0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

学習経験者向け
パック一覧

単科講座をひとつずつのお申込より、パックでのお申込がお得です。

LECの学習経験者向け講座は、司法書士試験の初学者向け講座をひと通り終えられた方を対象にしたカリキュラムで構成されています。学習経験者向け講座では得点力の養成・真の実践力の養成を最重要視し、司法書士試験受験生の皆さんに良質な講座を提供します。

実践力PowerUp合格強化パック NEW

択一知識の再インプットと補強から、得点力強化。さらに記述講座を追加し、トータル的な実践力を強化

  • ◆全科目をひと通り学習して受験したけれど択一式で基準点に達しなかったという方を対象としたパックです。
  • ◆『実践力PowerUp講座[択一編]』で、これまで学習してきた知識の再確認・補強を行い、択一の得点力向上を図ります。
  • ◆記述式対策についても、『実践力PowerUp講座[択一編]』のスケジュールと並行して、『実践力PowerUp講座[記述編]』で解法手順を学んでいきます。
  • ◆さらに『精撰答練[頻出論点記述編]』で記述の基礎から強化します。
  • ◆答練・模試で万全な実践訓練を行い、2022年司法書士本試験合格を目指します。

実践力PowerUp合格パック NEW

知識の再インプットと補強から、得点力強化までフル装備!

  • ◆全科目をひと通り学習して受験したけれど択一式で基準点に達しなかったという方を対象としたパックです。
  • ◆『実践力PowerUp講座[択一編]』で、これまで学習してきた知識の再確認・補強を行い、択一の得点力向上を図ります。
  • ◆記述式対策についても、『実践力PowerUp講座[択一編]』のスケジュールと並行して、『実践力PowerUp講座[記述編]』で解法手順を学んでいきます。
  • ◆答練・模試で万全な実践訓練を行い、2022年司法書士本試験合格を目指します。

パーフェクトローラー合格パック NEW

図解式学習で、強固な記憶の鎖を作り上げる!

  • ◆基礎知識の習得が一通り済んでいて図表による知識整理をしたい方におすすめのパックです。
  • ◆『パーフェクトローラー講座[択一編]』では、合否を分ける「差がつく知識」を中心に図表による効率的な情報整理を行いますので、知識のムラがなくなり択一式の得点力アップが図れます。
  • ◆記述式問題対策としては、『パーフェクトローラー講座[記述編]』を受講することで、より時間勝負でのエラー防止を意識したトレーニングで記述式の地力を上げていきます。
  • ◆年明けからは、答練・模試で記述式問題を含めて万全な実践訓練を行い、2022年司法書士本試験合格を目指します。

ターゲット攻略合格パック NEW

本試験後すぐからインプットとアウトプットを同時並行、早い段階で本試験基準点レベルへ到達!

  • ◆一通りインプットとアウトプットの学習を終了しているが基準点に届かない方、知識に偏りがあり得点が伸び悩んでいる方におすすめのパックです。
  • ◆択一対策として、『択一ターゲット攻略講座』でインプットとアウトプットの同時並行をすることで学習バランスの見直しを行いつつ、試験に必要な瞬発力と応用力を養います。
  • ◆記述式問題対策としては、『記述力メンテナンス講座』でオーソドックスな良問を使って、記述の力を落とさないようにします。
  • ◆年明けからは、答練・模試で記述式問題を含めて万全な実践訓練を行い、2022年司法書士本試験合格を目指します。

精撰答練フルパック NEW

秋から演習開始!森山講師監修「年内解いて欲しい択一式問題」300問で弱点発見と得点力アップを!

  • ◆秋から『精撰答練[必須論点択一編]』『精撰答練[頻出論点記述編]』という2つの答練で、問題演習を中心に学習します。
  • ◆『精撰答練[必須論点択一編]』では「基準点突破経験者正答率70%以上」の問題に加えて今年度は「特に今解いて欲しい問題」を森山講師が厳選して出題。早い段階での弱点発見と得点力アップが図れます。
  • ◆「特に今解いて欲しい問題」を森山講師が厳選して出題。早い段階での弱点発見と得点力アップが図れます。

精撰答練記述対策パック NEW

年内は記述に特化!本試験までに択一式980問/記述式68問を解く!

  • ◆年内は『精撰答練[頻出論点記述編]』にて週1回のペースで毎回2問の記述式問題演習を行い、年明けからの本格的な答練・模試で実践訓練を行えば、択一式演習は980問、記述式演習量は68問に達しますので、万全な対策で2022年司法書士本試験合格を目指せます。

PAGE TOP