0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

よくある質問

中小企業診断士の実務内容から学習方法まで、皆様から寄せられるよくある質問を集めてみました。

Q.中小企業診断士はどんな人におススメですか?
A.
全てのビジネスパーソンの方におススメの資格です。中小企業診断士は、日本版MBAとも呼ばれ、中小企業診断士を学習することによって、企業の戦略策定、財務分析、マーケティングに関する知識だけではなく、経営者の視点から広い視野で業務を捉えるの能力が身につけることができます。このような人材は、現在の中小企業では、高く評価され求められています。そのため、就職、転職、キャリアアップ、将来の独立などさまざまな場面で、活用できる資格がこの中小企業診断士資格です。中小企業診断士とは
Q.学生ですが資格取得のメリットはありますか?
A.
学生のうちに診断士の資格を取得しているか方は非常に少ないのが現状です。その意味で資格取得は、厳しさを増している就職活動において極めて大きなアピールポイントになります。仮に資格取得に至らなくても、1次試験の科目合格でも充分です。診断士の学習経験は、実学としての経営を入社以前から本格的に学んでいる証となります。もちろん、将来のキャリアアップや独立開業において早い段階で差を付けることになります。
Q.他の資格と比べて難易度はどのくらい難しいのでしょうか?
A.
中小企業診断士試験は、他の「弁理士」、「公認会計士」などの国家資格の中では、比較的に合格しやすい資格といえます。ただし、出題範囲が膨大な上、1次試験と2次試験の2回の試験を突破しなくてはいけないため、決して楽な試験ではありません。そのため、受験生は独学ではなく、試験対策の専門家であるスクールを利用して、中小企業診断士を学習している方がほとんどです。スクールを利用している方で、合格まで早い人では、1年以内で合格することができます。試験に合格するまでの学習期間
Q.合格するために学習時間はどのくらい必要ですか?
A.
一般的には1,000〜1,200時間前後と言われています。これくらいの学習時間を要する資格であるため取得をすると高い評価もされます。ただし学習時間を削減することは決して不可能ではありません。中小企業診断士は、過去問を分析すると、似たテーマや出題形式が、毎年繰り返していることがわかります。
そのような試験傾向を押さえることで、学習時間はぐっと縮まります。そういった意味で、受験ノウハウがあるスクールを活用し、効率良く学習される事を勧めます。
Q.仕事と両立しながら合格することは可能ですか?
A.
実際に仕事と勉強を両立させるのは難しい事ですが、合格者の皆様は、何とか仕事と勉強を両立されながら学習を続けられ、合格を勝ち取られております。「中小企業診断士」試験は、普段の業務などから関連する知識が問われるため、他の「司法試験」や「公認会計士」などとは違い、仕事と勉強の両立しやすい資格試験です。
LECでは「バックアップ制度」も充実しております。Webにて質問を24時間受付している「教えてチューター」、通学クラスで欠席した場合は、「クラス間自由乗り入れ制度・重複受講」などさまざまな制度を準備しておりますので、自分の学習計画に合わせて無理なく学習いただけます。LECのバックアップ制度
Q.独学で合格をすることは可能ですか?
A.
試験合格を目指すために、中小企業診断士を「独学」で学習することを選択する理由として、大きく2つのポイントがあげられます。具体的には…
1.経済的理由
受講料が高い
2.時間的制約
通学しているヒマがない
学校自体が近くにない
確かに独学のメリットといえば、スクール通学(通信)に比べ安価である事は誰もが思いつく点だと思われます。
しかし、この点においても、場合によっては学習ポイントが絞れず教材の数が膨大になったり、試験傾向が掴めず受験直前にスクールに通う事になったりと、結局割高になるケースも考えられます。特に中小企業診断士試験の場合、合格することは可能ですが、中小企業診断士試験は、1次試験が7科目、2次試験が4事例と幅広い知識が問われるため、重要項目に絞った学習は不可欠です。
また独学は時間的制約が無いため、学習が長期化すればモチベーションの維持も難しくなり、学習初心者には特に厳しいといえるでしょう。限られた時間で効率的に学習したい方については、スクールを通うことをおススメします。 LECでは、過去の試験傾向から学習範囲を絞り効率的に合格を目指せるカリキュラム・環境をご用意しております。初学者向けコース・講座
Q.生講義に通えないのですが、通信学習でも合格することはできますか?
A.
通信学習でも十分合格をすることが可能です。通信学習受講生の多くが感じる不安は、「一人で最後まで続けられるか心配」、「講義がわからなかったらどうしよう」ということにあるようです。LECは、途中で挫折することなく、最後まで学習を続けられるように、講義映像を図を多用し、講師が活きいきと解説を繰り広げます。だからまったく飽きず、知的興奮を味わいながら講義を楽しむことができます!
Q.他のスクールと比べてLECの特徴は何ですか?
A.
大きな特徴としては、3点ございます。
(1)過去問を徹底重視した効率的学習
過去問を分析すると、似たテーマや出題形式が、毎年繰り返していることがわかります。 つまり、一つの過去問が解けると、応用することで別の問題が解きやすくなるのです。だから、限られた時間で合格を果たそうとする受験生は、過去問題を中心とした学習戦略を組み立てることがとても重要なのです。LECでは過去問題を中心にすえた、全く新しいテキストをご用意しインプットとアウトプットを同時並行で学習いただけます。
(2)1次対策と2次対策を融合的に対策
1次試験では基礎的な用語や理論を学んで、2次試験ではそれを元に長文を読んで解答します。つまり、1次試験に必要な対策と2次試験に必要な対策は、一見別々のように見えますが、本質的に高めるべき能力は同じなのです。
だから、1次試験対策と2次試験対策とを分けて考えるのではなく、相互に学習すればよいのです。そうすれば学習が効率化し、不必要な時間や負担を削減できます。
(3)演習量を重視したカリキュラム
各レベルごとに、インプット講義後、毎回演習講座を実施し、講義の内容が理解できたかどうかをチェックします。理解度がわかってから次のレベルに進めるので、知識を曖昧にさせません。 また、全範囲修了後には、公開模試を実施します。最終的な知識の確認をもって、次のステップ進み段階的に実力を身につけていただきます。
LECが選ばれる理由

PAGE TOP