0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

計算特訓講座

計算特訓講座

講座概要

教材発送・Web配信開始日

お申込後、随時

担当講師

LEC専任講師

収録講義担当

池永 徹博 LEC専任講師

回数

全7回

タイムテーブル

講義70分休憩10分講義70分

使用教材(受講料込)

LECオリジナル計算特訓本

本講座を含むコース

2019年合格目標

対象者

  • 土地書式の計算が苦手な方
  • 土地書式の計算を体系的にマスターしたい方
  • 計算技術のさらなる向上とスピードアップで時間短縮を図りたい方

講座の特長

①土地書式の計算を、体系的に身につけよう!

土地書式の計算は、測量計算の中から、比較的簡単なものが、繰り返し出題されます。
合格のためには、出題実績のある測量計算の知識及び関数電卓を操作する技能を、体系的に身につけることが大切です。この講座では、過去問の計算問題を体系的に整理して掲載したテキストを用いて、座標値等を求める演習を、制限時間を設けて実施します。

②テキストには、過去20年以上にわたる本試験の計算問題を、体系的に整理して掲載!

テキストには、過去20年以上にわたる本試験の土地書式で出題された計算問題を、体系的に整理して、詳細な解説とともに掲載しています。反復学習することにより、出題実績のある測量計算の知識及び関数電卓を操作する技能を、体系的に身につけることができます。また、すべての問題に、解答時間の目安となる「合格タイム」を設定。「合格タイム」と自分の計算時間を比べることにより、自分の計算スピードが合格レベルに達しているかどうかを確認することができます。

③複素数計算モードの操作法を解説!

複素数計算モードでは、面積、辺長、座標値を、すばやく計算することができるので、基本計算モードしか知らない他の受験生に対して、圧倒的な優位に立つことができます。

  • ※本講座では、基本的な数学の知識及び基礎的な電卓操作の技能を有していることを前提とします(リスタート講座の基礎数学をマスターしたレベル)。
  • ※本講座で使用する関数電卓は、CASIO fx-JP500になります。「基本計算モード」「統計計算モード」「複素数計算モード」を使用します。
  • ※複素数計算モードでは、特に座標法による面積計算、辺長計算、並びに、基点・距離及び方向角を用いた座標値の計算をすばやく行うことができます。

PAGE TOP