0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

相続税法の特徴

出題形式

理論50点、計算50点の計100点満点の試験となります。
理論については例年、規定について説明をさせる個別問題と、出題テーマに該当する規定を列挙し、その内容についての説明を求められる総合問題のいずれか+事例形式の2題形式で出題されます。
計算問題では、親族図表や財産データといった資料を基に、相続税額の納税額まで計算する問題が例年出題され、近年では分量が増加傾向にあります。

出題形式 配点〔計100点〕
第一問 理論問題 50点
第二問 計算問題 50点

出題イメージはこちら

試験分析

予想合格ライン 75点〜78点
受験者数 3,089
合格者数 363
合格率 11.8%

※2018年度(第68回)税理士試験のデータとなります。

直近の合格率

回数 合格率
第68回 11.8%
第67回 13.0%
第66回 13.4%
第65回 13.2%
第64回 13.2%
第63回 14.8%

コースの詳細

初めて相続税法を受験される方
パーフェクトコース
相続税法の受験経験がある方
上級コース

税理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitterアイコン
  • youtube

PAGE TOP