LEC東京リーガルマインド・静岡本校

【公務員】2020年度試験 合格体験記  静岡市2年連続1位合格者輩出!

【公務員】2020年度試験 合格体験記  静岡市2年連続1位合格者輩出!

2020年度公務員採用試験に合格された静岡本校コース生の合体験記です。 これから公務員試験合格を目指すあなたに送る合格の秘訣万歳です!

keyimg_koumuin_201007.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

2020年度公務員採用試験に合格された静岡本校コース生の合体験記です。

これから公務員試験合格を目指すあなたに送る合格の秘訣万歳です!

keyimg_koumuin_20200911B.jpg

24.gif

加藤 花那 さん

  • ・最終合格先:静岡市(1位)、藤枝市、静岡県警(1位
  • ・大学:静岡大学 在学中合格
  • ・LEC受講コース:市役所教養コース【静岡本校通学】(*静岡市対策コース)、静岡市ゼミ

【私が合格出来た理由】

筆記対策も面接対策もこつこつとです

私は昨年の4月から,LECの静岡市役所コースに通学しました。夏休みまでは平日は1日2~4時間ほど勉強していました。夏休み前までは,数的処理と社会科学を勉強していました。本腰を入れたのは夏休みが明けてからです。平日は1日9時間ほど勉強し,バイトのある日は行く前に1,2時間程勉強していました。ウェブ講義を繰り返し聞き,クイックマスターを解き,間違えた問題はKマスターを見て復習することを徹底しました。面接対策についてですが,自己分析するために面接のための資料を作成しました。自分の今までの経験を振り返り,いつどこで何をして,今後どのように活かせるかをまとめました。そうすることで,自らの強みが発見でき,それを仕事にどのようにして活かせるかが明確になります。また,LEC生同士で面接や集団討論の練習を繰り返し行ったことが効果的だったと感じます。一緒に頑張る仲間を見つけたことで最後まで頑張れました!

【LECを選んだ理由】

静岡市役所に特化したコースがあったから

静岡市役所に特化したコースがあったからです。大学にも公務員講座がありましたが,教養から専門まですべての科目が含まれるコースしかありませんでした。それと比較し、LECの静岡市コースは教養科目に加えて,専門教科である国際関係・憲法・政治学の3つが含まれたコースとなっており,静岡市の筆記試験の対策が効率的に行えることが魅力でした。また,"静岡市ゼミ"があることも魅力の1つです。同じ目標をもつ人達と一緒に静岡市のことを詳しく学んだり,集団討論の練習をしたりすることができます。この場でできた友達と集団討論や面接の自主練習をしたことが合格につながったと思います。

【勉強方法のポイント】

付箋を活用しながら繰り返し問題を解く!

私の学習方法は以下の通りです。(数的処理や文章理解は除きます。)@クイックマスターを解く。A間違えた、または覚えてないと感じた解答肢の部分をKマスターも使って復習する。B大きめの付箋に理解した内容を要約して簡潔にまとめる。C付箋をクイックマスターのそれぞれのセクションの概要がまとめられているページに貼りつける。クイックマスターを解く際にこれを繰り返すことで、自分の間違えたところや苦手なところが浮き彫りになるので、効率的に勉強できます。また、付箋にまとめることで知識の定着も図れます。数的処理は、講義を聞いた後クイックマスターを繰り返しときました。(三周しました。)文章理解は、今年の2月頃から毎日一問解くようにしました。英語が苦手だったので、解いた後わからなかった英単語の意味はその場で調べる他、解き終わった英文を繰り返し読みました。


24.gif

望月 雛乃 さん

【私が合格出来た理由】

自分のペースを大切にできたから

私は試験に向けて常に「自分を大切に」という気持ちで取り組んでいました。もともとなにか物事がうまくいかないと、不安になったり、周りと比べて焦ってしまったりと知らず知らずのうちに自分を追い込んでしまう癖がありました。しかし、そういう気持ちになった時こそ、自分のペースを大切にしようと心を落ち着かせました。結果として、それが試験に対するストレスを和らげてくれ、最後まで全力で挑めた理由になったのだと思います。周りを見ることも大切だけれども、自分を大切にすることの大切さも試験勉強を通して学べたように思います。

