0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

通関士ってどんな試験?

受験資格

誰でも受験できる!

受験資格は特にありません。
学歴、年齢、経歴、国籍等についての制限はありませんので、どなたでも試験を受けることができます。

出題科目

科目免除制度あり!

通関業法、関税法等、通関実務の3科目から試験は構成されています。

具体的に出題される内容は、1科目目の通関業法では通関業者や通関士に関して規制する法律になります。
2科目目の関税法等では、関税法、関税定率法、関税暫定措置法、NACCS法、ATA条約特例法、TIR条約特例法、外国為替及び外国貿易法などです。
3科目目の通関実務では、関税・消費税等の計算実務、課税価格の計算、輸出入申告書、貨物の分類、輸出入通関などになります。

※通関業法に規定する通関業者に係わる出題については、関税法第79条の2に規定する認定通関業者に係わるものを含みます。

試験科目 出題形式及び配点
択一式 選択式 計算式
(1)通関業法 10点(10問) 35点(10問) なし
(2)関税法等 15点(15問) 45点(15問)
(3)通関実務 - 申告書20点(2問)
5点(5問) 10点(5問) 10点(5問)

※各試験科目とも筆記(マークシート方式)により行います。

(1)通関業法、(2)関税法等、(3)通関実務の3科目で、配点はそれぞれ45点、60点、45点です。各科目毎に択一式と選択式があります。
通関実務では、輸出申告書と輸入申告書の作成問題がそれぞれ1問ずつ、さらに計算問題が5問出題されます。それぞれの科目で合格基準を満たす必要があります。

合格基準は、各科目6割を目安に、年により変わる可能性があります。

(科目免除)
通関業務に従事する期間が5年以上 →1科目(通関実務)免除
通関業務に従事する期間が15年以上 →2科目(通関実務・関税法等)免除

通関士試験合格の学習法

通関士試験は「通関業法」「関税に関する法律等」「通関実務」の3科目で行われます。

まずは関税法から

この法律は通関士試験の学習にとって基本になるので、じっくり時間をかけて学習してください。
ここをおろそかにすると後々他の分野での理解を難しくしてしまいます。
関税法の学習は、
①まずは最後まで学習

②細かい部分を学習 の順で進めましょう。

この細かい部分の学習は、過去問題で行うことが効果的です。
過去問題を解いてわからないことがあったら、必ず基本テキストで確認してください。

通関業法、関税法等は過去問題を解いて基本テキストに戻る、この繰り返しを3回程度行う頃には、本試験問題の8割程度を正解できるようになるでしょう。

通関実務科目対策

この科目は、「申告書問題」「貨物の分類問題」「計算問題」の3分野の問題に対応することが必要になります。
それではそれぞれの分野の特徴とその攻略法を見てみましょう。

申告書問題

最近の貨物分類は、項の規定や類注の規定の記載内容をいかに正確に読み解くことができるかという力が試されるような問題が出題されます。
その為、暗記よりも別冊として与えられる輸出統計品目表や、実行関税率表に書かれている独特の言い回しの文章になれること、つまり、読解力を磨くための学習が重要になってきます。
輸入申告書問題における申告価格に関する現実支払価格及び加算要素の内容はかなり突っ込んだ知識を必要とします。
そのためには、関税定率法第4条(課税価格の決定)の学習を徹底的に行うことです。

貨物分類問題

1類から97類まであるそれぞれの類にどのような貨物が属するのかを覚えることが基本になります。
その上で、貨物分類するにあたっての決まり事である関税率表解釈通則をしっかりと理解することが重要になります。
さらに最近の傾向として、項の規定や類注の規定の記載内容の読解力を試すような問題が出題されています。
そのための学習としては、多くの項の規定や類注の規定に接することが効果的です。

計算問題

課税価格の計算問題3問と関税額等計算問題2問が出題されます。
課税価格の問題に関しては、申告書問題の申告価格を求める場合とまったく同じです。
つまり、関税定率法第4条(課税価格の決定)の知識を徹底的に学習することにつきます。

関税額等の計算問題では、「関税額」「修正申告」「延滞税」「過少申告加算税等」の計算問題が出題されます。

一つ一つはそれほど難しいものではありませんが、それぞれ端数処理に特徴があります。
また、法定納期限や適用法令の知識も必要になってくることがあります。
どの分野の問題が出題されるかわかりませんが、どのような問題が出題されても解けるようにならなければなりません。
この分野の2問は絶対に落としてはいけない問題に属します。
まず、完璧に理解し、本試験の一週間前になったら必ず復習することを忘れないようにしてください。

出題形式

知っておきたい特徴!

択一式

正しいものもしくは誤っているものを1つ選ぶ形式となります。
正しい記述もしくは誤っている記述がない場合には「0」をマークするという点が特徴的です。 択一式の問題は、1問1点で、1科目目の通関業法では10問、2科目目の関税法等では15問、3科目目の通関実務では5問出題されます。

選択式

語群選択式

15個の選択肢の中から適切な5つの語句を選ぶのが語群選択式となります。
この語群選択式は、1科目目の通関業法では5問出題されます。1問に5つ答えるべき空欄があるので5問で25点を占めます。
2科目目の関税法等でも5問出題されます。通関業法と同じく1問に5つ答えるべき空欄があるので5問で25点を占めます。
3科目目の通関実務において語群選択式は出題されません。

複数選択式

正しいものもしくは誤っているものをすべて選ぶのが複数選択式になります。
すべてを適切に選択しないと部分的に合っていたとしても部分点はなく、得点するのが非常に難しい形式であるといえます。
複数選択式の問題は1問2点で、1科目目の通関業法では5問、2科目目の関税法等では10問、3科目目の通関実務では5問出題されます。

計算式

計算式は、3科目目の通関実務において出題されます。
計算式は、電卓を使用し、関税額等もしくは課税価格を計算するものです。
計算式の問題は1問1点で5問出題されます。

3科目目の通関実務において、輸出申告書と輸入申告書がそれぞれ1問出題され、合わせて20点の配点となっています。
輸出申告書の出題は、入力すべき統計品目番号を選択肢から選ぶ形式になります。輸入申告書の出題は、入力すべき品目番号を選択肢から選ぶだけでなく、入力すべき申告価格の額をマークする形式になります。

試験日程

ほぼ例年10月第1日曜!

願書配布 7月上旬
願書受付 7月下旬〜8月上旬までの2週間
試験日程 例年10月第1週の日曜日
(1)通関業法 9:30〜10:20(50分)
(2)関税法等 11:00〜12:40(100分)
(3)通関実務 13:50〜15:30(100分)
合格発表 11月下旬〜12月上旬
受験会場 札幌・新潟・東京・仙台・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡・熊本・那覇

お問合せ先

最寄りの税関通関業監督官(例:東京税関 通関業監督官)

〒135-8615 東京都江東区青海2丁目7番11号 東京港湾合同庁舎
TEL:03-3599-6356

通関士の情報を今すぐキャッチしよう

  • youtubeアイコン

PAGE TOP