日商簿記

合格体験記

資格取得の勉強に踏み切る時、不安はつきものですね。
「通信と通学とどっちがいいんだろう?」「時間の使い方は ?」「具体的な学習方法は?」
LECの日商簿記講座を受講して見事合格を果たされた方々の体験から、そんな疑問や不安に対してのヒントが見つかりそうです。
これから日商簿記の資格取得を考えていらっしゃる方、また取得は考えているけど勉強についていろいろ不安が・・・という方は、ぜひご覧下さい。

日商簿記2級合格

独学では気づけない点を繰り返しアドバイスしてもらい合格へ!
西村 昌一 さん
2017年11月検定向け[2級パーフェクトパック/通信Web]受講

昨年、社会保険労務士試験に合格することができました。第二の人生は、この資格を生かして社会貢献をしていきたいと考えていましたが、これまで実務経験がなかったこともあり、今後の業務に役に立ちそうな知識をさらに得たいと内心思っていました。丁度その頃、残念ながら体調を崩してしまい、就職が決まったばかりの仕事を辞めざるを得ない状況になってしまいました。これからという時でしたのでしばらく落ち込みましたが、"逆転の発想"でこの期間を利用して、折角勉強するのであれば簿記検定試験に挑戦してみようと思い立ちました。

これまで簿記の勉強をしたことはなく、知識もまったくありませんでした。勉強を始める前、入門書も読んでみましたが、内容をよく理解できずにいました。そんな折、インターネットでLECのWeb講座を知りました。Web講座であれば、自分の都合がいい時間帯に勉強することができ、かつ勉強を続けていくうえでペースメーカーになってくれると思い受講しました。

講師から、学習する上でのポイントや試験問題への対処方法など、独学では気が付けない点を繰り返しアドバイスしてもらった点が良かったです。工業簿記では、問題を解く際に勘定連絡図を意識することができるようになりました。
また、検定試験では、第二問(商業簿記)がなかなか解けずパニックに陥りそうでしたが、『分かる問題から解く』『一点でも多く取りにいく』といった講師のアドバイスを思い出し、なんとか合格することができました。

私はLECのWeb講座を3級から受講しました。インプット講座は次回の検定試験まで利用できる点が良かったです。3級合格後、2級の勉強を始める前に再度視聴し知識の定着を図ることができました。2級講座では商業簿記の学習範囲が広かったので、インプット講座を二回程視聴しました。また、講義の中では例題の解説を聞く前に、毎回一時停止させて例題を解いてから解説を聞くようにしていました。模試は会場受験を選択することで、本番試験と同じような雰囲気の中で試験を受ける経験ができました。

その人にとって、やろうと思った時が潮時です。新しいことにチャレンジするのに年齢などは関係ありません。途中でスランプになる時期もあるかもしれませんが、Webで一緒に勉強している仲間がいます。最初の熱い気持ちを忘れずに前に進んでください。周りの人に自分が簿記検定を目指していることを宣言することも、モチベーション維持にはいいかも知れません。

"生涯現役"を目標に家族の理解と全面的な協力もあり、税理士試験合格を目指しLECのWeb講座で勉強を始めたところです。

日商簿記2級合格

答練ができず落ち込んでも、講師からの声かけで励まされました!
M.T さん
2017年11月検定向け[2級パーフェクトパック/通学Webフォロー]受講

現在の会社に新卒で入社して、事務員として既に10年勤めています。数年前に結婚し共働きのまま現在に至りますが、今後の人生の展開を考えたとき、出産や子育て・夫の転勤などで、退職や転職の可能性を現実的に考えるようになりました。5年以上も前になりますが3級は取得済みで基礎知識があったので、今後の選択肢が増えればいいなという気持ちで2級の勉強をはじめました。

5年以上のブランクがあるので記憶があるか不安でしたが、以前3級の講座をとって合格できたLECで、2級の講座も受講することにしました。梅田駅前本校は、職場からも自宅からもアクセスが良く、仕事と通学講座の受講を両立するには、この立地はポイント高かったです。受講後、甘いものを買ったりショッピングをして帰ることもありました。

授業後の質問しやすい雰囲気や、講師からの声掛けなど、心遣いに励まされました。答練の授業が始まって全然解けなくて内心すごく落ち込んだときも、「同じくらいの点数から合格した人はたくさんいます」「これは全部解けなくて大丈夫です!」などの言葉で冷静になれました。少しボリューミーで、難しいLECの教材で勉強したおかげで合格できたと思います。また、授業で理解しきれないときは、Web講座で自分のペースで復習することができ助かりました。Web映像は再生スピードを調整できる点がよかったです。