【LECを選んだ理由】

最高の環境で私たちのことを全力で応援してくれるから

「試験対策が充実している」という点に惹かれLECを選びました。講義や面接対策に加え、静岡県対策に特化したゼミや、スタッフの方々はじめ実際に合格された先輩がアドバイザーとなって私たちの相談に乗ってくださるという点も非常に心強かったです。そして何よりも、一緒の目標をもって勉強する仲間を作れたことが一番の力になりました。受講生同士で集まり話す機会が多くあったため、日々一緒に授業を受けていない人たちともつながることができ、お互いに励まし合うことで試験を乗り越えることができました。

【勉強方法のポイント】

楽しく勉強をする

私は試験科目に専門があり、知識がほとんどない状態から勉強をしていかないといけない状態でした。勉強を開始した当初は暗記事項が多く、また一度話を聞いただけでは理解できないことばかりで、問題も全く解けず、これで大丈夫なのか不安な気持ちでいっぱいでした。しかし、焦らずに「一つ一つ丁寧に取り組んでいけば大丈夫だ」とポジティブに考えることが大事だと思いました。そして勉強を重ねていくうちに問題が解けるようになったり、ニュースの内容が分かるようになったりして次第に勉強が楽しくなっていきました。勉強を始めたころは、試験のことばかり頭に浮かべていましたが、公務員試験の勉強をすることは自分自身の生活を豊かにしていくのだなと考えることで、自分へのプレッシャーを無くして楽しく勉強に取り組むことができました。


24.gif

杉本 茉侑美 さん

【私が合格出来た理由】

最後まで諦めずに努力すること

公務員試験は長期戦で、筆記、グループワーク、個人面接と様々な試験があり、根気が必要になります。私は二次の筆記が上手くいかず、落ち込み諦めそうになりました。しかし、最後まで諦めずに二次の個人面接の練習を何度もしたことで合格することができました。一つ一つの試験に向けて、丁寧に対策をし、またLECで出会った友人たちと一緒にグループワークや個人面接の練習に励み、意識を高め合えたことはとても役に立ったと思います。

【LECを選んだ理由】

親切なスタッフと特化したコースがあったから

初めて相談しに行った時に対応してくれたスタッフが親切かつフレンドリーで、ここでなら、困ったことや不安なことがあっても、気兼ねなく相談することができると思ったからです。実際に何度も相談に乗ってもらいました。また、公務員試験は受ける自治体によって、試験内容や特徴も異なるので、独学で対応するのは難しいです。しかし、静岡校なら静岡市に特化したコースがあったので幅広い知識を身につけることができると思いました。

【勉強方法のポイント】

自分の勉強を客観的に見ること

筆記試験に向けて勉強を進めると、自分の勉強の仕方ややるべきことが合っているのかわからなくなる時がありました。そのようなときはLECで相談し、客観的に見つめ直すことで軌道修正を図ることができました。また、毎日の勉強スケジュールを作り、自分がどのくらい捗ったのか可視化することにより、進捗状況を捉えやすくなりました。公務員試験は期間が限られた中、多くの科目をこなしていくことになるので、要領よく勉強していくことが大切です。


