0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2016年度合格
亀山 悠太さんの合格体験記

合格者

亀山 悠太さん

受講講座 ウルトラ合格ライトコース
受講形態 通信Web動画

受験を決めた動機

一番の理由は宅建業者への勤務が決まったためです。入社後に働きながら勉強するのは仕事がおろそかになる可能性や、勉強しても覚えきれないかもしれないと考えました。よって、まとまった時間の取れる学生のうちに資格を取得したいと思い受験を決めました。また、宅地建物取引士は他の資格に応用が利くことや、独立開業も視野に入れることができるため取得しておくと便利だと思いました。

LECを選ぶ決め手となったこと

オンライン受講ができることです。現在の自分の生活スタイルが趣味やアルバイト等で不規則なものとなっています。よって、毎週決められた時間に受講しに行くというのは厳しい状況でした。そこでLECのオンライン受講はいつでも自分の好きな場所で受講することができるため、自分にあった勉強ができると考えました。

直前期の過ごし方

直前期はひたすらウォーク問を解きました。インプットよりもアウトプットを大事にしたのです。結局のところ試験本番はアウトプットの作業です。どれだけ知識が多くても取り出し方が分からなければ、正解することはできません。特に宅地建物取引士の試験は引っ掛け問題が多く、その引っ掛けに慣れていないと解きにくいと感じると思います。また、講座の中で、細かい問題を解くよりも取るべき問題を確実に正解する方が大事と聞きました。よって、テキストの隅の数字を覚えるよりも、過去問題を解いて取るべき問題をミスしないようにすることを心がけました。もし、覚え忘れていたことがあっても、アウトプットする中で間違えた問題は記憶に残りやすかったため、インプットも同時に行うことができました。このように直前期は過ごしました。

講義に対するご感想、講師へ一言

水野健先生のウルトラ速習35時間感完成講座と友次正浩先生のウルトラ演習解きまくり講座を受講させていただきました。水野先生の授業は大変分かりやすく、非常に覚えやすかったです。特に難しいポイントでは、噛み砕いて説明してくださったり、簡単なものに例えてくださったりと、理解しやすくしてくださいました。友次先生の板書は非常に綺麗に書かれていて、複雑な関係図でも一目で理解することができました。私が一回目の受験で合格できたのは御二方のおかげです。本当にありがとうございました。

これから受験される方へのメッセージ

私は就職活動をしていたこともあり、7月から試験勉強を開始しました。一般的には遅いスタートだったと思うのですが、慌てずにLECの講座をコツコツとこなしていった結果、合格することができました。宅地建物取引士の試験は年毎に試験の性質がガラッと変わることは基本的にはありません。よって、LECの講座内で重要と言われたことはしっかりと覚え、それ以外のものにはそれほど時間をかけずといった効率的な勉強を心がけることが大事だと思います。LECの講師の方がしっかりとその勉強を導いてくださると思いますので、信じて頑張ってください。

宅建士の情報を今すぐキャッチしよう

  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP