0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

スタンダード答練

範囲指定答練を学習のペースメーカーに!

スケジュール

通学開講日
土曜日クラス:2019年6月8日(土)より
日曜日クラス:2019年6月9日(日)より
通信教材発送・Web配信開始日
2019年5月23日(木)

回数

全6回
択一:10問
書式:3問(土地1問、非区分建物1問、区分建物1問)

タイムテーブル

演習150分休憩60分解説講義85分休憩10分解説講義85分

担当講師

LEC専任講師

山崎 智英 LEC専任講師

通信講義担当

水道橋本校生講義担当

対象者

  • 現在の実力を試したい方
  • 身につけた過去問論点の知識を維持したい方

使用教材

  • 問題
  • 解答用紙
  • 解説冊子 第1回〜第6回

講座の特長

範囲指定答練を学習のペースメーカーに

①ここまでに身につけた過去問の理論を実践する

本試験とは異なる択一10問・書式3問を出題する【範囲指定答練】です。答練実施は、本試験同様の2時間30分で実施するスパルタ答練です。単に過去問の正誤だけを覚えるような学習をしていた方は正答することはできません。書式については、過去に出題実績がある求積解法、事件の事例をアレンジして出題します。事件の把握、計算の練習となる答練です。この答練を受講することにより、ここまで学習してきた過去問理論の理解度を把握することができます。書式は、土地・非区分建物・区分建物を毎回1問ずつ出題致します。インプットしてきた事が、きちんとアウトプットできるかを試す絶好の場となるでしょう。また、弱点分析や学習指針に活用されるのも目的です。

②詳細な解説と丁寧な講義

詳細な解説を提供します。この解説冊子には問題も掲載しており、解説冊子のみで効率の良い復習が可能です。また、解説では要点を中心に講義をしますので、重要論点や誤答した問題、理解ができていない論点が一目瞭然となり、効率良く復習をすることができます。毎回、3時間の解説講義で不明点を解消していくことで、知識の迅速な定着と、次へのスタート・行動がしやすく直前期を効率的に過ごす事が可能になります。

③添削あり

【答案返却・成績表返却】(オプションとなります)

期限までにご提出いただいた答案は、添削をし、成績表を発行します。基本としてWebのスコアオンラインにて添削答案・成績表がご覧頂けます。自分の弱点や、受験生の中での自分の位置を知ることができ、モチベーションを維持することができます。

※注意:スタンダード答練で答案返却・総合成績表の発送返却をご希望の方は、オプション設定料金が加算となります。

出題範囲一覧

回数 択一(10問) 書式(3問)
第1回 民法
●総則●物権●相続
土地 表題登記等、公有水面埋立て、法人から申請
平行移動の座標変換、放射点計算、交点計算
非区分 表題登記、相続人からの申請
区分 表題登記、原始取得者の相続人からの申請
第2回 不登法;登記総論
●表示に関する登記の特徴
●登記の対象となる不動産●管轄
●登記情報の保存と公開
●地図と建物所在図●申請人
土地 表題部の変更更正登記、相続人から申請
直線上の点、放射点計算、交点計算
非区分 合体による登記等
区分 表題登記、法定代位による申請
第3回 不登法;登記総論
●却下と取下●添付図面●登記識別情報
●図面、登記識別情報以外の添付情報
●申請情報、添付情報の提供●登録免許税
●審査請求●その他(本人確認調査)
土地 分筆登記、債権者から申請
中点、内分点、Arcsin・余弦定理
非区分 表題部の変更登記
区分 表題部の変更登記
第4回 不登法;登記各論(土地)
●地目●報告的登記●創設的登記
●所有者に関する登記
土地 一部地目変更分筆登記等、共有者から申請
セットバック、隅切り
非区分 建物表題部の変更、建物分割登記
区分 建物区分登記、相続人からの申請
第5回 不登法;登記各論(建物)
●所在●種類、構造・床面積
●区分建物の登記事項
●報告的登記●創設的登記
●(団地)共用部分である旨の登記
●附属建物に関する登記
土地 分合筆登記、所有権の登記名義人から申請
開放トラバース、放射点計算、交点計算
非区分 所有者持分更正登記、建物分割及び建物附属合併登記
区分 区分建物表題部の変更登記、区分建物区分登記(再区分)
第6回 筆界特定、調査士法
●筆界特定の申請●筆界特定の手続
●その他(筆界特定制度における用語の意義)
●資格と登録●業務●調査士法人
●調査士会と連合会●罰則
土地 分筆登記、合筆登記ほか
交点計算、面積指定分割
非区分 表題部の変更、主である建物の滅失
区分 区分建物合併登記

PAGE TOP