0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2019年度科目合格者
小澤 陽子さんの合格体験記

合格者

小澤 陽子 さん

平日は講義の受講、休日は問題演習をする等、スケジュールが組みやすかったです。

受講コース 簿財横断プレミアムコース
2019年度合格科目 簿記論・財務諸表論
ご職業 税理士補助
年齢 20代

税理士を目指した理由

人々の身近なものであるお金に関して専門知識を身に付け、役に立ちたいと思ったからです。会計士と税理士のどちらを目指すのか迷っていましたが、会計士の資格を取得して監査法人に就職し大企業を担当するよりも、税理士の資格を取得して、個人・法人のお客様の会計・税務の相談にのれるゼネラリストとなることに魅力を感じたので、税理士を目指すことにしました。

LECを選んだきっかけ

他の資格学校よりも値段が安かったことと、駅付近に学校があるので通学に便利だと思ったことがきっかけです。簿財横断コースは、簿記論と財務諸表論の2科目の対策ができるのに、割引等使って20万円程度で申し込むことができ、お得に感じました。また、自宅ではなく自習室で勉強したいときに自宅から通いやすい位置にあり、土日も自習室が利用できるので、LECを選びました。

簿財横断で勉強して良かった点

簿記論と財務諸表論を別々に受講するよりも、講義の受講時間が削減できる分、残った時間を問題演習に使えた点が良かったです。私は、働きながら資格を取得したいと考えていたので、受講時間が長く時間が拘束される場合、仕事と勉強を両立するのは難しいと悩んでいました。しかし、LECの簿財横断コースなら、2科目別々で講義を受講するよりも受講時間が削減できるので、授業のペースが遅れることなく続けることができました。平日は講義の受講、休日は問題演習をする等、スケジュールが組みやすかったです。

LEC講座・教材・講師の良かったところ

インプット期(9月〜4月)に月1回の頻度で受ける実力確認テストは、難易度が他の学校よりも高いのですが、見直しをして解き直しをしたら、5月から始まる直前対策前の基礎定着の総まとめに役立ちました。富田講師は、財務諸表論の理論を説明する際に、暗記だけではなく、会計基準がなぜそうなるのかを説明してくれたので、分かりやすかったです。

復習や学習方法で工夫したところ

インプット期(9月〜4月)は、計算問題集を1周解いたら時間を空けてもう1周と繰り返し解きました。また、直前対策期(5月〜8月)は、予想答練を1回解いたら1回見直しをして、時間を空けてからもう2回解き直しました。時間を空けて忘れた時に解くことが効果的だったと思います。また、どうしても覚えきれない箇所は、見直し用ノートにまとめて持ち歩きしました。

苦しい時どう乗り切りましたか。

簿財横断コースを受講したのが2018年の9月頃で、最初の数か月は順調でしたが、2月・3月に中だるみをしてしまいました。しかし、税理士試験は長期戦のため、最初から最後までずっと詰め込みすぎても疲れてしまうと思ったので、適度に休みをとりました。5月以降の答練時期が大切なので、その時期がいつもより勉強時間を多くしてメリハリを付けました。それが結果につながったと思います。

科目合格または税理士資格をどう活かしていきたいですか。

簿記論は、税理士業務の月次監査で行う仕訳入力等の基本的な業務に役立つと考えています。また、財務諸表論の理論は、税理士業務の決算業務のうち、決算書類の個別注記表の注記方法等で役立つと考えています。これからは、残りの税法3科目を合格して、税理士資格を取得したいです。

これから受験される方へメッセージ

税理士試験は長期戦になるので、モチベーションの維持が大変だと思います。たまに友人と食事をしたり、遊んだりして気分転換しながらマイペースに進めてください。

税理士の情報を今すぐキャッチしよう

  • twitterアイコン
  • youtube

PAGE TOP