0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2016年度合格
山内 健さんの合格体験記

合格者

山内 健さん

受講講座 プレミアム合格フルコース
受講形態 通信DVD

私の宅建士への挑戦は水野講師にはじまり、水野講師に終えました。

私はちなみに建築士。自然の漆喰を用いて将来、ギリシャのミコノス島のような街並みを作りたいと宅建取得を2,3年前から思いながらも、今一つ決め手となる動機のないまま時間だけが過ぎていきました。そんな時、無料動画サイトの宅建講義に映っていたのが水野講師でした。

講談のように内容は楽しく、声の高低をつけながらも聞きやすく、時間が経っても頭に残る講義に私は「今こそ宅建をとるならばこれだ!」と決め、早速LECのプレミアム合格フルコースを受講しました。送られてきた物はテキスト、ウォーク問、DVD。これだけでも十分ボリュームがあり、満足できる内容でしたが、私は後日、他に同じウォーク問とLECの虎の巻を購入しました。

私の勉強法は、一通りの講義が終わるとまずウォーク問にアンダーライン(各設問を公平に)や書き込みを行い、その後もう一冊のウォーク問には一切の書き込みをしないで問題を解き、不明瞭なところを前のウォーク問を参照に考え方やテキストに戻って復習を重ねました。虎の巻はテキストやDVDなどの要点や調べて分かったことなどを、書き込みや付箋に貼り付け、ノートを作るような感覚で試験当日も会場に持ち込みました。

LECの模試ですが、はっきり言います。難しいです。ですからたとえ模試が満足いく点数でなくても落ち込んだりしないでください。模試は模試です。ちなみに私は一度も模試で合格点数を取ったことがありません。本試験が自己最高得点です。(笑)

最初は勉強の知識が入ってくることに充実感も得られますが、次第に伸び悩むかもしれません。しかし、ウォーク問を数多く理解しながら解ければ、自分の記憶は確実のものになります。ですからLECが長年培った実績と研究によって作られたモノを皆さんが信じて学習することが合格への近道だと思います。

その結果が私を宅建の一発合格へと導いた結果であり、先日、水野講師にこれまでのお礼をすることができました。

今後は一部の合格者が受ける登録実務者講習を水野講師クラスで受け、早めの取引士証の交付を受けるつもりです。また来年は宅地造成の専門とする不動産会社へ一度修行をして、夢への実現へ一歩踏み出すことができました。

宅建士の情報を今すぐキャッチしよう

  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP