保育士 トップ > 保育士とは?

保育士とは?

保育士は、児童福祉法で「保育士の名称を用いて、専門的知識および技術をもって、児童の保育および児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者」(児童福祉法18条の4) と定められています。

保育士活躍の場所

児童福祉施設

保育所
保育所は、保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育することを目的とする施設です。代表的な保育士の働く場所です。
保育所以外の主な児童福祉施設
◎児童厚生施設(児童館及び児童遊園)
児童厚生施設は、子どもに健全な遊びを与えて、その健康を増進し、又は情操をゆたかにすることを目的とする施設です。
◎児童養護施設
児童養護施設は、保護者が居ない子ども(乳児を除く。ただし、安定した生活環境の確保その他の理由により特に必要のある場合には、乳児を含む。)、虐待されている子どもその他環境上養護を要する子どもを入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設です。
◎乳児院
乳児院は、乳児(保健上、安定した生活環境の確保その他の理由により特に必要のある場合には、幼児を含む。)を入院させて、これを養育し、あわせて退院した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設です。
◎障害児入所施設(福祉型・医療型)
障害児を入所させて、保護、日常生活の指導および独立自活に必要な知識技能の付与を行うことを目的とする施設です。医療型では、治療も行います。
◎児童発達支援センター(福祉型・医療型)
障害児を日々保護者の下から通わせて、日常生活における基本的動作の指導、独立自活に必要な知識技能の付与または集団生活への適応のための訓練を提供することを目的とする施設です。

総合施設(幼保一元)

幼保一元とは、幼稚園(文部科学省所管)と保育所(厚生労働省所管)を同一施設(総合施設)内で運営する方法です。このような施設においては、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方をもつ人材が求められます。

院内保育

院内保育とは、病院内に勤務しているお母さんの子どもを病院内や病院の近くに設けた施設で預かることをいいます。院内保育の業務に従事するためには、保育士資格が必要となります。

ページの先頭へ