24.gif

K.F さん

  • ・最終合格先:岐阜県警察行政
  • ・大学:静岡県立大学 在学中合格
  • ・LEC受講コース:スペシャルコース【静岡本校通学】

【私が合格出来た理由】

少しづつでも勉強し続けた

去年の4月にLECに入校し、8月頃までは勉強もやる気があり続けていました。しかし、中だるみと言いますか、9月~3月頃までは全くやる気が起こらず遊んでばかりいました。しかしそんな中でも勉強は続けていました。やる気もなかったので教養専門1時間づつなど短時間でしたが、今思えば続けていたことで知識も少しずつですが蓄積されていたのだと感じます。また、公務員試験では試験だけではなく面接も大切ですが、私はLECでの面接練習はもちろんですが面接練習のつもりで民間企業も受けていたので、練習ではなく本番の面接を積み重ねることで度胸がついたと感じます。実際に公務員試験本番の面接でも全く緊張することなく自信を持って挑むことができました。

【LECを選んだ理由】

面接対策と自宅学習

私がLECを選んだ理由は、自宅学習が出来る点、面接練習ができる点です。まず自宅学習についてですが、仮に授業を休んだとしても家でWeb講義が受けられるという点に魅力を感じました。バイトも頑張りたいと思っていたし、雨の日には自転車で行けないなどの理由で自宅で受けることは多かったです。また、自宅学習の場合は自分のペースで進められます。一度聞いて分からなかったら戻してもう一度聞けるし、そんなに解説を必要としないと感じた部分は2倍速で聴くことができ、ペース配分が可能な点も魅力的です。二点目に面接練習です。いきなり面接練習をするのではなく自己分析から一緒に進めていってくれたので、誰しも就活は初めてで不安だと思いますが、安心して一緒に進めることができました。自分の頑張ってきたことや長所短所など、1人では分からないことも細かく話し合うことで今までわからなかった自分の姿を発見することができました。

【勉強方法のポイント】

コツコツ続けること

私が1番ポイントだと思うことはコツコツ少しづつでも続けることです。私もそうですが、早くから始めた人は特に途中で中だるみが起きることがあると思います。そんな中では、無理に長時間勉強する必要はなく短時間でも苦手分野だけを勉強したりここまで覚えたら終わると決めて集中することが大切だと感じます。また、公務員試験は勉強量が膨大で勉強していても全く点数が上がらないことがあると思います。私自身もそのような期間が長く、自暴自棄になることもありました。嫌すぎて泣きながら勉強したこともありましたが、暗記ものは特に集中すればした分だけ身になるので少しづつでも続けてきて良かったと思います。


19Z21901_田 貴裕_顔写真(再提出).jpg

田 貴裕 さん

  • ・最終合格先:名古屋市、安城市
  • ・大学:既卒 静岡大学 卒業 
  • ・LEC受講コース:電気電子速習コース【提携校通学】

【私が合格出来た理由】

経験と伝え方

私は市役所の電気職を2つ受け、両方から最終合格を頂きました。私が合格できた理由の一つとして、部活のキャプテンや体育祭のリーダーをした経験があったからではないかと感じました。ほかの人があまりしたことないような経験が採用担当の方の目に止まったのではないかと思います。しかし経験があっても伝え方がダメでは意味がありません。そこで私はLECの講師の方々との面接練習を重ね、どうしたらわかりやすく頑張ったことを伝えることができるかを詰めていきました。このようにして上手く自分だけの経験を伝えることが合格に繋がる一つの方法ではないかと感じました。

【LECを選んだ理由】

先輩の紹介

私は2019年の11月に公務員を目指そうと決めました。そこですぐにでも予備校に入って勉強法や面接ノウハウを学ぼうと思いました。私は浜松市に住んで大学に通っていましたが、公務員のための予備校を調べても浜松市内ではあまり目に止まるものがなく、どうしようかと悩んでいました。そこで同じ研究室で公務員になった先輩に相談したところ、LECを勧められました。面接練習のときは静岡市まで来て行いましたが、講師の方が1,2時間という限られたなかで、内容の濃い練習をしてくれて、ここを選んで良かったと感じました。

