日商簿記

級ごとの特徴と難易度

日商簿記検定は、1級を除いた場合「上位○パーセント合格」といった競争試験ではなく、合格点をクリアしていれば全員が合格となります。努力した分、確実に結果を得られる資格試験です。また、年齢や学歴等の受験資格がなく、誰でもチャレンジできる点も大きな特徴です。

日商簿記検定 出題区分改定について

日商簿記の検定試験は、企業活動や会計実務に即した実際的なものとなるよう、2016年(平成28年)度から出題範囲が変更になりました。特に2級は、2016年(平成28年)度から2018年(平成30年)度にかけて、段階的に行われる大規模な変更となります。

区分範囲につきましては下記ページよりご確認ください。

日商簿記検定 区分表改訂について

級ごとの特徴

3級

この級の特徴

商業簿記のみの学習で、経理関連書類処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる知識が身につきます。

標準学習目安

1〜2ヶ月以上/約70時間

2級

この級の特徴

経営管理・財務担当者には必須の知識とされる財務諸表の数字を読み解く力が身につき、経営内容を把握できるようになります。

標準学習目安

3〜4ヶ月以上/約200時間相当

1級

この級の特徴

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を学び、会計基準・会社法・財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができます。

標準学習目安

5ヶ月以上/約500時間

試験内容

  試験科目・時間 点数配分/合格点 試験時期
3級 講座一覧へ 商業簿記/2時間 100点/70点以上  6月第2日曜日
11月第3日曜日
 2月第4日曜日
2級 講座一覧へ 商業簿記+工業簿記
2時間
商業簿記60点+
工業簿記40点
[計100点]
2科目合計70点以上
1級 講座一覧へ 商業簿記・会計学
1時間30分
工業簿記・原価計算
1時間30分
各科目25点(計100点)
4科目合計70点以上
(ただし、1科目でも10点に満たない場合は不合格)
 6月第2日曜日
11月第3日曜日

申込期間・合格発表日は試験会場の各商工会議所によって異なります。(申込開始日は試験の約2ヶ月前が目安です)

受験者データ

  第142回
(2016.2.28)
第143回
(2016.6.12)
第144回
(2016.11.20)
第145回
(2017.2.26)
第146回
(2017.6.11)
3級 実受験者数 89,012名 83,915名 94,411名 80,832名 80,025名
合格者数 23,701名 28,705名 42,558名 38,289名 40,771名
合格率 26.6% 34.2% 45.1% 47.4% 50.9%
2級 実受験者数 70,402名 44,364名 56,530名 60,238名 43,589名
合格者数 10,421名 11,424名 7,588名 15,075名 20,706名
合格率 14.8% 25.8% 13.4% 25.0% 47.5%
1級 実受験者数 - 7,792名 8,416名 - 7,103名
合格者数 - 846名 783名 - 626名
合格率 - 10.9% 9.3% - 8.8%

◎「実受験者数」は検定を申し込まれた方のうち、実際に検定を受験された方の人数です。