講師の「問題集と答練を繰り返すように」とのアドバイス通り、新たに別の問題集を購入したり過去問題を解いたりはせず、教材の問題集を2〜4回解きました。繰り返すことで自分の弱点がみえてくるので、必要に応じた学習ができます。また、試験を受けてみて実感しましたが、自分ではもう理解している基本的な問題も必ず2〜3回は解いたほうがいいです。勘定連絡図は何も見ずにかけるようになるまで、ノートを大きく使って何度も書きました。答練が始まったあたりからは時間配分も意識しました。

テキストの文章を目で追うだけでは頭にはいってこないので、Web講座を最大限に活用することをおすすめします。
申込みから生講義開始まで余裕があるなら、Web講座で予習するつもりで始めたほうがいいです 。
また、すべての授業が終わってから初めて問題集に手をつけましたが、最初のほうはまったく覚えていなかったり、応用ができなくてすごく焦りました。
授業が理解できたら問題集もその都度やっていったほうがいいです。

まさか合格できるとは自分でも思っていなくて、とても嬉しいです。
ひとえに講師やLECのみなさんのおかげだと思っています。
本当にありがとうございました。

日商簿記2級合格

2級を取得したことが、今の職場に採用されるきっかけに!!
T.K さん
2016年11月検定向け[3・2級合格パック(同時受験)/通学Webフォロー]受講

会社の仕事にやりがいを感じていたため、もっと専門的な知識を深めたいと思っていましたが、中々勉強する時間を確保できずにいました。退職を機に、自身のスキルアップのため、また転職活動を有利に進めるためにも資格取得が必須だと考え、簿記2・3級の資格取得を目指すことにしました。

簿記は学生時代に少し勉強しただけだったので、独学での合格は不可能だと考え、教室に通いながら自分のペースで勉強を進められる予備校を検討していました。自習室(※)でWeb講義を視聴できること、また目標検定の次の検定まで講義を受けられるサポートがあったことからLECを選びました。

Web講義は、再生速度を変えられる点が非常に便利でした。簡単な内容は2倍速で流し、重要な内容は等倍で再生して、効率よく勉強を進めることができました。受講に際してWeb講義とDVD講義とで迷いましたが、倍速にしてもスムーズに動画再生が進み、ディスクの入替も不要で快適だったので、結果的にWeb講義を選んで正解でした。

Web講義を全て視聴してから問題集を解こうと考えて勉強を進めていました。3級はそれでよかったのですが、2級は出題範囲が広く、初めて触れる工業簿記に苦戦していたため、見終わる頃には商業簿記の内容を忘れていたので焦りました。ひとつ講義を見終わったらその後すぐ問題集を解いた方が、知識が定着して良いかと思います。

簿記の出題範囲は膨大ですが、実際に出題されるのはそのうちの一部であり、全てが問われるわけではありません。新規論点はあくまで数点なので、従来と変わらず基本問題で確実に点を取ることが大事だと思います。

試験直前は割り切って「合格点を取る勉強」に切り替え、とにかく合格答練を繰り返し解いて、間違えた論点はテキストにまで遡って復習しました。合格答練で実際の試験の雰囲気を掴むことができたので、この答練がなければ2級に合格することはなかったと思います。

転職活動をする上では、業種に関わらず2級までは取得して損のない資格だと感じています。実際に2級を取得したことが、今の職場に採用されるきっかけとなりました。次は1級を目指して頑張りたいと思います。

※自習室の使用は有料となります。

日商簿記2級合格

仕事と試験勉強の両立
林 宏明 さん
[2級パーフェクトパック]受講

私は、もともと社会人になりたての頃に、将来簿記の知識が必要だと思って日商簿記検定3級に合格していたのですが、3級では個人商店の基礎的な簿記の知識しかないため、株式会社会計の基礎がわかる2級を取得したいと思い、受検しようと思いました。

私は、独学では効率が悪い事や、仕事で夜遅くなったり、休日に勤務しなければならなかったりすることもあるため、Webで受講しました。実は、3級を受検した際も、LECの3級完全マスター講座をWebで受講していて、そのときの授業内容がとてもわかりやすかったので、2級もLECのWeb講座にすることに迷いはありませんでした。

3月の終わりころに受講を申し込んだのですが、3級を受検してから5年くらい経っていたので、講義を受け始める前に、以前勉強した時に持っていたテキストを1週間くらいかけて読み直して復習しました。

平日に2時間30分の講義を一気に受講する時間がなかったことから、講義を1日半分ずつ(1回分の講義が前半と後半に分かれているので、前半を聞いたら、翌日は後半を受講していました。)Webは早回し再生ができるので1.5倍速くらいで聴いて時間を節約していました。ただ、すべてそうだったわけではなく、ゆっくり聞いたり、繰り返して聞いたりもしていましたので、それができるところもWebの魅力だと思います。そして、後半の講義を聴いた後で、問題集の該当する問題を解くということを2か月間繰り返しました。