【勉強方法のポイント】

とにかく足を動かす、使えるものは使う

私は家で集中して勉強することができませんでした。そこで、毎日のように研究室へ行き、先輩や指導教員の目がある中で勉強をしていました。人の目があるなかで勉強をすることでサボる時間を減らすためです。そのためには、とにかく家を出るために足を動かす、家から出ればもう勉強できると自分に言い聞かせ、毎日研究室に向かうことが出来ました。書類の添削指導においては、LECの講師の方にメールでのやりとりをしていただき、非常に助けられました。また私は浜松市に住んでいたためLEC本校に行けないときは近くのジョブステーションを利用し、面接練習をしていました。とにかく合格のためにできることを考えることが大切だと思いました。


24.gif

U.K さん

  • ・最終合格先:静岡市
  • ・大学:静岡県立大学 在学中合格
  • ・LEC受講コース:市役所教養コース【静岡本校通学】

【私が合格出来た理由】

正確な情報収集と反復練習で合格

私は、LECに通学して受験先の情報をたくさん集め、分析をし、受験対策をしました。やはりまずは受験先についてよく知ること、試験についてよく知ることが大切だと感じています。筆記試験については、どのような科目で構成された試験なのかよく分析をしてコツコツ問題を解き、間違えた問題は何度もLECの問題集を使って反復練習しました。また、面接対策では、LECに通い、何度も模擬面接を受けてアドバイスをもらうことを繰り返したおかげで本番は自信を持って取り組むことができました。

【LECを選んだ理由】

一人一人丁寧な指導をしてくれるから

LECに通学することを決めたのは、一人一人のペースや要望にあうようなサポートをしてくれると感じたからです。特に、面接対策に関しては一人一人丁寧に模擬面接をして指導してもらうことができる点がとても魅力だと思います。筆記試験では、どの参考書を使おうか迷いますが、LECでは一通り、筆記試験に出題される科目が勉強できる参考書が揃うのでとてもよかったです。動画で授業をみれることも、隙間時間の活用ができてとても良いと思います。

【勉強方法のポイント】

粘り強く何度も復習

私は筆記試験の勉強を始めたのがそれほど早くは無かった方だとは思います。そのため、焦りもありましたが、コツコツと毎日目標を決めて粘り強く勉強していました。勉強をしている中で、自分が苦手な問題やなかなか解くことが難しい問題を見つけた時でも、焦らずに何度も復習をしました。何度も繰り返し勉強することで力が身につくと思います。模試などを活用し、自分の力がどの程度なのかその都度確認し、自分のレベルにあった問題を練習するのも良いと思います。


21[1].gif

A.M さん

  • ・最終合格先:静岡市
  • ・大学:既卒 中央大学大学 卒業 
  • ・LEC受講コース:市役所教養コース、静岡市ゼミ

【私が合格出来た理由】

強い気持ちで挑む

私は働きながら公務員試験に向けて勉強をしていました。そのため勉強のための時間が限られていました。しかし公務員に必ず合格するという強い気持ちを持ち続け、毎日とにかく机に向かうようにしました。時には疲れて勉強がまったく手につかない日もありましたが、休むときは割り切って休むと決め、モチベーションを継続的に保つよう努力しました。やはり合格するためには常に「絶対に公務員になってやる!」という強い気持ちを持ち続けることが大切だと感じました。もちろん、挫けそうになることもあります。そのような時はLECのスタッフの方々、LECでできた友人達と話すことで気持ちのリフレッシュができました。公務員試験は個人の闘いと思いがちですが、1人で抱えこみすぎず周りに相談しながら試験に挑むことがきっと1番大切なことだと思います。

【LECを選んだ理由】

合格するための情報

私の通っていた校舎では静岡市ゼミというものがあり、静岡市に合格するための情報を教えてもらうことができました。またその活動の中で公務員を受験する友人ができ、共に公務員のための対策をすることができました。静岡市だけでなく、併願先の情報収集などもできたため自分がどこを受験しようか考えるきっかけにもなると思います。LECに行けば講師の方、スタッフの方、友人達が常にいるような状況だったため孤独感を感じることなく公務員受験に臨むことができました。

