0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2015年度合格
原田 寿子さんの合格体験記

合格者

原田 寿子さん

受講講座 パーフェクト合格フルコース
受講形態 通学+Webフォロー

きっかけは会社の買収により営業事務の限界を感じ、また身近に宅建を取得し宅建業を営む知合いや業務の幅を広げている方など、私も出来るものなら国家資格というものを取得してみたいと多くの予備校のHPを検索し、優待で費用面でも優しい、立地や数多くの本校、乗換制度などメリットが多いLECを選びました。

2年目にプレミアム合格コースを選び、1年目にインプットされた部分の理解力や問題を解くスピード感などが身に付き、試験に対して徐々に自信を持つことができました。

煮詰まりそうなところで声をかけて頂いた亀田先生などのお蔭で生講義も休まず出席でき宅建を身近に感じるスタイルが身につけられたと感謝しています。水野先生はいつもWebで熱い講義から本試験近くの集中的な講義に出席しましたが、折れそうな心に直接的に響く気合いや具体的な内容を盛り込んだ興味深く飽きさせない講義で、気持ちのモチベーションを維持して、試験に臨むことができました。水野先生の一生懸命さに惹かれました。
そして、宅建の面白さも教えて頂いたと思います。ありがとうございます!

法律系の入門編ともいえる宅建は、他の法律系資格へ導入的な要素が強く、私は民法の面白さ、もう少し探ってみたいという心境になり、今年はまた別の資格を勉強しています。 何で若い時に勉強しなかったのだろうと、今で受かるなら若い時ならもっと楽に合格出来たのではないか?と最近思いを馳せますが、中年になってからの合格というのもまた格別で、自分への気力や体力、そして知力にも大きな自信となり心の余裕が生まれる実感があります。
宅建を生かし仕事への実現の可能性もあるかもしれません。夢を持てるのも楽しいことです。

これから受験される方々へ!

私は一番苦労したのは時間を取ることです。
恐らく1年足らずの時間で本試験に臨む方がほとんどと思います。数か月、プライベートを犠牲にしても、その期間だけと決意して集中するのが一番の早道。日常生活に取りいれる方法を私は取りました。この期間は宅建に浸り、本は宅建のみ、通勤は音楽でなく音声データ、隙間時間に過去問1問解くとか。毎日の積み重ねと繰り返し。記憶も定着してきます。スピード感も養えます。
期間と目標決めて自分の気持ちに負けないで頑張って欲しいです。合格を念じてください。

宅建士の情報を今すぐキャッチしよう

  • メールマガジン アイコン

PAGE TOP