平野先生の講義はわかりやすくて、また独学ではなかなかわからない試験問題を解くテクニックをふんだんに教えてもらえたので、講義を受けるのが楽しかったです。

正直、最初の頃(特に商業簿記のころ)は、あまり問題集を解くということをしていなかったせいか、後になって大変だったので、講義を聴いたら問題を解いて復習したほうが後々楽だと思います。

また、合格答練や模擬試験の内容はすばらしかったです。答練や模試での成績は正直なところ悪く、70点を超えたのは1回だけという散々なものでした。この結果には正直かなりへこみましたが、本番で点数をとれればいいと開き直り、間違えたところを再度解きなおして復習しました。答練や模試で出た問題は良問ぞろいだったので、過去問を解かなくてもこれだけで大丈夫だと思います。実際、答練や模試で出題された論点が本試験でも結構出題されていたので、私が合格できたのは、LECの答練や模試のおかげだと言っても過言ではありません。

日商簿記2級合格

目標検定の翌検定までWeb 講義が受講できる安心制度が魅力!
石田 寿 さん
[2級パーフェクトパック]受講

私は、社会人として実際の経済活動に携わる中で、販売に関しても、生産に関しても、すべてが計画を立てるところから始まり、計画に対する結果の測定も、数量的な分析になり、詳細な分析を追求すればするほど、簿記の知識が必要であると実感し、積極的に簿記知識の修得へ投資をするべきだと感じ、勉強を開始しました。

学生時代に少しかじっていた程度の知識を復習しながら、3級は独学で何とか合格できました。2級の学習に入ると、範囲も広がり、工業簿記など、より専門的な分野も入ってきます。仕事をしながらの学習では時間を作ることが簡単ではなく、効率的な学習をしないと、時間ばかりが過ぎていきます。独学で試験を一度は受けてみましたが、結局不合格となり、自分の甘さを痛感しました。

LECでは、Webでの講義や質問受付など、インターネットを駆使した授業構成は、仕事で時間が取りにくい自分にも、専門的な簿記学習を充分可能にしてくれました。また、窓口での相談の際は、さまざまなフォロー体制を説明いただき、さまざまな事例を丁寧に案内していただきました。また、すでに子供がいる自分には授業料も良心的でありがたく感じました。

また、テキストの見易さに驚きました。簿記のテキストは、文章や数字での説明が多くなりがちですが、LECのテキストは、図解中心で、登場人物を介し物語のように設問事例を解説してあり、非常にイメージし易い構成でした。さらに、テキストでは補えない内容や独学では難しい内容も、ポイントを絞った解説で非常に分かりやすかったです。

目標検定の翌検定までWeb 講義が受講できる『安心!サポート制度』により、試験を単発で終わらせることなく、もしもの時のための対応という、ある意味での危機管理を通じ、LECの温情を感じました。

今後も日商簿記1級や税理士試験に挑戦したいと考えています。

日商簿記2級合格

簿記検定合格に向け努力することが就職活動の内定につながった!
野津 瞳 さん
[3・2級合格コース]受講

ちょうど仕事を辞めて、次のステップアップのために何かしたいと思い、簿記の資格を取ろうと決めました。

LECに決めた理由は、私は自宅で勉強するより学校へ通って勉強するというスタイルが良かったこと、自分のペースで学習が進められるということでした。

しかし、最初は通学生クラスといいながらWeb 学習であったので、「分からないところがあったらどうしよう」、「細かい部分の配慮がないのではないか…」など、不安な気持ちもありましたが、実際に勉強を始めてみると案外私にはこの学習法が合っていたのだと思います。

Web学習であれば、自分の都合に合わせてやりたいときにどんどん勉強を進められる点や、分かりにくかったところはもう一度繰り返し聞くことが出来る点など、通常の生の講義ではできないメリットがたくさんありました。

テキストは、3級であれば1日目〜10日目というように項目ごとに区切られていてとても見やすいものでした。
テキストをパラパラと見直す際に簡単にかつ分かりやすく記載してあるので使いやすかったです。

とても便利だったのが、テキストの解答用紙があらかじめノートで用意されていたことや、問題集の解答用紙がダウンロードできることです。問題集であれば何度も繰り返してやりたいという気持ちがあるので、受験生の気持ちを理解してくれているなという印象でした。

私は、1週間単位でここまでやるという目標をたてながら3級と2級の2つの講義を聞き、約1ヶ月半で2つの級の講義を聴き終えることができました。

3級に合格後、2回目の試験で見事2級も合格することが出来ました。頑張った甲斐があってとても嬉しかったです。2回目の試験は1回目よりも問題の流れが分かり、スムーズに問題を解くことが出来ました。

私は、簿記の勉強をしている間に就職活動をしており、ちょうどその頃に内定を頂くことが出来ました。いずれは、簿記の資格を生かして会社の総務の仕事をしたいと考えています。