0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

YOUはどっち?!上級生向け短答対策!

短答合格コース<春生>

「短答上級講座」「短答3倍速講座」既学習者向けINPUT講座とはいえ、自分にはどちらの講座が合うのか分からない―そんな方に向けて、影山講師と二ノ宮講師がそれぞれの講座の特徴をご紹介します!
その上で、「短答上級講座」と「短答3倍速講座」の実際の講義をレジュメと共に視聴いただけます!

影山講師に直撃!短答上級講座!

短答上級講座は入門講座を修了した方が次のステップで受講されるインプット講座ですが、具体的に入門講座と比べてどのようなところが異なる講座なのでしょうか?
影山:
入門講座で培った知識を元に、その内容をより深堀して学習していきます。また、入門講座では扱いきれなかった論点や応用的な論点を中心にその補強を図っていく科目もあります。いずれにしても、短答上級講座を一通り受講し復習することで、短答式試験突破のための力が身につくようなカリキュラムになっています。
私の担当する財務諸表論は、入門期に学習をしていない科目ですので、ゼロからのスタートになりますが、ゼロからと言っても、財務諸表論は『簿記の理論的背景』を学習する科目ですので、入門期の簿記の処理をおさえていることが前提になります。
すでに独学や他校で学習経験のある方が短答対策で受講するとしたら、短答上級講座より短答3倍速講座の方がいいのでしょうか?
影山:
財務会計論に関しては、模試や本試験で合格ラインの8割強くらいを取れていて、ある程度基礎知識は定着している自信のある人は短答3倍速講座がいいと思います。逆に合格ラインの8割を獲れなかった方で理論に自信があまりない人は短答上級講座でよりしっかり理論の定着をはかっていくことをオススメします。苦手科目のみを短答上級講座で受講して基礎固めをしっかり行った後に短答3倍速講座を受講するというのも一種の受講スタイルだと思います。
特に影山先生が担当されている財務諸表論での「短答上級講座」と「短答3倍速講座」はどのような違いをつけて講義されていますか?
影山:
短答上級講座は、基礎概念から新会計基準まで短答式試験突破に必要と考えられる全範囲を漏れなく取り扱います。理論を一から学習する方が、短答式試験における財務諸表論で合格ラインの得点(7〜8割)を獲る事を目指しています。
一方で、「短答3倍速講座」はすでに短答式試験受検経験がある方、理論部分を一通り学習された方を対象とするインプット講座です。過去問の演習を通して、短答上級講座で学習した内容の上積みをしていきます。狙いとしては、①近年の短答本試験は過去問の焼き直しが多く、過去問を利用した学習が効果的であるため。また、②過去問を通してレジュメにフィードバックしていきますので、出題実績のあった部分の理論的背景をじっくりと学習することができ、同論点が角度を変えて出題された場合に確実に対応できるようします。
基礎概念から今一度丁寧に理論の定着を図りたい方は「短答上級講座」を、理論の定着に自信はあるが今一歩伸び悩んでいる方は、より実践を見据えたインプット講座である「短答3倍速講座」をオススメします。

実際の短答上級講座を無料体験!

2018年5月向け短答上級講座 財務会計論(財務諸表論)第1回

担当講師

影山 一人

Kageyama Kazuto
影山 一人LEC専任講師

Profile
平成21年 公認会計士試験合格。LEC専任講師として、公認会計士講座の入門講座、上級短答講座、論文講座まで、全範囲におよぶ財務会計論を担当。講義外においても、丁寧な質問・相談フォローで、受講生から厚い信頼を得ている。柔道二段。短答入門講座では「財務会計論」「企業法」を担当する。

二ノ宮講師に直撃!短答3倍速講座!

全科目6回と回数も極限まで減らした短答対策のインプット講座「短答3倍速講座」ですが、短答上級講座とはズバリどこが違うのでしょうか?
二ノ宮:
管理会計論に関しては、「短答上級講座」は理論分野のインプットを中心に講義をするのに対し、「短答3倍速講座」は理論の知識の整理や根幹部分の理解を深めます。基本は理論中心なので、計算対策に関しては標準原価計算や資金管理といった考え方が重要な分野に限定して講義します。
本試験における理論の選択肢を分野別に体系的にまとめて、どういった引っ掛け方が行われているのかを確認することで、より実践的な理論のインプットを可能としています。
独学の方や他校で学習をしている方が+αで「短答3倍速講座」を受講する場合、どんな悩みを抱えている受講生さんにオススメですか?
二ノ宮:
管理会計論に関しては、理論のインプットは大方済んでいるが、ひっかけ問題にひっかかりやすかったり、計算での資料の読み取りをミスしやすい人にオススメです。理論の知識はあるが、出題された問題に対して必要な考えや留意事項を引き出すのが苦手な方は特にオススメです。短答3倍速講座では実際の問題を参照しながら、多くの受験生がひっかかりやすいポイント等を管理会計論では解説をしていきますので、より実践に近いインプットが出来ると思います。理論の吸収は大方済んでいるのに、いざ答練などで問題を解き始めると点数が伸ばせない方のもう一歩を埋める講座です。
短答3倍速講座がコースに入っていないLECの入門コース受講生の方で、短答3倍速講座を受講するとしたら、どのタイミングで、どのような受講スタイルがオススメですか?
二ノ宮:
短答上級講座のみでも十分短答式試験の合格ラインまで実力を引き上げることは可能ですし、そういう講義になるようにしています。ですので、入門コース生の方が無理に短答上級講座と並行して、短答3倍速講座を受講する必要はないと思います。短答3倍速講座は、基本的に一度短答上級講座を聴いたことのある人やある程度点数をとれている人が最後の一押しに見るような講座ですね。
もし、入門コース生の方で短答3倍速講座の受講も考えている方がいるのであれば、一度講師に相談いただければ、勉強スタイルの相談も含め、何かしら力になれると思います。僕と影山講師は質問用のLINEアカウント※があるので、そちらに相談いただいても大丈夫ですよ!
※質問用LINEアカウントID 影山講師:@kmr2551s 二ノ宮講師:@muk6898y LINEアプリ内の「友だち追加」から「検索」を選択、「ID」にチェックを入れ、上記のIDを入力して検索してください。

実際の短答3倍速講座を無料体験!

2018年5月向け短答3倍速講座 管理会計論 第1回

講義レジュメ(PDF)

担当講師

二ノ宮 真典

Ninomiya Masanori
二ノ宮 真典LEC専任講師

Profile
慶應義塾大学在学中の2008年に公認会計士試験一発合格。大学卒業後、大学院に進学し、管理会計論の研究に従事。短答入門講座では「管理会計論」「監査論」を担当する。

PAGE TOP