0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

考え抜かれたカリキュラム

初学者向けカリキュラム

土地家屋調査士試験は、理論(択一)と書式で構成されています。択一の学習にも書式の知識が、書式の学習にも択一の知識が必要であり、両者を判然と分けて学習することは望ましくありません。そこで、この学習の特性を活かし、交互に講義(学習)を行うことで、互いの理解を均等に深めるとともに、学習の効率化を図るカリキュラムになっています。

理論と書式の相互学習
Step 1
学習範囲の全体像となる設計図を頭に描くため、大まかな内容把握を行い、学習すべき知識の箱を作っていきます。
Step 2
次に、単元ごとの詳細な学習・内容把握を行い、全体構造編で作った箱の中身を細部まで埋めていきます。
Step 3
最後に、総仕上げとして本試験さながらの答練・模擬試験を実施。試験突破に必要な実践力を身につけます。
合格までのステップ

学習経験者向けカリキュラム

Step 1 INPUT
土台となる基礎知識の見直しを行います。
Step 2 INPUT/OUTPUT
過去問を題材に、インプット・アウトプットの相互学習を行い解答力の強化を図ります。
Step 3 OUTPUT
スパルタ答練・本試験実戦型答練・総まとめ演習を通し、苦手範囲を克服するとともに応用力・実践力を鍛えます。
学習経験者向けカリキュラム

PAGE TOP