【勉強方法のポイント】

とにかく基礎を固める

私はとにかく、繰り返し基礎となる問題を解き続けました。応用問題にはへたに手を付けず、しっかり基本を定着させることで簡単な問題は絶対に間違いないように意識していました。LECのWEB講座では倍速で授業を受けることができました。自分が得意な科目は倍速で見て、すぐに基本の問題を復習する、逆に苦手な科目はじっくりとWEB講座を受け、分かるようにするというように科目ごとに勉強のやり方を切り替えていました。1日に自分がどれだけ勉強ができるかという計画を立てて、それを基に勉強に取り組むことも重要です。スケジュールの立て方についてもスタッフの方と相談しながら決めました。その結果、基本を間違えることがなくなり試験に合格することができました。


24.gif

有村 歌織 さん

【私が合格出来た理由】

予備校の仲間とスタッフの皆さんのサポートのおかげ

予備校に通うメリットは、何と言っても周囲のサポートが得られるところ。設備や教材などの物的なものは勿論ですが、やはり人的なものは独学では得られません。予備校の仲間と「今、どこまで問題集解いてる?」「この問題の解き方教えて~!」など交流することで、「みんなが頑張ってるから私も頑張ろう!」とやる気が湧いてきます。公務員試験は本当に長くて辛い戦いですので、直前期や採用日程の頃に励まし合うことができる存在は貴重です。私も、何度も周囲の仲間に助けられました。 そして、面接担当の先生や事務員の方には、長年受験生をサポートされているので「去年はどんな感じでしたか」「先輩たちはいくつ併願してましたか」など尋ねると様々な情報を提供してくださいます。公式ラインから、試験情報なども伝えてくださるので心強かったです。多くの受験生にとって初めての公務員試験ですので、例年の様子や情報を得られるのは本当に助かりました。

【LECを選んだ理由】

大学の先輩が通っていた

元々、漠然と「予備校に通おう」と考えていました。どの予備校にするか悩んでいるときに、大学で先輩たちの公務員合格体験のお話が聞けるイベントに参加しました。「LECに通っていました」と言う方が多く、気になったので個別説明会に参加しました。 説明を受け、お得な料金で様々なサービスが受けられると知り入会を決めました。私は通学生でしたが、同時にネットで「web受講」も受けられるので、直前期に復習するのに活用しました。また、面接指導をしていただけるのがとても助かりました。ベテラン先生ですので、自分が目指す自治体の特徴を教えていただけますし、他者から自分を評価して貰うことで沢山の気づきが得られます。 どの自治体でも、面接試験は筆記試験よりも配点が高く重要であることが多いです。LECなら、筆記試験だけでなく面接試験もバッチリ対策して、自信を持って試験に臨めると思います!

【勉強方法のポイント】

まずは相手と自分を知る!

私は生まれてからずっと静岡に住んでいるので、「県に貢献したい」と考えたことがきっかけです。そして、県についてもっと知ろうと大学では様々な活動に参加しました。その中で、「行政サービスってどんなことをするんだろう?」と考え、県の公式ホームページや各部署のサイトなどで情報を集めました。そして、「公務員はとにかく市民(県民、国民)のより良い生活のために仕事をするんだ!」と気付きました。 そこから、「そもそもより良い生活とは?」「県で暮らしてもらうためにはどうしたら?」「私が貢献できる分野や仕事は何だろう?」と考えるようになりました。余談ですが、「公務員を目指した理由」はもちろん面接で聞かれますし、今挙げた疑問は二次試験の集団討論のテーマを考える手がかりになったり、自己分析に役立ったりするので、考えてみて損はないです。時間のある早い内から、色々と情報を探したり考えてみたりすると良いですよ!



公務員 国家総合職・外務専門職 公務員 地方上級・国家一般職 公務員 市役所 公務員への転職 心理・福祉系公務員 理系公務員(技術職) 警察官・消防官 高卒程度公務員

MENU