年金アドバイザー

年金アドバイザーとは?

社労士試験合格発表後に年金相談業務を行う上では、社労士試験で身につけた「法令知識」を実際の「事例」にあてはめる能力が必要です。実際、金融機関など年金相談の現場では、お客様それぞれについて多様な相談依頼が持ち込まれています。年金実務家の間で「人の数ほど事例がある」と言われる所以もここにあるでしょう。しかし社労士試験合格者の中でも、年金の実践的なアドバイスをできる能力と経験を持った人は少数です。この年金アドバイザー試験は、年金実務に対応する能力を身につけるにはうってつけの試験です。

顧客が公的年金について相談してきた時の一般的な話の進行手順年金アドバイザー3級年金アドバイザー2級

年金アドバイザー資格とは

主として金融機関等の業務における、年金・公的年金に関する顧客相談や内部研修・指導に応じる知識や実践的応用力を認定する資格です。
2級〜4級資格があり、それぞれ試験にて合否を判定されます。

年金アドバイザー【2級】

主として金融機関の年金専担者・FA・渉外および窓口係リーダーが顧客からの公的年金、私的年金および公的保険に関する相談に応じることができるとともに、内部においても年金に関する教育・研修をすることができる実践的・専門的知識についてそのレベルを判定するものです。

年金アドバイザー【3級】

主として金融機関の渉外係・窓口係が、顧客から年金に関する制度の仕組み・支給要件・年金額計算・受給手続などの相談や照会に応じることのできる知識および振込指定口座獲得のために必要とされるセールス技能・応用力についてそのレベルを判定するものです。

資料請求・無料体験レッスンのお申し込みお問い合わせはお気軽にどうぞ

さらに詳しく!資料請求

オンラインから受講お申し込み

資格説明会のご案内
LECへのご質問