらず、試験という本番をやり抜くことにより、いまみなさんの立っているステージが終わります。次のステージへ立つため、本試験までできることをやり切って全力で試験に挑んでください。

講師写真

静岡本校 下平芳寛 LEC専任講師

この時期、準備を積み重ねてきた方ほど、結果を考えて不安になるものです。しかし、結果については潔く天に委ねてしまいましょう。そして、今勉強できることに感謝して、限られた時間の中で自分が優先的にやるべき事を冷静に選択し、日々淡々とこなしていくことが、何よりも賢明です。試験官から本試験終了の合図があるまで、人事を尽くしてください。
ご健闘をお祈りしています。

講師写真

仙台本校 熊谷 陽介 LEC専任講師

今年もいよいよ直前期になりました。ここまでくると、本番までにできることは限られています。弱点の克服、基礎知識の総復習、模試の受験、過去問の解き直し…色々ありますが、人によって直前期にやるべき事は違います。周りに流されず、自分がやるべき事を着実にこなして下さい。焦らず、諦めず、しっかりと現状に向き合い、残された時間でできる限りを尽くしてください。この瞬間にも、本試験に向けて多くの人が必死に努力をしています。試験後に「もっと勉強すれば良かった」と思う余地がないほど頑張って、未来の自分にしっかりと合格を届けて下さいね。

講師写真

岡山本校 礒野 美樹 LEC専任講師

昨年12月に開講し、まだ先だと思っていた本試験が間近となりました。
時間は無常にも有限で、長いようであっという間の1年だったと思います。
それぞれに貴重な時間をそれぞれに抱える状況の中で行政書士の学習に費やしてきたわけですが、その1日1日の努力は、きっと実を結びます。最後まで各科目の重要論点、条文の確認は怠らないようにしましょう。とにかく、やるべきことをやる。応援しています。

講師写真

広島本校 伊藤伸光 LEC専任講師

受験生の皆さん、本番まであと少しのところまで来ました。ここまで来れば、焦って参考書や問題集にあれこれ手を付けるのではなく、自分の苦手な科目や、条文から出題される科目に絞って勉強に取り組んでください。もう一つ、この時期は季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもあります、受験には体調が万全でないと本来の実力が発揮できません。受験までのスケジュールを確認しながら体調管理を行ってください。最後に、合格している姿を思い浮かべながら全力を尽くしてください、皆さんの合格を祈念しています。

講師写真

福岡本校 立野裕介 LEC専任講師

残り1か月を切りましたが、まだ時間はあります。模擬試験や答練の結果に左右されることなく、1分1秒を大事に日々の学習に努めてください。また、11月に入ったら体調にも注意が必要です。風邪をひいて本試験を迎えては、一大事。今までの努力が無駄になります。11月に入ったら、しっかり食事と睡眠をとり、体調を整えながら、集中した学習を心掛けてください!!

講師写真

那覇本校 岡 輝一 LEC専任講師

合格する自分を作るのは、まさに「今のあなた」です。これまで積み上げてきた合格に必要な力に、最後のひと押しを加えて下さい!実力を大きく伸ばせる時期です。この時期、本気で合格したい気持ちが強いほどに、不安な気持ちもつきまといます。不安は誰にでもあります。そして、不安は自分の中にあります。自分を信じることで不安をほどよい緊張感に変えて、強く合格をイメージして下さい。自分をコントロールすることも重要な試験科目です。日々、健康に注意しつつ、淡々となすべきことをすれば、合格はすぐそこです。本試験では、問題と対話するつもりで楽しんで下さい。きっと良い結果がついてきます!

講師写真

ページTOPへ