社会保険労務士

合格後も安心の万全のサポート

今の自分からステップアップ!
〜あなたのお持ちの資格に新たな資格をプラスして、業務の幅を拡げませんか!?〜

行政書士 ⇔ 社労士

ダブルライセンスのメリット

行政書士資格と社労士資格は試験科目や試験内容が異なり、一見すると共通点がないように思われますが、各種申請手続きのスペシャリストと言う点においては類似する点も多く双方の法律知識を合わせることでより一層業務の幅が広がります。社労士試験も行政書士試験と同様、法律的な知識を問う試験です。行政書士試験の学習で培った民法などの法律の基本的な知識・考え方は、社労士試験における労働基準法、労働契約法などの学習に大いに役立ちます。

LEC行政書士サイト トップへ


中小企業診断士 ⇔ 社労士

ダブルライセンスのメリット

今こそ求められる、人事労務に強い経営コンサルタント!
近年、経営環境の変化に対応するため、多くの企業では、人事労務管理施策の見直しに取り組んでいます。 他方、経営コンサルタントとしての中小企業診断士が人事労務に関するアドバイスを行う前提として、労働・社会保険関連の法律知識が問われます。 この労働・社会保険に関する法律知識は、かなり膨大なものがありますが、社会保険労務士にとっては必須の知識です。 中小企業診断士の次のステップとして、社会保険労務士の資格を取得することにより、人事労務に強い経営コンサルタントして活躍することができます。

LEC中小企業診断士サイト トップへ


ファイナンシャルプランナー ⇔ 社労士

ダブルライセンスのメリット

年金相談で他人に差をつける!
家計、貯蓄などライフプラン検討・作成を得意とするFPと、年金・社会保険を専門とする社労士のWライセンスは、高齢化社会に向けた強力な組合せです。ライフプランにとって老後の年金は非常に重要で、相談者のニーズに的確に答えるためは、国民年金や厚生年金の正確な知識や今後の動向に対する予測が必要です。これらの知識は「社会保険労務士」資格を取得することで習得できます。FPの知識と社労士の知識で、年金相談により自身を持って取り組むことができます。

LECファイナンシャルプランナーサイト トップへ


税理士 ⇔ 社労士

ダブルライセンスのメリット

税理士、社労士ともに顧客対象が重なっており、その多くが中小企業です。
大企業には当然ある経理財務部門や人事労務部門が、中小企業にはないことも多々あり、税理士は、税務の専門家として企業等に関与しますが、社労士資格を有していれば、経理・税務に加え、人事や労務・年金・社会保険に関する業務を請負い、ワンストップでサービスを行うことができます。税理士試験と社労士試験では、試験科目面での重なり合いはありません。しかし、税法と社会保険法はいずれも技術的な法律分野であり、税理士試験の学習を通じて培った、法律的な知識を整理していくノウハウなどは、社労士試験の学習にも活用することができます。

LEC税理士サイト トップへ


司法書士 ⇔ 社労士

ダブルライセンスのメリット

ダブルライセンスで、活動範囲の幅と奥行きが飛躍的に増大します!
社労士として年金問題を扱う際に、成年後見制度について質問を受けることがありますが、司法書士の資格も取得しておけば、そのまま、顧客の成年後見人として活躍できます。他にも、遺族年金に関するアドバイスをする際には、相続時に発生する、不動産に関する登記業務までできるようになります。また、特定社労士には、個別労働関係紛争事件の斡旋について代理権を与えられますが、認定司法書士になれば、簡易裁判所における訴訟事件についても代理権を与えられます。

LEC司法書士サイト トップへ


司法試験 ⇔ 社労士

ダブルライセンスのメリット

労働問題や社会保障に強い法曹になろう!
労務トラブルの増加、人口の少子高齢化が進む今日、労働問題や社会保障(年金問題など)に強い専門職に対するニーズが高まっています。社会保険労務士は、企業の人事労務管理に関わる専門職であり、社労士試験では、労働法や社会保険法に関する実務的な知識が問われます。司法試験合格レベルの方であれば、法律の基本は習得できていますので、後はミクロ的・技術的な知識をインプットすれば、社労士試験を突破することができます。将来を見据え、法曹としての得意分野の確立、職域の拡大を目指す方にとって、社労士は魅力のある資格です。
(注)社会保険労務士法により、「弁護士となる資格を有する者」には、社労士資格が付与されますので、弁護士資格を取得した後であれば、社労士試験に合格しなくても、社労士登録が可能です。

LEC司法試験サイト トップへ


ページ先頭へ

資料請求・無料体験レッスンのお申し込みお問い合わせはお気軽にどうぞ

さらに詳しく!資料請求

オンラインから受講お申し込み

社労士説明会のご案内
法人提携割引制度のご案内