0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

時事対策

公務員試験突破に時事対策は今や必須事項!

時事対策の重要性

択一だけじゃない、時事の知識はますます重要に!

公務員試験では、時事に関する知識は、択一試験で問われるのはもちろんですが、論文試験や面接試験でも時事関係の知識は必須になります。
それぞれの分野でどのような内容が求められるのでしょうか。

択一対策として

時事問題は、一般的に教養試験の一分野として出題されます。
国家公務員では、3問程度、地方上級では3〜5問程度と無視できない量ですが、専門試験においても、経済事情、社会政策、国際関係、政治学、行政学等の科目で時事の知識を使わなければならない出題は結構あります。

論文対策として

少子高齢化、地方創生、男女共同参画、ワークライフバランス、循環型社会、ICTの進展、危機管理…。
これらは県庁・政令指定都市レベルでは論文試験として定番となるテーマです。
これらのテーマで一定レベルの答案を書くには、ある程度、時事的情報を蓄積しておかなければなりません

面接対策として

面接試験で問われることの中心は、自己PRと志望動機ですが、「最近気になっていること」や受験地域の「特に重点を置くべき政策」が聞かれることがあります。
これらに対応するためにも、常日頃から時事の学習をしておくことは必須です。
市役所試験では、最終面接に市長が出てくることが多いです。
そこで、市の課題に対する見解を、時事的情報の裏づけを元に語れれば、ポイントは高いです。

論文対策講座

「時事白書ダイジェスト」+「時事ナビゲーション」で万全!

時事白書ダイジェスト

時事白書ダイジェストは「時事編」「白書編」の2分野で構成されています。時事論点を読み解く基礎となる社会保障や環境問題等の知識を学習し白書などで最新の各種指標を確認します。

時事ナビゲーション

時事ナビゲーションは、公務員試験で必須の「時事・社会事情」の学習を受講生が日々進められるように公務員試験の時事問題攻略に必要な「政治・国際・経済・社会の各分野の重要な出来事」を、毎日大量に流れてくるニュースの中から抽出し、公務員試験の時事問題に対応・解説します!

PAGE TOP