0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

民法改正

120年ぶりに民法が大改正

2017年5月26日、民法(債権法)改正案が参議院本会議で可決され、6月2日に公布されました。そして、公布の日から起算して3年以内の政令で定める日に施行されます。

改正の概要

01
消滅時効の特例である170条から174条までが削除され、時効期間は原則として「権利行使できることを知った時から5年」に統一されました。
02
法定利率が現行法の年5%から年3%に引き下げられました。さらに民間の金利動向に合わせて変動していく制度が導入されました。
03
保証債務について、個人の保証人を保護する規定が詳細に定められました。事業用融資の債務についての保証契約については、特に公証人による公正証書の作成や保証人の意思を確認する制度が詳しく定められました
04
現在の市民生活は約款によって規制されています。電気・ガス・鉄道・運輸・航空・金融・インターネットなどで広く適用されている約款が当事者を拘束する契約となっています。そこで、約款の有効要件として、定型約款を契約内容とする旨の表示を要求する等、規定を整備しました。
05
その他、@意思能力の新設、A代理規定の整備、B債務不履行、C解除、D危険負担、E瑕疵担保、F債権者代位権、G詐害行為取消権、H将来債権の譲渡、I賃貸借に関する存続期間・妨害排除・原状回復・敷金の扱い等など幅広い改正が行われました。

本試験への影響

改正民法が公務員試験で出題される可能性については、時事対策と専門試験対策とに分けて考える必要があります。

<時事対策>

時事としての出題は2018年本試験が本命ですが、2017年9月実施の本試験での出題も可能性がゼロではないといえます。LECでは2017年本試験に向けて、時事ナビゲーションで情報提供をしていきますので、チェックしてください。

時事ナビゲーションは「時事白書ダイジェスト」講座の受講生向けサービスです。2018年向けは2017年7月より配信開始予定です。

<専門試験対策>

公務員試験は「現行法(=現在施行されており、効力のある法律)」での出題が原則ですので、専門試験において改正民法が出題されるのは、施行日以降に実施される本試験からになります。
2020年本試験からの出題が濃厚ですが、施行日が確定していない現状では2019年本試験でも出題される可能性ありますので、2019年本試験を目指す皆さんも施行日の情報には注意していてください。
とはいえ、公務員試験では改正された直後はあまり出題されない傾向があります。
今回のように大きな改正ですと、その分野から全く出題がないということは考えづらいですが、オーソドックスな問題となる可能性が高いと考えられます。
焦ることなく、まずは改正の概要をきちんと掴んでください。

LECは今回の民法改正について新情報が得られ次第、すみやかに情報を発信してまいります。

PAGE TOP