0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザー資格とは

消費生活アドバイザー資格制度は、消費者と企業や行政の架け橋として、消費者からの提案や意見を企業経営ならびに行政等への提言に効果的に反映させるとともに、消費者の苦情相談等に対して迅速かつ適切なアドバイスが実施できるなど、幅広い分野で社会貢献を果たす人材を養成することを目的としています。

1980年に消費生活アドバイザー制度が創設されて以来、40年が経ちましたが、この間、本制度の普及や産業界の消費者志向体制の進展、消費者問題に対する関心の高まり等が相俟って、試験合格者の累計は17,000人を超え、多くの方々が企業、行政、団体等の幅広い分野で活躍され、高い評価を得ています。

消費生活アドバイザー資格試験に合格しますと、消費生活相談員資格も取得することができます。

消費生活アドバイザー資格は内閣総理大臣及び経済産業大臣の事業認定資格で、消費生活相談員資格は消費者安全法で定める消費生活相談員資格試験に合格したものであることを証明する資格です。

詳しいご案内(一般財団法人 日本産業協会)

1)消費生活アドバイザーの資格取得
資格取得のための試験はだれでも受けられます、取得のためには、1次と2次までの試験に合格することが必要で試験では消費者問題、行政・法律、経済などの分野についての幅広い知識が問われ個別の面接も行われます。
2)消費生活アドバイザーの活躍の場
企業では消費者部門、調査・広報部門、商品開発部門、CSR・コンプライアンス部門などで「消費者志向経営」のマインドを持つ人材として活躍しています。
販売戦略などについても大きな影響力があるのも消費生活アドバイザーとしての役割と魅力です。
行政においては、中央省庁や地方公共団体等で消費者政策に携わっています。
勤務先業種例
●製造業(自動車、電機、食品、化学等)
●金融・保険業(生命保険、損害保険、クレジットカード会社等)
●流通業(百貨店、スーパー等)
●公益事業(ガス、電力会社等)
●通信業
3)消費生活アドバイザーに求められるモノ
制度創設当初より企業の消費者志向経営を担う人材として期待されています。
現在、消費者庁が推進する消費者志向自主宣言・フォローアップ活動でも、従業員の消費者志向意識の醸成のために取得を推進する資格の一つとして消費生活アドバイザーが示されています。
4)消費生活アドバイザーの将来性
今日では、消費者のライフスタイルや価値観が多種多様となっており、消費者の要望、ニーズを積極的に商品開発・サービスに生かすことが企業経営で益々重要となります。
また、消費者志向意識を持つ人材であることから、企業のコンプライアンスおよびガバナンス確保の観点でも消費生活アドバイザーの活躍の場は広がります。

試験制度について

一般財団法人日本産業協会は、消費生活相談員資格試験を兼ねて消費生活アドバイザー資格試験を実施しています。本試験の合格者は、消費生活相談員資格を取得するとともに、登録申請により消費生活アドバイザー資格を取得することができます。

試験制度についての詳しいご案内(一般財団法人日本産業協会)

試験日程

第1次試験 例年10月上旬〜中旬
第2次試験 例年11月下旬〜12月上旬

試験地

第1次試験 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松/徳島(交互実施)・福岡・沖縄(隔年実施)
第2次試験 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松/徳島(交互実施)・福岡

受験手数料(10%税込)

通常受験 13,200円
第1次試験免除 9,900円

いずれの受験も合格後、資格保有者として登録するため、別途、登録管理手数料11,000円(10%税込)がかかります。

受験資格

受験資格条件はありません。

受験申請開始

7月上旬予定

試験内容

第1次試験(択一試験)
1.消費者問題
2.消費者のための行政・法律知識
3.消費者のための経済知識…
(1)経済一般と経済統計の知識(2)企業経営一般知識(3)金融の知識(4)生活経済(5)地球環境問題・エネルギー需給
4. 生活基礎知識…
(1)医療と健康(2)社会保険と福祉(3)余暇生活(4)衣服と生活(5)食生活と健康(6)快適な住生活(7)商品・サービスの品質と安全性(8)広告と表示(9)暮らしと情報
第2次試験(論文試験及び個別面接試験)
上記第1次試験のうち、1〜3の範囲より出題されます。出題は次の2グループにわけ、各グループ4題より1題選択し、2題記述します。
第1グループ(4題)消費者問題、行政知識、法律知識(2題)
第2グループ(4題)経済一般知識、企業経営一般知識、生活経済、地球環境問題・エネルギー需給

