0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2016年度合格
川崎 紅さんの合格体験記

合格者

川崎 紅さん

受講講座 プレミアム合格フルコース
受講形態 通学DVDフォロー

過去に不動産取引や賃貸借で困ったことや疑問を感じたことが幾度かあり、いつかは不動産に関する勉強がしてみたいと思っておりました。4月に子供たちも就職し、それぞれの勤務地に巣立っていきましたので、少しは自分の時間が持てるのではと、大手の資格の学校を訪ねてみました。家庭の事情で、東京と大阪を行ったり来たりの生活でしたので、乗り入れ制度のあるLECでお世話になることに決めました。ゴールデンウィーク明けから通学とDVDの視聴を始めました。水野先生のDVDの講義は、初学者にも深く理解でき、毎回押さえるべきポイントを明示してくださいましたので、知識がどんどん身に付いていきました。

普段、最寄りのLECに通学しておりましたが、ある日、神戸に住む娘のところへ行った際、空いた時間ができたので、大阪では生講義が終了していた講義を、神戸校で受講させていただこうと思いました。その時、初めて小原先生に出会い、迫力ある熱いご指導と小原先生を中心にしたクラスの結束力に触れ、『この先生について行こう!私も小原号に乗船したい!』と強く思いました。クラスの皆さんに少しでも追いつきたい、私も合格したいと、厚かましくも58歳の私でありましたが、歳を経て忘れかけていた内なる闘志を思い出しました。

とは言っても、家には年寄りが2人おり、日々の生活に忙殺される日々が続きましたが、小原先生のお声がけや、今、やるべきことを、その都度講義で教えてくださいましたので、先生のおっしゃる通りに、テキストの理解とウォーク問を丁寧に行うよう心がけました。
7月末に、左手骨折、そして手術という不測の事態になってしまいました。講義にも出席できず、今年は無理かもしれないと諦めかけましたが、素晴らしい先生と出会いを無駄にしたくないと、病室に教材とDVDプレーヤーを持ち込んで、懸命に勉強しました。家事もできず、家族には大変な負担をかけることになりましたが、静かに勉強に専念する時間ができ、家族もそんな私を支え、応援してくれました。いつもの『陽気でのんきなお母さん』が、猛然と勉強を始めたことに全面的に協力してくれた家族には、心から感謝しています。

小原先生の講義には、約1か月出席できませんでしたが、八月半ばからは、先生が組んで下さった計画表通り、ウォーク問をこなしていきました。9月からは、講義にも復帰でき、小原先生と受講生の皆さんの一つの目標に向けての気合の入った教室に身を置きつつ、坦々とウォーク問と模擬試験のやり直しを続けました。

試験直前の10日前からは東京の家で過ごし、新宿エルタワーで水野先生の生講義に出席させていただきました。DVDと同じくパワーにあふれた講義で、細部にわたって試験で問われるポイントを印象に残る語りで教えて下さいました。本番直前の頭の整理ができ、不安を抱えることなく自信をもって試験に臨むことが出来ました。

直前特訓で午前、午後と講義は続きましたが、休み時間も水野先生への質問に列ばれる受講生の方々は絶えることなく、水野先生は休み時間もほとんどなく一日中、立ちっぱなしで、受講生のどんな質問にも最後まで丁寧に答えていらっしゃいました。本当に頭の下がる思いでした。ありがとうございました。
受験地が東京でしたので、登録実務講習でもお世話になるかと存じますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

最後に小原先生は、講義の中で心にしみるお話をよくしてくださいました。試験直前には、宮沢賢治の言葉を紹介してくださいました。今でもその言葉を思い出すと、ホロリとしてしまいます。

『ぼくらはきっとできると思う。なぜならぼくらがそれをいまかんがえているのだから』
この言葉を心に刻んで、試験当日は全力を尽くしました。小原号に乗船なさった皆さまも、きっと同じ想いでいらっしゃったのではないかと思います。小原号に遅ればせながら、同乗させていただいたご縁と、こうして合格者の手紙を書かせていただくことができ幸せです。

ここまでお導き下さった、先生方、スタッフの皆様、支えてくれた家族に心より感謝いたしております。

宅建士の情報を今すぐキャッチしよう

  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP