中小企業診断士

文字サイズ:

1. 経営情報システムの意義

ネットワークを中心としたITの普及は、企業経営に大きな影響を与えています。それは、企業内の意思決定の仕組みを変えるだけでなく、企業間取引の仕組み、競争のルール、市場の在り方さえ変えようとしています。

例えば、ITを導入した企業では、事業所・店舗・工場レベルで分断されていた情報が、全社レベルにまで行き渡り、情報の共有化が図られます。その結果、消費者ニーズにマッチしたスピーディーな全社的活動により、製品開発の短縮化、在庫の削減、売上げの増大等がもたらされているのです。

 こうした情報をつなぐというネットワーク化の動きは、単独の企業内だけでなく、他企業との取引関係や連携においても見られ、業種、業界、はたまた国を超えた大きな流れとして定着しつつあるのです。IT革命はまだまだ続くのです。

2. 経営情報システムで学ぶこと

1、情報技術に関する基礎知識

コンピューターがどんな原理(スイッチのオン・オフによる2進法、OS:オペレーションシステム、ソフトウェア、プログラム言語)で動くのか、どのような装置(ハードウェア、デバイス)で構成されているのかを学びます。また、経営の意思決定を支えるシステムの技術的基礎(DB:データベース、情報検索機能、集中処理から分散処理)やIT革命を支えるLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)、インターネットといったネットワークの仕組みを学びます。

2、戦略情報システム

ここでは企業経営理論で学んだことを踏まえ、意思決定の支援ツールである戦略情報システムについて、システムの狙いや特長を学びます。また、システム開発→導入→運用→評価のプロセスにもとづき、システム導入をめぐるさまざまな問題(全社的な合意形成のプロセス、コンサルタントの果たす役割、ビジネスプロセスの見直し)や運用の評価(成功要因と失敗要因)等について学びます。  技術的な知識としては、システム概要を表現するための技法(DFD:データー・フロー・ダイヤグラム)やシステム開発の手法等について理解を深めます。また、システムトラブルの減少(信頼性、可用性の向上)、不正アクセス等からの情報の保護(安全性)、コスト面からシステムの活用度を評価する手法(効率性、費用対効果、TCO:トータルコスト・オブ・オーナーシップ、BSC:バランスド・スコア・カード)といった観点についても幅広く理解を深めます。

3. 1次試験の出題例

平成21年度 第1問

各種業務において、パーソナルコンピュータ(PC)を利用して、データ交換を行ったり、画像データなどを取り扱ったりする場面が増加している。そのような場面で利用される外部記憶装置に関する、次の文中の空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。

デジタルカメラなどで撮影した画像データの記録や各種のデータ交換に使用され、  A   を経由してPCに接続しデータの読み書きを行うことができる半導体メモリは、  B   と呼ばれる。 PCに   A   経由で、この   B   を接続する際は、  C   機能によりPCの   D   を行わなくとも使用することができる。

〔解答群〕  
A: IDE B: DRAM C: デバイスドライバ D: デフラグメンテーション
A: PCI B: フラッシュメモリ C: デバイスドライバ D: リフレッシュ
A: USB B: SRAM C: プラグアンドプレイ D: リフレッシュ
A: USB B: フラッシュメモリ C: ホットプラグ D: 再起動

財務・会計 平成21年度 第1問の解答:エ

【注目記事】いまホットな中小企業診断士の話題

Page Top

中小企業診断士 トップページ