動画で学ぶ!試験対策シリーズ

学習ガイダンス動画

消費生活アドバイザー・スピード合格法
※画像をクリックすると動画へリンクします。

法律・行政分野の学習動画

消費生活アドバイザー【消費者問題・法律】分野の講義を無料体験
※画像をクリックすると動画へリンクします。

経済分野の学習動画

消費生活アドバイザー【経済】分野の講義の一部を無料体験!
※画像をクリックすると動画へリンクします。

生活知識の学習動画

消費生活アドバイザー【地球環境・生活知識】分野の講義の一部を無料体験!】
※画像をクリックすると動画へリンクします。

試験対策教材のご案内

試験対策テキスト(一般財団法人日本産業協会)

本テキストは、試験主催団体である、日本産業協会が毎年作成、発行しています。毎年数多くの合格者に利用されている、必須のインプット教材です(本書は、LECでのお取り扱いはございませんのでご注意ください)

消費生活アドバイザー「出題予想問題集」シリーズ(LEC発刊)

「出題予想問題集」シリーズ
  • 試験対策テキストで学んだ事項
  • 過去出題の重要項目
  • 今後出題が予想される重要論点を、問題形式で整理!

インプット(知識力)とアウトプット(解答力)同時に養成!

LECが40年以上にわたり、数々の国家試験対策で培ってきた分析力に基づく、スピード合格に向けた試験対策教材!

\お申込みは、LECオンラインショップにて承ります/

1次試験スピード合格講座
+予想問題集1〜3の
お申込はこちら
消費生活アドバイザー
1次試験スピード合格講座の
お申込はこちら
消費生活アドバイザー
「出題予想問題集」シリーズの
ご購入はこちら

※なお、1つの企業様内で、受講をご検討される方が、複数ご在籍の場合は、当社の「企業提携割引制度」のご案内をさせていただきます。
お気軽に当社の法人事業本部までお問い合わせください。

教材のポイント

ポイント①
過去出題の重要知識はもちろん、出題が予想される重要問題を数多く掲載!試験の難化・傾向の変化にも対応できるよう十分な対策が取れます!
ポイント②
問題・解説を見開きで表示しているため、「解く」→「解説を読んで確認する」という作業の手間と時間が大幅に短縮する
ポイント③
分野別・体系順に並んでいるから、弱点分野の補強や得意分野の更なる強化、テキスト→問題→テキスト…と交互に参照するのに便利!
ポイント④
テキストを読んだ後、力試しに使用できるのはもちろん、知識がない段階から確認するのも有効!出題ポイントを先につかみ、実力完成がスピーディに!
見本

価格・発送スケジュール

◆第1次試験(択一試験)対策 1問1答式予想問題集
〜問題を通じ、重要事項をスピーディにインプット!〜

分野 価格 発送開始 コード
①第1分野
消費者問題・行政知識・法律知識・広告と表示
3,500円+税 2020年3月16日 XU19077
②第2分野
消費者のための経済知識
3,500円+税 2020年4月27日(予定) XU19097
③第3分野
生活基礎知識・地球環境・エネルギー需給
3,500円+税 2020年4月27日(予定) XU19098

◆第2次試験(論文試験)対策問題集
〜論文試験に役立つ重要フレーズと、出題が予想される問題・解答例を掲載〜

分野 価格 発送開始 コード
④全科目一括 3,500円+税 2020年6月29日(予定) XU19099

\お申込みは、LECオンラインショップにて承ります/

1次試験スピード合格講座
+予想問題集1〜3の
お申込はこちら
消費生活アドバイザー
1次試験スピード合格講座の
お申込はこちら
消費生活アドバイザー
「出題予想問題集」シリーズの
ご購入はこちら

※なお、1つの企業様内で、受講をご検討される方が、複数ご在籍の場合は、当社の「企業提携割引制度」のご案内をさせていただきます。
お気軽に当社の法人事業本部までお問い合わせください。

PAGE TOP