0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

知的財産管理技能検定とは

「知的財産管理技能検定」とは、企業・団体(学校・官公庁等)における知的財産(発明、ブランド(商標)、著作権等)の創造・保護(権利化)・活用に関する知識及び実務的な能力に関する国家試験です。
「知的財産管理」職種とは、企業・団体等における発明、実用新案、意匠、商標、営業秘密、著作物等の知的財産の創造、保護または活用を目的として業務を行う職種であり、具体的には、創造分野における価値評価、パテントマップの作成等、また保護分野における出願戦略の立案、手続管理等、また活用分野におけるライセンス戦略の立案、営業秘密管理等の知的財産の管理を行う職種です。

本検定は、これらの技能およびこれに関する知識の程度を測る検定です。試験は1級〜3級それぞれについて学科試験と実技試験が実施され、学科試験および実技試験の両方に合格すると「技能士」と称することができます(名称独占資格)。

3級 試験概要

受験資格
  • ○知的財産に関する業務に従事している者または従事しようとしている者
  • ○3級技能検定の一部合格者(学科または実技いずれか一方の試験のみの合格者)
    ※当該合格したほうの試験が行われた日の翌々年度までに行われ技能検定についてに限る。
試験内容
合格するためには、学科試験と実技試験を受験し、両方の試験に合格する必要があります。
学科試験 筆記試験(マークシート方式 3肢択一式)
問題数:30問 制限時間:45分
実技試験 筆記試験(記述方式)
問題数:30問 制限時間:45分
試験科目及びその範囲、受験手数料、合格基準
学科試験 実技試験
試験科目 ブランド保護、技術保護、コンテンツ保護、デザイン保護、契約、エンフォースメント、関連法規 ブランド保護、技術保護、コンテンツ保護、デザイン保護、契約、エンフォースメント
受検手数料 5,500円(非課税) 5,500円(非課税)
合格基準 満点の70%以上 満点の70%以上

2級 試験概要

受験資格
  • ○知的財産に関する業務について2年以上の実務経験(※1)を有する者
  • ○3級技能検定の合格者(※2)
  • ○学校教育法による大学又は大学院において検定職種に関する科目について10単位以上を修得した者
  • ○ビジネス著作権検定上級の合格者(※3)
  • ○2級技能検定の一部合格者(学科または実技いずれか一方の試験のみの合格者)(※4)
  • ※1 実務経験とは、知的財産の創造・保護・活用のいずれかに係る業務に携わった経験を指します。受検申請の際、実務経験については、自己申告制です。第三者による証明は不要です。
  • ※2 合格日が試験の行われる日の属する年度及びその前年度並びに前々年度に属するものに限る。
  • ※3 ビジネス著作権検定とは、サーティファイ著作権検定委員会が実施する「ビジネス著作権検定」を指す。合格日が技能検定が実施される日の属する年度及びその前年度並びに前々年度に属するものに限る。
  • ※4 当該合格したほうの試験が行われた日の翌々年度までに行われる技能検定についてに限る。
試験内容
合格するためには、学科試験と実技試験を受験し、両方の試験に合格する必要があります。
学科試験 筆記試験(マークシート方式 4肢択一式※)
問題数:40問 制限時間:60分
実技試験 筆記試験(記述方式)
問題数: 40問 制限時間: 60分

※一部に3肢択一式も含む。

試験科目及びその範囲、受験手数料、合格基準
学科試験 実技試験
試験科目 戦略、コンテンツ保護、法務、デザイン保護、リスクマネジメント、契約、調査、エンフォースメント、ブランド保護、関連法規、技術保護 戦略、技術保護、法務、コンテンツ保護、リスクマネジメント、デザイン保護、調査、契約
受検手数料 7,500円(非課税) 7,500円(非課税)
合格基準 満点の80%以上 満点の80%以上

PAGE TOP