土地家屋調査士・測量士補の合格を目指すならLEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

LECサイト内検索

土地家屋調査士・測量士補トップページ >

土地家屋調査士の3大ポイント:やりがいがあるから!

やりがいがあるから - 土地家屋調査士の3大ポイント

不動産登記制度を支える専門業

不動産という貴重な財産を守るために国が設けたのが不動産登記制度。

この制度の中で土地家屋調査士は、所有者がどのような不動産をもっているのかを明らかにし、登記する役割を果たします。つまり、土地や建物の正確な面積や形状(物理的現況)を測量し、その結果を法律的に判断し、登記申請手続するのです。「測量」と「法律」という分野の異なる知識を駆使し、不動産を正しい姿で守ること。

これが不動産登記の専門家である土地家屋調査士の役割です。

人々の大切な財産を守る仕事

普通、不動産は一生に一度の買い物ですが、この時に不動産の正確な姿が明確にされていれば安心して購入することができます。また、土地家屋調査士が隣地との境を明らかにすることでお隣との争いを予防することができます。社会に欠かすことができない、人々の財産を守る仕事。それが土地家屋調査士です。

 

こんな人は土地家屋調査士に向いている

尾崎博則先生

尾崎 博則 先生

土地家屋調査士の業務内容からみて、こんな人が向いているのではないでしょうか?地図を見ることが好きな人、客観的に判断することが得意な人、折衝などが苦にならない人、こんなところでしょうか?そして、資格者たる資質として「不動産登記法」を理解できれば、あなたは土地家屋調査士としての適性は十分にありますよ。


ちなみに私は地図を見ることが好きでしたので、適性があるかもしれないな、こんな感じでこの資格を目指してみることにしました。

あなたにも土地家屋調査士の適性がきっとあるはずですよ。

実務家講演会のご案内

LECでは定期的に実務家の先生による講演会を実施し、皆様のモチベーションアップを図るとともに、最新の実務情報をお伝えしています。

資格説明会のご案内(予約不要/参加無料)

資格説明会では初級者・受験経験者の方の受講相談を承っております。生講義では講師が直接お話いたします。お気軽にご参加ください。

ページ先頭へ
  • Yahoo!ブックマークに登録