中小企業診断士

文字サイズ:

実務家講師陣

「プロならでは」の講義テクニックで、あなたを短期合格へ導きます。短期合格のための最強の講師陣!
より高い学習効果を追求して日々研鑚を続けるプロフェッショナルが、受験生の皆さんを強力に合格へリードします!

小松 秀春

楽しくて、覚えやすくて、試験でも職場でも使える知識をお届けします!

小松 秀春 LEC専任講師
(こまつ ひではる)

関東地区担当講師

担当科目

【最終学歴】
早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了/早稲田大学政治経済学部 政治学科卒業

【保有資格】
中小企業診断士、ファイナンスMBA、基本情報技術者、販売士2級、日商簿記2級/全経簿記上級、ジョブカードキャリアコンサルタントなど

ヒストリー (職歴概要・講師歴)

在京民放ラジオ局で、スポーツ中継ディレクター、営業、デジタル事業(携帯サイト制作・アニラジ制作等)、など、計16年社員として勤務。今でも別のラジオ局で週1回、経済生番組のディレクターをやっています。
求職者支援訓練・基金訓練講師は3年目になります。(簿記2・3級、経営学、労務管理、ワークガイダンス等を担当。)求職者支援訓練では、職業相談等も担当しています。
診断士は2010年4月登録。今は事務代行を中心でやっている会社(従業員4人)の代表取締役でもあります。

私の講義の特長

明るく、楽しく、元気よく。講義の中身は実践的(職場)かつ実戦的(試験)に。大学院や診断士取得のために学んだ知識と、メディアの現場で鍛えたわかりやすさと、シンプルにかつ感動的に事象を伝える技術を織り交ぜた講義を展開します。
得意科目は企業経営理論。(事例Ⅰ、Ⅱも。)そのほか、財務や情報システムもかじっています。時には脱線もありますが、受験経験、実務経験も交えた講義ですので、飽きずに聞いてもらえると思います。受験は中・高・大とも体験し、各種資格試験も多数受験していますので、試験突破のツボを体で覚えています。その体験を少しでもお分けできれば。診断士試験は2009年1月に受験を決めて、一気に1次・2次をストレートで突破しました。運がよいのかもしれません。
仕事はマスメディア、といってもラジオ局のアルバイトからたたき上げて社員で16年強、通算25年。いまだに若干ですがラジオディレクターとして現役で仕事をしていますので、そこから得た情報と経験を交えて少し砕け気味に、楽しくて、情報量豊かな講義ができればと思っています。
求職者向け職業訓練で講師を務めて3年目。科目では、日商簿記2.3級、経営論、労務管理、ワークガイダンスなどを担当しています。並行して受講生のキャリア・コンサルティング(就職相談)も行っています。相談に乗るのは好きですので、診断士受験の方にも受講相談を通じて、学習法、他資格の連動、大学院(MBA)と診断士の違いなど、様々なご質問に対応できると思います。

講義の到達目標

試験の合格に繋がることはもちろんのこと、職場や生活の場で使える知識・ネタを提供することで「忘れようにも、忘れられない!」知識と知恵を1つでも多く残したいと思っています。

Page Top

中小企業診断士 トップページ