日本マイナンバー管理協会とは?

マイナンバー管理アドバイザー【Palaregal】とは

日本マイナンバー管理協会とは?

日本マイナンバー管理協会の概要

平成28年1月よりマイナンバー制度の本格的運用が開始されます。
行政機関のみならず、民間企業においてもマイナンバーに関わることとなります。

民間企業は、健康保険/雇用保険/年金/税分野等でマイナンバーを適正に収集や管理することが求められます。 しかしながら、マイナンバーについては、マイナンバー法(正式名称「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」。)のみならず、社会保障や税に関する各種法令、各省庁が発表している指針・ガイドライン、各自治体の条例など様々な法令が関与し、複雑な状態となっています。

そこで一般社団法人日本マイナンバー管理協会を立ち上げました。
一般社団法人日本マイナンバー管理協会は、マイナンバーに関連する専門家・企業等の情報、データ、ノウハウ等を結集させると共に各組織間のネットワークを構築することにより、マイナンバー管理に関する適正な評価を行い、もってマイナンバー制度の正しい運用ルール普及に寄与する取り組みを行います。

日本マイナンバー管理協会の主な取り組み

① マイナンバー管理アドバイザー」資格試験の実施
「マイナンバーの適正管理の専門家」として、事業者に指示指導するプロフェッショナル人材の育成と習熟度向上のため、 「マイナンバー管理アドバイザー」資格試験制度を実施・運用します。
② 「マイナンバー適正管理事業者」の認定
協会で定める基準をクリアした事業主を「マイナンバー適正管理事業者」として認定し、その旨を示す認証を付与します。
③ マイナンバー最新事例・情報収集 & 発信
国などから発表されるマイナンバー制度に関する最新情報や管理に関する指針、トラブル事例などを収集し、発信いたします。

詳細につきましては、一般社団法人日本マイナンバー管理協会のホームページをご覧ください。