0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

公認会計士の仕事

公認会計士とはどのような職業なのかご存知でしょうか?
弁護士や医師と並び、3大国家資格と呼ばれるにもかかわらず、公認会計士の仕事についてはあまり認知されていません。そんな公認会計士の仕事について簡単に紹介します。

監査業務

公認会計士だけの社会的意義の高い業務

企業は、株主や銀行・取引先などの利害関係者のために、貸借対照表や損益計算書など、会社の財務状況を示す書類を定期的に作成・公表します。そして利害関係者は、これら財務諸表をもとに様々な判断を下すのです。この財務諸表が適切に作成されているかどうかを、企業とは独立した専門家の立場からチェックし、意見を表明することが公認会計士の監査業務です。監査業務は公認会計士だけに許された社会的に非常に意義のある業務なのです。

依頼

監査もビジネスです。企業などから、財務諸表の監査を依頼され、実際に監査業務を実施する前に企業と監査契約を締結します。

訪問・監査業務

監査業務を実施するうえでは、実際にクライアントに赴き様々な資料を入手し、検討することが必要となります。

監査意見の表明

会計の専門家として、独立の立場から、財務諸表に対する意見を表明します。

コンサルティング

企業の重要な局面に関わるダイナミックな業務

企業の重要な局面に関わるダイナミックな業務

公認会計士は、監査業務や税務業務を通じて身につけた経験・ノウハウをもとに企業の経営・財務・税務に関する相談に応じます。これらの業務を総称してコンサルティング業務といいます。コンサルティング業務は、経営計画や戦略の立案、組織決定など、企業の重要な決定に関係するダイナミックな業務であり、重要な局面に関わるものです。これらの業務を専門に行うコンサルティング会社では、公認会計士は他の分野の専門家たちとチームを組み、衆知を結集して、企業に対する積極的な助言や問題解決を行っていきます。また、企業内公認会計士として活躍していくことも可能です。

税務業務

独立して思う存分活躍できる

独立して思う存分活躍できる

公認会計士資格をとれば、登録によって税理士と同じ税務業務を行うことができます。税務業務には、中小企業や個人の税務申告を代行する「税務の代行」と、税務に関する相談に応じる「税務相談」があります。つまり、会計・税務のプロフェッショナルとして適切なサービスを提供するのです。監査業務と異なり、税務業務は個人で開業して行うことが可能ですので、独立して思う存分活躍したい人にとっては、税務業務も選択肢のひとつであるといえます。

PAGE TOP